人気ブログランキング |

タグ:映画・寄席・ミュージアム ( 2 ) タグの人気記事

イラッとさせられるのに観てしまう

映画チケットを買いに行ったつもりが
当日夕方のが9割も空いていました。
なので当日に前倒し、
しかも一駅乗って早めの夕食を。


d0158582_17520805.jpg
ニュー新橋ビル1FのTOKYO camp BBQ Curryで
コールスローBBQビーフ¥1,490
スプーンに注目! スコップがかわええ。
写ってないけどフォークは鍬でした。
どこかで売っていたけど思い出せず。
カレーはキーマでした。
オバチャンとオジチャン、オジチャン×2、30代女性一人、
20代おにぃちゃん一人と老若男女が入れ乱れているので入り易い。



観たかった映画は"2重螺旋の恋人"


                    

・まぼろし
・8人の女たち
・スイミングプール
・17歳
・婚約者の友人と6作品めです
フランス映画は結末がハッキリしなくてイラッとしてたら
フランス映画だからではなく、監督がフランソワ・オゾンでした。
ここまでくると片っ端から観てやろうという気持ちになりました。
サスペンスとしてなかなか面白かった。

以前にあんなこと、こんなことを書いてます。

 
フランソワ・オゾンもお寿司を食べる時、醤油の池に沈ませて食べるのかしら?




帰りにソルビン
d0158582_17530897.jpg
抹茶ソルビン¥1,100

友達から台湾のかき氷の店ができて営業時間が21時との
情報を得て行ってたら、台湾でなく韓国の様です。
選択肢が狭すぎです。
それに抹茶って日本でしょ!?
並ばされ、一人なのでメニューポード、サンプルを見に行けなくて、
やっと席に着いたと思ったら、レジにオーダーするのにまた並ぶ。
ベルを渡されてポチ状態でした。もう結構です。






by petapeta_adeliae | 2018-08-27 00:01 | Trackback | Comments(8)

独演会で生着替!?

下北沢は本多劇場が出来た当時に来て、それ以来なので
どこで待ち合わせていいのか分かりませんでした。

友だちが南口のこいぬの木を指定。
ソーニャは枝にこいぬが引っかかってるのを想像。
ここで待ち合わせしてる人は口を揃えて
スヌーピーかと思ったと口に出しいました。
そして、私の友だちも同じことを。
d0158582_22373033.jpg





大昔にお好み焼きのHIROKが美味しいと聞いていました。
何年かたって孤独のグルメに出ていたので、
こりゃ暫くは混んで入れない。。。と何年待った?!

それより看板にお好み焼きとしか書かれず、
間口の狭いお店がありましたが、お好み焼きなんて
沢山あるだろうからと通り過ぎ、反対側にイタトマ。ないじゃん。
駅から遠ざかる。
お好み焼きはあの一軒。
戻って、店頭にあるメニュー表にHIROKIと確認。

d0158582_22382134.jpg
イカ・エビ・ホタテ・しそうどん


d0158582_22392291.jpg
しそ・広島ネギ

梅酒ソーダでムシャムシャ食べていました。上のが特に美味しかった。
こちらは従業員が焼いて運んできます。

目の前に何人も並んで待っている人がいるのに、
食べ終えて30分も席を譲らない人がいることに驚く。
今度はゆっくりとカウンターで食べてみたいものです。




この日のメインは本多劇場で春風亭昇太の独演会「オレスタイル」
春風亭昇太は創作が多いし、笑点に出ているので友だちに
受け入れ易いのではと思った次第です。

d0158582_22455741.jpg
食事で時間がかかって本多劇場に着くと20分遅刻でゲストの桂雀三郎さん。
切りのいいところまで一番後ろで待機です。

春風亭昇太さんの趣味は城と缶詰。
ステージの上に1mぐらいの高さの真っ赤な高座があり
師匠、いきなり振り返って階段から何やら取り出しました。
すると食パンに鯖の水煮、玉ねぎスライスをのせて
粗挽き胡椒を振り、食べ出しました。
食パンはオーブンで焼いた方が美味しいようです。
型破りな人です。
でも何の為?? 美味しい缶詰の食べ方紹介?

その後にしたことは。
着物の生着替。襦袢が派手でした。
普段から着物着用なので手早かった。
脱いだ着物は丸めて舞台袖に投げてました。

演目は替わり目、二番煎じ、死神でした。
ソーニャの好きな古典でした。
誰が聞いても面白い噺です。

死神は人によって下げ( サゲ)が違います。
ここで噺家のセンスの見せ所。

                      

                  春風亭昇太 二番煎じ




                      

                  古今亭志ん朝 二番煎じ


幼稚園児の頃の土日にはTVで寄席番組がいくつもあり、
父とふたりで見入っていました。
そのなかで滑舌よく噺の中の役の違いがハッキリと
わかる故古今亭志ん朝がお気に入りでした。

父親の古今亭志ん生は神様のように云われますが、
高齢で入れ歯をしていたと思うけど、
おこちゃまには何を云っているのか皆目検討がつかず、
噺に追いつけなくて苦手でした。

d0158582_22464319.jpg
友だちからのお土産。
前回、薬袋がススケていたので手前の柴犬のを見つけて
くれました。ちょうど私もでんぐり返しをしているパンダの
薬袋を買っていました。偶然にも同じお店です。
猫の最中は羽二重団子にあったそうです。
ちょっと見づらいのでどアップです。
d0158582_22465451.jpg
いつも心づかいありがとうー!


by petapeta_adeliae | 2017-10-25 10:26 | Trackback | Comments(8)