タグ:居酒屋 ( 77 ) タグの人気記事

直帰で5時呑みの幸せ

何年振りだろう直帰。
4時までに企業さんへ行くことに。
昼から雨が降り出し、クチャい目黒川ぞいを歩くこと5分。
できるだけ息を止めてました。
サッサと用を済ませると4時前です。
そしてチエちゃんのお店にGo!

開店とともに入り、席に着こうとすると、70代後半のおばさまが一人。
入るなりチエちゃんに話しているので、チエちゃんのホームポジョンの
横の席を譲りました。
d0158582_21164073.jpg
おつかれさんのクエン酸サワーというネーミング

d0158582_21185396.jpg
上ハラミ焼き

d0158582_21191555.jpg
レバーたれ

d0158582_21192490.jpg
あん肝

d0158582_21193444.jpg
鯛・鮃・鱸・鰈?

生ビール小、クエン酸サワー、350mlの日本酒と↑の
料理で〆て¥5,200って良心的です。

隣のおばさま、フランクフルトにお嬢さん夫婦がいて、
何年か前に、優雅な空の旅になるよう娘夫婦がビ
ジネスクラスをプレゼントしてくれたそうです。
成田から立つまではラウンジで待ち、そこまでは良かった。
機内でシートをベッドにしたいけど操作がわからない。
そんな時に通りかかった日本人ビジネスマンに
教えてもらいった。おばさまに日本発だと日本人CAがいる
ものではないの?と聞くと、ちっとも来なかったそうです。

乗り換えでは高齢なので車椅子に乗せられたのはいいけど、
日本語が通じない、ビジネスクラスなのにラウンジではなく
、エコノミーの方達と同じところだったとか。
車椅子に乗って"ビジネスクラス"と連呼してたと。
おかげで食べるものも食べられず、お手洗いすら
行けなかったとか。目的地について娘夫婦にその話を
すると後日、航空会社からおばさまと娘夫婦に謝罪の
メールが届いたそうです。
車椅子まで用意させている年配のお客様、
それもビジネスクラスを使っているのに
そんな不手際をすることにびっくり。
それもこの航空会社は長いないだ人気の航空会社ランキングの
ベスト3常連だった記憶です。

この後はエミレーツを使い、とっても良かったので
エミレーツ専門になったそう。

このおばさまは「お酒を呑むようになったのはこの10年ほど、
小瓶350mlの日本酒を飲んだというだけで
大酒飲みのように言われるのが不愉快なのよね」
同感でございます。

Dさんはお店の予約時に「ずこく呑む子と行くから」と誰彼構わず
言っていることを知りました。
食事中にそう聞かされた人が5人もいたんです。
一番気持ち良い量はこなから(2合半)です。
沢山飲んだとしてもDさんの前、Dさんの知り合いの
前で3号以上呑んだことも、酔ったところを見せた
ことがないになんでそんなことを言うのか?




ソーニャんちの卓袱台

d0158582_21200662.jpg
d0158582_21202223.jpg
美形な肩ロース塊を発見。
むか〜し、石油ストープの上で、父が叉焼の入った鍋をかけていました。

みんなに牛より豚を食べなさいと言われていたので丁度いい出会い。
父は醤油と同量のみりんにニンニクと生姜を入れていたのは覚えています。
ストープの時は火が遠かったけど、台所だから30分煮ましたが、
切ってみるとちょっぴり赤いのが。
再度+30分煮直ししましたが、なんか美味しそうにはほど遠い。





[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-09-18 01:12 | Trackback | Comments(10)

好みは人それぞれだけど

山手線・京浜東北線のドアの上に2つの液晶画面があり、右はJR東日本の
運行状況などで、左は天気予報、広告で、毎朝サッポロビールの広告に
出会います。サッポロビールの広告の"繁盛店の逸品"で一週間の放映です。
それで気になったお店は神田のもつ焼つみき瓦のはらみ1本焼き。

お店にはe君同伴です。
前日になってもつ焼つみき瓦のHPを覗いてみると
ソーニャが食べられるのはハラミとレバーのみ。
そのことをe君に伝えると「ハラミのたれと塩、レバーのたれと塩を
注文することができます」だって。

そして当日、18時に神田東口で集合。
早く着いてしまったので界隈を散策。
神田は寿司屋、焼き鳥、スペイン、イタリアと
あるので外しても食べ直しOK。

e君の注文オヤジ〜!
d0158582_09225313.jpg
d0158582_09230422.jpg
d0158582_09242771.jpg
これが気になったはらみ一本焼き

d0158582_09232227.jpg

d0158582_09253264.jpg
焼き加減がソーニャにとってはレアーに近い。
ステーキなら良いんだけど、モツだからね。

隣の席と近すぎだし、何しろ五月蝿くて
会話ができない。
珍しく、e君があまりの五月蝿さにゲンナリ。
イワシ専門店に移ろうと出ると、
なんとまぁー。
新八がお店が目の前にあるではないですか!

d0158582_09223183.jpg
これお通し

d0158582_09261946.jpg
各2杯づつ呑んで終了です。
牛の串焼きが食べたかったけど。
もうポンポンいっぱいで食べられましぇん。
e君「姐さんが通うのわかる!次回はここだけに来よう」と
いうことになりました。


話は変わり、
8月末にNHKの23時55分に4回だけの放送「みんなの筋肉体操」が
あり後輩の受験生の娘から教えられたものの4回だけ
だったので見損いました。
一週間後に一挙放送がありましたが、それも見損なう。

しかし、娘よ息抜きに見てたのか?





お立ち台は、タレントの武田真治
庭師・村雨辰剛さん、弁護士・小林航太さんの3人で、
シュールな仕上がり。村雨さんはスウェーデン人だけど
帰化してるのかな?




[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-09-08 17:04 | Trackback | Comments(10)

鰻の白焼きで

急に何かが食べたくなることってありますよね。

そこで、チエちゃんに鰻の白焼きできる?」
二つ返事で「できるよ」ということで
「夕方に約束があるからそのあとにお邪魔します」



d0158582_22185678.jpg
お通しはう巻き、鯖、いか


d0158582_22191854.jpg
岩牡蠣


d0158582_22193444.jpg
鰻の白焼き


d0158582_22201596.jpg
貝差し


d0158582_22205147.jpg
モツ煮


d0158582_22210405.jpg
〆は白身の握り

チエちゃんが伝票を付けているカウンターの一番奥に座り、
ちょこちょことお話して呑むのがなんかいい感じ。
気持ちよく5合呑んでしまった。



チエちゃんのお店に行く前ですが、
母が小さな大学ノートに携帯やらの電話番号を書いて持っていました。
その一番目のページに知らない名前て住所と携帯番号がか書かれていて
誰なのかと気になっていました。
あまりに気なるので勇気を出して電話してみると
ディサービスで一緒で、三人の娘さんから送られてくるお菓子を
詰め合わせて会うたびにくれた95歳のおばあさんでした。
娘さんの手作りのブラウスが少し大きく、母に丁度いいのでは
と何度かいただき、なんでも持っているこのおばあさんに
実家のお米を送るのに住所を聞き書き込んでいたと
わかりました。
ディサービスに来なくなったので、スタッフに聞いても
亡くなったとは教えてもらえなかったそうです。
私から亡くなったと聞かされ号泣されました。
7年もの間仲良くして持ってて、母が居なくなって
ひとりぼっちになってしまったと。
そんなこんなでチエちゃんのところに行く前はこのおばあさんの
お宅にご挨拶に伺っていました。
とても可愛いおばあさんで、涼しくなったらまた伺う約束を
しました。



[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-08-02 05:20 | Trackback | Comments(6)

ソーニャの黒歴史?

母が亡くなって、医療機器等の返却等に歩きまわっていた時のことです。
受付の女性に「◯◯の娘ですが」
すると受付の女性がジッとソーニャの顔を覗き
「◯◯ちゃん?」
しばらくわからないでいると
旧姓を教えられました。

あっ小学校1年ともう一度同じクラスだった子。
すると彼女から
「おばちゃんの娘だって分かってたらもっと話も盛り上がったのに残念」
「おばちゃんに似てないのね」

奥から薬剤師のおじさんが来て
「彼女は◯◯さんがお気に入りだったんですよ」
彼女が言うのは
「あのおばちゃんはいつもほがらかで、
一度も愚痴を聞いたことがない」

そう言われてみれば、母から愚痴、
批判することを聞いたことがないかも。

彼女が今でも交流があるチエちゃんが父上が亡くなって
お寿司・鰻・天ぷらのお店を継いだと聞き
帰宅してからネットで検索してみると
今は焼き物を取り入れていてとっても美味しそう。

チエちゃんとは中2で隣の席でした。
裕福なおうちで当時珍しく予備校に通い。
休み時間はいつも宿題をしていて話したくても話せない。
気の毒なので、休み時間に代筆してました。
それが縁で親しくしてもらってました。


早く退社の出来る日にばすを乗り継いでチエちゃんの
お店に行ってみることに。

18時にお店に到着。
カウンターに4人、小上がりに2組がすでにおり、
カウンターの奥にチエちゃんのクラスメートのイシワタ君が
奥さんを連れて座っていました。

チエちゃんは小中と一緒。イシワタ君は小学校がちがうので
ほぼ初対面に近い。
イシワタ君から中3は誰が一緒だったかという話になり、
イシワタ君の口から"イシハラ"と飛び出した瞬間
まるで百人一首の上の句を読まれてように◯◯と名が
でて来ました。

「知ってる?」
「知ってるってもんじゃない」
ソーニャの黒歴史です。


d0158582_21204327.jpg
d0158582_21205679.jpg
d0158582_21211912.jpg
小4の時は木の二人がけの机でした。
イシハラ君は真ん中に線を引き、
「線からはみ出したら俺のものだ」
毎日のように鉛筆、消しゴム、シャープペンシルを
とられ、帰宅しては母にお金をもらっては補充。
毎日つづき、流石に母も気がつき、理由を問われ
隣の席のヤツに・・・。

話を聞いてイシワタ君がスマホをかけだした。
電話の相手に
「お前が小学校の時にいじめた女子が隣にいるぞ」

40分後にイシハラ君が来た。
小学校の頃はサザエさんちのカツオにそっくり。
今のイシハラ君は髪の毛が真っ白で
スマホで写真を撮り、職場で見せると
ソーニャさんの母上の同級生? と聞かれるぐらい
老けていました。
いじめられた方は覚えていますが、いじめた方は
覚えていないんですね。
連絡先を交換してお店を後にしました。
帰宅し小学校と中学校の卒業アルバムを
見ると最初の彼女は小1と小6でも同じクラスでした。
卒業アルバムは母の部屋の段ボールから出て来てて
初めて開封しました。


最初の彼女とはラインを交わしていたので
チエちゃんが喜んでいたよと来ました。






後日、行き先の近くにあったお蕎麦屋に
"ごぼう蕎麦"の文字が見え、
以前、江戸博で"ごぼうビール"に出会った。
ひょっとして、ごぼうの粉末が蕎麦に?

d0158582_21295525.jpg
なーんだ。
こぼう天でした。
おいしかったけどね。




はじめて顔色が悪い、疲れてると毎日のように言われ
メナードからひと月朝と夜に塗り塗りするエイジングケアを購入。
2万円もしました。

d0158582_21300593.jpg
HPには
日常とは一線を画す特別感のあるエイジングケア※1

○フリーズドライ化された固形パウダーとエッセンスを混合するローション状の美容液です。
○環境ダメージ※2が気になる時季に、ハリとうるおいを肌に与えます。
○肌を包みこむようにじっくりとなじみ、もっちりとした感触の肌へ導きます。
○はれやかな明るい気分を演出する、フローラルブーケ・グリーンな香りです。

とりあえず2週間✖️2回頑張るぞ!

[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-06-29 00:48 | Trackback | Comments(6)

何を習いに行ったるのやら?

11時前だというのに鎌倉駅周辺はすごい人。
土日でなくても人出が多いらしい。
それって団塊の世代が定年になったからと云われてます。




用事の前に腹ごなしはなると屋典座で昼食。
d0158582_16553285.jpg
4月のごはん ¥1,600

・先付け : 胡麻豆腐 
・ご飯 : 筍ご飯
・汁 : 春きゃべつ
・鉢 : 新じゃが、新若布
・小鉢 : パブリカ

11時半まで並んで待つ。
開店と同時に満員です。

ひとりなので、ササッと20分で終了。





そして今回のご用は習い事。

実習はまたも男性スタッフ。その隣では
先生が全く関係のないお話。

1.日本はロシアとどう付き合っていくべきか!
 ロシアはウクライナしかない。シベリアなんて何にもない。

 ソーニャの心の声:石油・天然ガス・石炭と資源は日本より豊富。

2.NHK美の壷での南部鉄瓶について、「残念だった」と。

ソーニャの心の声: 一体何がだ?! どんな風に?
前回もだったけど習いと全く関係ないことを語り、
そのことで質問されると答えてくれない。

前回は北海道に喧嘩を売ってた。

今回、海外からお客様が来ると、
前から2列目の席を二人分キープされていました。
そして、先生は私のお隣の席に座っていた30代の生徒さんに
向かって、「ふたりのスリッパをもらって来て」
その女性はスタッフではありません。
授業料を支払っている生徒。
お教室は床にジュータンが貼られていますが、
結構冷えます。
ここは先生の自宅の洋間です。スリッパを持参して
使ったら失礼?と思っていたけど、次回は心おきなく
つかえます。






気分転換にソーニャは途中下車してお魚自慢の居酒屋へ。
3度目でしたが、メニューが1/3ぐらい減った気がしました。
そもそも鮮魚が少ない。
以前より魚の質が下がってる。
これって、看板に偽りありだワ。

d0158582_16560801.jpg
〆さば、あおりいかの刺身


d0158582_16562272.jpg
蛸の唐揚げ


d0158582_16565313.jpg
柚子サワー、梅酒ソーダ飲んで、栃木の地酒を頂きました。
このピンク色は着色料は使っていません。酵母が赤いそうです。

d0158582_16593589.jpg
イワシの梅紫蘇フライ


d0158582_16571549.jpg
シーフードカレーハーフ


帰宅し、入浴して12時間爆睡しました。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-04-19 23:25 | Trackback | Comments(10)

反逆の胃袋

今年はじめてのDさんとのお食事。


d0158582_14131504.jpg
お通しは煮凝りとほうれん草の胡麻和え


d0158582_14133450.jpg
のどぐろ
 

d0158582_14152981.jpg
揚げ白魚


d0158582_14155849.jpg
揚げ銀杏


d0158582_14161445.jpg
枝豆、そら豆、トコブシ刺身

枝豆とそら豆まではDさんの注文です。
Dさんにいつもの「食べたいものは、私の注文のあとにね」
間髪入れずにトコブシを注文して、出てくると
トコブシに対して冷たく「これはソーニャちゃんの注文なんだから」
お皿を押してきた。

あっこの手だ!
お返ししてやろう!

d0158582_14163476.jpg
ひとくちダイスカットステーキ


d0158582_14164821.jpg
海鮮サラダ


d0158582_14171218.jpg
鉄火巻き


d0158582_15363315.jpg
帆立巻き

今回Dさんの注文で手をつけたのはノドグロとそら豆。
Dさん「最後に何もいわずに鉄火巻きを出してくるお店が3軒ある」と
云いだすので、先を越して「貝の巻物くださ〜い」と
いうことで、前世ラッコのソーニャには貝があるので鉄火巻きは
Dさんに追いやってやった。
両手を腰にあてて勝ったとばかりに心の中では高笑い!





お店を替えて、いちげんさんしてみる



d0158582_15365777.jpg
d0158582_15371297.jpg
d0158582_15372695.jpg
気をよくしたソーニャは近くに呑み屋通りを見つけて暖簾を
くぐってみた。
30代のママさんがひとり、一組の男女が居て、
自然と5人での会話になり、話題がDさんになって
本人ご機嫌です。
この辺でソーニャはおいとまです。



別の日

スカスカの電車の中で小冊子を見ながら居眠りをしていると
「すみません」の声で起こされた。
目を開けると、目の前で2才ぐらいの子供が膝まづいて
ソーニャのFitFlopのファーをなでなでしてました。(笑)
d0158582_19051956.jpg




昨夜、TVの予約をしていると朝8時にBSNHKのワールドニュースで、
F2がトップに書かれていたので、誰かでるかと楽しみにし
蒸しパンとコーヒーカップを持って待機。
キャスターはローランで15分。
F2、土曜日は6時、8時、11時と3回。
土曜日に一日家にいることがほぼないので、録画予約しなくちゃ。

しかし、検索するとローランファンも多い。

明日は午後から大雪らしいのでスノーシューズを。
明日は用意は完了です。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-01-21 20:19 | Trackback | Comments(12)

香川・愛媛かおりひめ


三原堂の練り切り
d0158582_22044582.jpg
菖蒲・吹き流し
こいのぼり・かぶと





前から気になっていたせとうち旬彩館・かおりひめ
わんこにオリーブ牛と蛸の唐揚げを食べたいとブツクサ。

5時半に着いたのにすでにテーブルの上には
予約席のプレートでいっぱい。
でも運よく2人だけ空いていました。

30分後に順番ボードを見ると5組がお待ちです。
今どき、こんなに入れ待ちされるお店珍しいです。
まして、この日は火曜日なんですもん。


d0158582_22051808.jpg
夏心おいでまい(純米)


d0158582_22053523.jpg
オリープ牛 赤身ステーキ



d0158582_22063068.jpg
蛸の唐揚げ



d0158582_22070103.jpg
焼き玉ねぎ



d0158582_22102854.jpg
炙りいりこ酒

温められたワンカップにいりこが別皿で運ばれて、
自分でいりこをちぎって入れます。



d0158582_22105196.jpg
釜玉うどん

ソーニャは生卵を受け付けません。
なのですき焼きは生卵なし。
それを知ってるのにわんこときたら生卵を混ぜ込んだうどんを
ソーニャに差し出すんです。
この命知らずめが。。。

d0158582_22111713.jpg
鯛めしおにぎり


飲酒なしの若い男性、おひとりさまの若い女性が2人と入り易いお店です。
アンテナショップは宣伝を兼ねているから少し安い設定ということも
あり、懐かしんで来るお客さんもいるから店内がそこそこの賑やかさです。




ソーニャんちの卓袱台

d0158582_22343055.jpg
うどとおまめの煮物


d0158582_22350122.jpg
うどの皮のきんぴら


d0158582_22352701.jpg
ふきの青海苔まぶし

独活のきんぴら食べたさに独活を煮ます。
鬼平犯科帳に煮た蕗を青海苔でまぶす料理が出てきます。
簡単だから試してみました。
開封したての青海苔を使い良い香りが日本酒をすすませてくれます。



手作り豆腐は美味しい。
大きなお鍋に水を入れちょっと浮く様にもうひとつ
お鍋を入れて作ります。
でもね、豆腐と同じ量のおからができます。
これが問題なんです。
捨てるに捨てられずで暫く作っていません。

手作り豆腐のキット?を見つけました。
五徳の中に固形燃料。


d0158582_00113268.jpg
d0158582_00114565.jpg
お豆腐出来上がり〜

かなりの横着豆腐ではあるけど、市販よりはずっと美味しいです。



[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-05 00:19 | Trackback | Comments(10)

振る舞い酒

朝からお腹の調子がすぐれず、モヤモヤしていたところに
悪魔のささやきが「有給休暇が7日半あるんだよ」

すぐさま後輩に「有給がひと月2回以上使えるから今日は休む。
でも夜はちゃんといくし、KさんにはLINEしておくから」とやり取り。
職場には腹痛ということにしていました。

後日、後輩に「Kさんが来て、ソーニャちゃんお休みだけど、夜は参加
するんだって」を皆の前で、それも通る声で云ってくれたそうです。
後輩はビックリして黙らせたとか。

因にKさんは違う職場の人で、
彼女は常にまわりを凍らせる発言技の持ち主。


話を戻してと。
中国人の友だちのお店でランチしようと電車の中から
「今からフカヒレの姿煮麺を食べにいく」とMailしたところ、
まだ正月休みだよと返事が来た。
このままいつものターミナル駅で下車したら、夕方まで時間潰しを
しなくてはならない。手前の私鉄の乗換で下車し、
エスニックのお店を見つけ、期待ゼロで入店してみました。


d0158582_22550437.jpg
海老トースト、生春巻き、海老マリネ
d0158582_22551185.jpg
パッタイ
d0158582_22551639.jpg
タピオカコーヒーゼリー

前菜はオプションで+¥500、メインのパッタイとデザート&コーヒーで¥880
ここ大当たりでした。



一旦帰宅し暫く休んで日本橋経由門前仲町へ。
魚三はこの日振る舞い酒の日です。
最初に新年の升酒をいただき、この日の支払いはお料理だけでアルコールは
お店持ちと太っ腹。
4時開店で1F〜4Fまですでに満席。
5時に列に並んで待ち合わせ。
書道の先生は初めてのところなので早めに出てきてて、4時半から並んでいました。
50分後に私たちの番でしたが、あとひとりのKさんが仕事で予定より45分遅れ。
全員揃わないと入店できないので、後ろの2組のオジさんに譲ったものの。
Kさんに順番が来たら入っちゃうよと云ってあるので先にふたりで入店。
丁度みんなに背をむける席で4人座れる席だったので、チャッカリとKさんの席を
キープしちゃいました。女性ふたりのところに割り込むオジさんはさすがにおりません。
30分後にKさん到着。


d0158582_22563840.jpg
あん肝、鳥貝


d0158582_22564358.jpg
さつま揚げとこの揚げ、鯨フライ
d0158582_22564666.jpg
海老焼、鰻焼き


d0158582_22565189.jpg
揚げ茄子



d0158582_22565800.jpg
げそ揚げ



d0158582_22570028.jpg
イカ刺し
去年の振る舞い酒ではメニューの刺身、酢の物・・・と種類別に書かれて
いる通りに注文していたら冷たいものばかりになってしまった苦い経験を
踏まえて、椀ものを注文しようと心に決めていたのにも関わらず
フロアで料理が違っていたんです。ひぇ〜
去年は4Fでこちらはコース。1Fは純粋な居酒屋でした。

写真はありませんがKさんがニラ玉を注文したら
なんと茹でたニラの上に生卵の黄身が鎮座しておりました。
ニラ玉ってニラを煮て卵で閉じたものだと想像していたので
驚きの一品。

書道の先生とは12年来の知り合いですが、食事は初めてで、
生ものは30才になるまでたべることがなかったそう。
私の注文の鯨フライ、あん肝、烏貝は初体験だとか。



支払いの段で疑問が湧く。
それはKさんと書道の先生のお二人は新年のご挨拶の升酒だけで、
アルコールを注文していなかったんです。
たかだか一杯だけならばわざわざ並ばずに普通の営業日でいいんじゃない?
二人に向かってそう云うと、書道の先生はお酒の量は飲めないけど、
このようなイベントが面白そうだったからとのお答え。


鮑刺し×3、海老焼き×2 以外は全てひとつずつ。
さぁひとりいくらでしょうか?
答えは最後に。





1時間ちょっとの滞在で門前仲町交差点のカフェ東亜サプライへ
純喫茶? 40年前にタイムスリップ
ケーキ&コーヒーで¥700です。値段も40年前の相場かも。
d0158582_22570556.jpg
モカトルテ






答え: ひとり¥2100でした。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-01-12 02:04 | Trackback | Comments(15)

頼もしい胃袋魔人


異邦人の食卓のタヌ子さん、大好きな母上のお世話で帰国。
フランスに帰るちょっと前にタヌ子さんの実家近くで、ちこっと再会。
ホントはソーニャの行きつけに拉致したいんだけど、
万が一の為にタヌ子さん実家より30分圏内。
帰国の度にご両親、おねぇさん一家と贅沢なお食事が続いているのか
ソーニャとは至って庶民的?


d0158582_22295091.jpg
ポテサラ、牛すじの煮込み


d0158582_22300546.jpg
牡蠣フライ


d0158582_22301978.jpg
見たまんまの銀杏


d0158582_22302549.jpg
穴子の一本炙り?





d0158582_22303172.jpg
鮪とアボカトのわさび和え


d0158582_22303797.jpg
大仏コロッケ

d0158582_22304570.jpg

タヌ子さん、ソーニャの顔を見るなり"牡蠣フライ"
その次の言葉は「日本酒一週間に1回守ってる?」とチェックされる。
ええしてますとも。梅酒をグラスに3センチを炭酸でちょと割るのを
週に2度3度だからまとめても2号には及ばす。
そうそう、こちらのお店はタヌ子さんの実家と同じ魚屋さんを使っているそう。
二人の定番は、コロッケ、銀杏、〆はエイヒレ。
穴子の注文率も確立も高し。
会うようになってすぐだったと記憶してますが、タヌ子さんエイヒレ好きが
高じてエイヒレを手作りする策を立ててたと記憶するが???


タヌ子さんとソーニャは年が近いから、親もほぼ同じ。
タヌ子さんは遠くで生活しているから、帰国すれば、ひと月みっちりと
母上のお世話。
タヌ子さんはキレイ好きだから実家とはいえ、落ち着かないんじゃないかな。
パリのアパートに2日お世話になりましたが、
ホテル?モデルルーム?のようでビックリしましたワ。
d0158582_00070998.jpg

このまん中のクッキーがお気に入りです。そして新商品のクレープは
リキュールの利いていて、子供の頃に好きだったアンヂェラスの
サバリンを思い出しました。
1本食べたあとちょっと酔っぱらった感じ。
タヌ子さん、甘いモノの好みが面倒なソーニャの好みを心得ていらっしゃる。

ごちそうさまでした。ぺこり

[PR]
by petapeta_adeliae | 2016-11-17 00:39 | Trackback | Comments(10)

鰯・いわし・イワシ

秘書さんから元同僚と云ってもひとまわり年上の先輩に
なる幼稚園並みの食欲さん(男性)が彼女に私を誘うよう
に云われたと、いわし専門店で3人で会うことになりました。

幼稚園並みの食欲さんは約束時間を30分過ぎても現れず、
携帯に電話すると場所が分からないと云う。
秘書さんをお店の人質にし、捜索に出ました。

ソーニャ「初めてじゃないのに」
幼稚園並みの食欲さん「行ったことないよ」
「絶対に初めてだ。行ったことがあるはずがない。1万円掛けよう!」と
自分から云ったんです。
お店の前に着いてひとこと。
「あっきたことある。さっきの取り消し」と宣う。
d0158582_23321768.jpg
                       お通は煮凝り


d0158582_23324687.jpg
あん肝


d0158582_23340439.jpg



d0158582_23344273.jpg
海鮮サラダ



d0158582_23355697.jpg
さんが焼き



d0158582_23363750.jpg
いわしの塩焼き

遅れて来た上に私のオーダーを悉く拒否。
最後のいわしの塩焼きはひとり1尾です。
こんなの家で食べればいいのに。むっ

私、ぐだぐだと長っ尻は嫌いです。
2時間経ち「帰るから一旦精算したい」と申し出ると、
秘書さん「私が立て替えて、明日ソーニャさんの席まで請求しに行きます」

明くる朝。
昨夜、帰る時はひとり2杯ずつ飲んでいたのに、
請求額が予想より¥3000多いんです。
聞くと、私が帰ったあと各4杯ずつ飲んだというのです。
その分まで私に請求していたんです。
彼女が去っていくと、その会話を聞いていた人ふたりから
「自分らが勝手に飲んだ分まで請求するなんて」とあきれ顔。
ソーニャはそれ以上に食べたい料理も食べさせてもらえないことに
不満でした。

後日、ソーニャの頭の中では鰯が集団で泳いでいました。
帰りに魚屋で行くと鰯が居ない。
オジさんに聞くと「今日はひと盛りしか入ってこ無かった」
でも8尾。
いつもだと半分にも応じてくれるのですが、このひと盛りだけなので
ひと盛りで買って欲しいと今回は譲ってくれないので
ひと盛り買うことにしました。


d0158582_23373152.jpg
3枚おろしにして揚げ、トマトソースもちゃんと作ってかけてみました

d0158582_23375432.jpg

こちらも揚げて、生姜、ニンニク、長ねぎ、ごま油、砂糖、醬油、酢に漬け、フライパンで
軽くトマトと炒めました。全品作ってから写真を撮ったのでトマトがダレてしまいましたワ。

d0158582_23401269.jpg
生姜煮
内蔵を取ったはいいが、骨アバラはどう処理すればいいの分からず、
食べづらいったらない。


d0158582_23404013.jpg
                        梅干し煮
一食で4種類の鰯料理を作るのって忙しかった。
猫がいたら喜んでくれただろうな。




[PR]
by petapeta_adeliae | 2016-10-24 00:27 | Trackback | Comments(14)