人気ブログランキング |

タグ:フランス料理 ( 45 ) タグの人気記事

今月だけ食べるだけ料理教室

初期化されたPC今日復旧しました。
あとはスクロールバーが出ない他がありますが、
追々直していくことになります。
しかし、設定のやり直しって面倒。



気持ちを新たに。

8月は暑いので実習なしの食べるだけが許される月です。
夏らしくひまわりがお迎えです。

d0158582_13304803.jpg


d0158582_13310145.jpg
だいぶ飲んでしまいましたが、ウェルカムドリンクのベースの青汁。
d0158582_13313218.jpg
キャビアとじゃがいものパンケーキ
帆立のビーツサラダ
タコはおまけ

パンケーキに鎮座しているキャビアはエルプジが使っているのと同じもの。
帆立にはビーツのドレッシングです。


d0158582_13320870.jpg
フォアグラといちじくのポアレ

先生が焼いたフォアグラは生徒さんからのリクエスト。


d0158582_13322181.jpg
ガスパチョ 魚介のタルタルと共に


どれも美味しかったけど、1品だけお代わりさせてくれるとしたらこれ!
間に入ったドライアイスが清涼感が憎い演出です。


d0158582_13323061.jpg
スパイシー豚のソテー スモークの香りをまとわせ

このお豚さまはハープでマリネされていました。


d0158582_13324666.jpg
ペシュロゼ

桃のムース、桃のマリネ、桃のソース。
清涼感たっぷり。
これで暑い中を帰らなくてはなららいので死んだふりしたら
泊めてくれるか? なんて頭をよぎる。



話は変わって。
3年以上前の録画が溜まったので見ています。
その中に放送50周年記年「奥様は魔女」16話の中に
声の高い、サマンサが魔法を使っているところを目撃し、
旦那さんに話しても信じてもらえず、ただの変わり者と
思われているお隣のグリフィス。
ソーニャんちの3つ隣の奥さんを見る度にどこかでを・・・。
グリフィスに似ていたんだ。

サマンサって2歳サバ読んでいたの思い出した。

サマンサの叔母クララがダーリンの両親の訪問で
料理の苦手なサマンサの代わりにダーリンの母の
得意料理の若鶏のワイン煮を魔法で作ってしまう。
でもお鍋を開けると生きた若鶏が入っている。
このお鍋はグレーのル・クルーゼでした。
奥さまは魔女って'64年〜その頃からあったんですね。


by petapeta_adeliae | 2019-08-25 15:55 | Trackback | Comments(12)

毎年早くなるセール

この4年ぐらいセールが早まっている。
伊勢丹・三越、大丸・松阪屋、小田急、京王、西武、東武は
28日からセール。
去年はバタバタして、気づけば一週間が経っていました。
後輩と早めにチェックし、あらかじめ買い物リストを
作る力の入れよう。

d0158582_01165350.jpg
午前中に新宿伊勢丹で、洋服2着、日傘、帽子、フライパン、
退社後、銀座三越で靴を買ってクリアランスセール終了。

フライパン(20㎝)は¥10,000→¥7,580。
ティファールを半年ごとに買い換えています。
うちのコンロは着火すると着火口の火が落ち着くまで
10㎝近くあるので、フライパンだけでなく、鍋も痛みが早いのです。
ベテラン販売員の女性は
「20㎝と27㎝を一緒に買うと¥12,000になります」

ソーニャ「今は一人分なので、大きいのは必要ありません」

販売員「お客様の中にはフライパンでパスタを煮ると言う方も」

ソーニャ、挙手して「私もします(笑)」

ANOLONのフライパンのメリットだけでなく、
フライパンを末長く使うための注意まで教えてくれました。
着火してそのままにせず、薄く油を引く、使い終えたら
水を入れて洗い流さず、キッチンペーパーでサッと拭き、
温度が下がってからぬるま湯で洗うということ。
それだけでも持ちが断然違うそうです。
ありがたいご指導でした。


45分でお買い物終了。
伊勢丹でランチも済ませてしまおうと時計を見ると
レストランの営業時間に時間がありすぎ。
ダラダラと物色して11時半にラ・ターブル・エディアール。
d0158582_01152858.jpg
鶏肉と木の子のサラダ


d0158582_01153273.jpg
魚介のドフィノワポテト


d0158582_01153546.jpg
マンゴープリンと洋梨のシャーベット&アイスコーヒー

第一希望は銀座アスターでしたが、20人以上並んでいたし、同じくアジオも。
伊勢丹レストランは制覇していません。
分けとく山、西櫻亭、南国酒家、おらが蕎麦、一時はチャヤマクロビと
行くところが代わり映えなし。
食べ終えてから青柳を思い出しました。
冬のクリアランスは青柳にしよう。



by petapeta_adeliae | 2019-06-30 00:09 | Trackback | Comments(16)

誕生日 昼の部

職場の後ろの席の後輩から「今月のお休みは?」
なんども聞かれるので、お言葉に甘えて有給休暇を取りました。
ひょっとしたら居ない方がいい?

年に3、4回は会うお姉さんと西新宿パークハイアット41Fの
フランス料理ジランドールに予約。



d0158582_03264426.jpg
アトランティックサーモンのマリネと春野菜のプレステリーヌ
                 キャロットチップス


d0158582_03265171.jpg
グリーンアスパラのスープ


d0158582_03265903.jpg
真鯛のベーコン巻き 
新玉ねぎのピューレとクランブル シエルフィッシュスエプーマソース

d0158582_03271814.jpg
シトラスパルフェオレンジ、グレープフルーツ オレンジソース 
              チュイル ライム




お姉さまのメインは
d0158582_03272273.jpg
モリーユ茸を詰めたフランス産ホロホロ鳥の胸肉
                  グリーンアスパラと蜜柑のクーリー

ソーニャは友達、旦那さん、お子ら、経歴はこちらから聞くことはありません。
先方から言わない限りは知りません。
ソーニャ自身、人から根掘り葉掘り聞かれるのもこちらの不信感が募るだけです。

お姉さんのご主人は定年してから職業を知り、ソーニャの周りには居ない職業。
映画、ドラマでしか見たことない。
ご子息に関しては、初コンサートをサントリーホールの大ホール。
一体何者? でも聞かず。
初コンサートチケットは即完売だったので、ソーニャ行けず。
冗談で、目標はカーネギーホール?
大当たりでした。
今のうちにツーショット写真を撮らせてもらうか?!


話はも戻り。
本日のスープは行ってみないとわからない。
好き嫌いを求められていましたが、
栗・芋・南瓜は秋だからでるはずがないと思っていたのに。
6月に南瓜かぇ〜。
お姉さまはスープとメイン、羨ましいそうなお顔でした。

ちょっとでも居心地よく居られるように13時に予約したのに
14時後ろを振り返ると満席。
マナーの悪い人もおらず、美味しくて満足です。

この後は夜の部に移動です。





by petapeta_adeliae | 2019-06-22 21:15 | Trackback | Comments(10)

Prix Fixe lunch

昔、都ホテルと呼ばれていたところは
現在シェラトン都ホテル東京と変わっていました。
そこのカフェカリフォルニアで友だちとブリフィックスランチ。

d0158582_06501175.jpg
ホワイトアスパラガスのブラマンジェ


d0158582_06504669.jpg
子羊肉のラケ アリッサとクミン風味のクスクス添え


d0158582_06500040.jpg
焼きたてパン


d0158582_06502483.jpg
マンゴーとココナッツのムース パッションフルーツのソース




友だちのチョイスは
d0158582_06281211.jpg
ズワイ蟹のクネルと冬瓜のコンソメ煮 フェンネルと三つ葉を添えて


d0158582_06275855.jpg
イサキのポワレ 蛤とあおさのスープと共に

デザートは私と一緒です。
メインは4つあり、あと

・カジキと野菜のオイルコンフィ ミルフィーユ仕立て
・牛もも肉のコンフィ ディジョンマスタードのパン粉焼き

悩んでいる友だちにカジキよりイサキの方が高いじゃない? に即決定(笑)
GW前に見つけるとすでに2時からの1組しかありませんでした。
見事な満席。

美味しくて、話も盛り上がって楽しい休日でした。


by petapeta_adeliae | 2018-05-19 07:02 | Trackback | Comments(18)

岡山の食材でボキューズ


仕事で外会議。
それもご招待。
会議が思いのほか長かった。
連れは目をトロンとさせていました。


d0158582_20343620.jpg
お腹の空いた同伴者は天井から吊るされたタッセルが
干し柿に見えたそうです。
会議を終え、パーテーションの向こうに行くと
お食事の用意がされてました。
d0158582_20305926.jpg


d0158582_20324467.jpg
軽く薫製をかけたサーモンマリネ シトロエンクリーム
岡山県産エンダイブと愛宕梨のサラダ

d0158582_20340548.jpg



d0158582_20313283.jpg
かさごと下津井漁港真蛸のジェノヴェーゼ
寝セロリのピューレと下仁田葱のロティ

d0158582_20321030.jpg
瀬戸内市ミツクラ農林より届いた
ジャンポマッシュルームとフォアグラのロッシーニ風


d0158582_20323263.jpg
蒜山ジャージー牛プレミアムを使ったクレーム・ブジュレ

ポール・ポキューズのレストランに岡山産の食材を持ち込みフランス料理に
仕立ててもらってます。
食前酒とコーヒーはカット。

どれも美味しかった。でもひとつだけあげてと云われたら
ジャンポマッシュルームとフォアグラのロッシーニ風です。
うめー ←岡山弁


この会議前に時間があったので"やせっぽちソプラノのキッチン2"の
Mchappykunさんの記事にコメントを入れていたんです。
その時の記事がロッシーニ風フィレステーキで、今回の企画に
呼んでくれた彼女にその事を伝えると「偶然ですねぇー」と。
その時の記事はこちら

土曜日に早起きしてF2のニュースで、ポール・ボキューズのことが
15分近く報じられていました。
その時はひとりの人物に焦点をあてているだけだと思ってました。
なにしろ土曜日のF2は初めてだったので土曜日はいつもと違うぐらいに。
因にMCはジュリアンではなく、ローランでした。
夜になってポール・ボキューズが亡くなったことを知り、
F2のは小特番だったと理解しました。

ポール・ボキューズは祖父の代からシェフで、その上親日家で
日本国内にレストランを6つ持ってるそう。
スペインのクレマカタルーニャのクレームブジュレを進化させた
のがポール・ボキューズ。
それって人のフンドシででは?

シェフの腕前もさるものながら岡山の食材って
白桃、マスカット、ゲタ(舌ピラメ)、黄ニラ、桜鯛、
調理済みだと祭り寿司、えびめしと美味しいモノが沢山。





by petapeta_adeliae | 2018-02-07 23:16 | Trackback | Comments(8)

ラロシェル10日目

果物いっぱいの朝食もこれで最後。


d0158582_23505811.jpg
朝食後、ソーニャは荷造り、ご主人とスナフキン氏はお散歩です。


d0158582_23522539.jpg

前日におねぇちゃんを振り回して集めた自分のお土産。
プベ(人形)の後ろのピンクのバツグは2日目に行った観光局で見つけたモノ。↓

プペの横にあるエンジとピンクの缶は紅茶です。
柄が20種あって、柄のイメージで茶葉の組み合わせが違います。
「ティファニーで朝食を」「メリーポピンズ」カンフー、
太極拳、新体操と集めるのも楽しそう。
ひまわりの様な他3つは瓶の蓋。
そして瓶詰めの缶の蓋用オープナー。

ショーウィンドウの下のほうに無造作に置かれていた男の子。
ソーニャに「連れ帰って」と云っているいる様。
女の子も見つけたのですが、髪の毛が寝癖? 
当日は男の子だけを連れて帰りましたが、
ひとりぽっちは可哀相なので女の子も購入。

ふたりの間のカードは3年前にレ島ので見つけた
ムール貝のレシピです。どこにでもあるだろうと
買いませんでした。その後何処に行ったも見当たらず。
それがレジのところにしかも新品であるじゃぁござんせんか!

d0158582_23521499.jpg
プベの後ろのピンクのバックの中身はピノー、メロンのコンフィチュール、
塩キャラメル。バッグだけでも街中のショップで売られていましたが、
24€ぐらい。観光局では中身入りで48€とお買い得でした。
ちなみに「17」はラロシェル(県コード)。
自動車のナンバープレートの最後も同じです。

バックはピンクの他にオレンジ、グレー、グリーン、レッドと5種はありました。
このバッグのこの柄は横にあるのではなく、輪のところにあります。


d0158582_23515507.jpg
干し鱈以外はおねぇちゃんからのお土産です。
手作りのサクランボ漬け、コンフィチュール、鴨肉の薫製、母にチョコ、
おねぇちゃんのレシピに良く出て来るコロンボカレーのパウダー、
紅茶、お菓子、爪が強くなるサプリメント。


早めの昼食なのにお散歩に行った二人がなかなか帰ってきません。
おねぇちゃん、やっちゃったぁ〜ジャガイモちょっと焦がしてしまった。
d0158582_23525468.jpg


d0158582_23535694.jpg


d0158582_23541112.jpg
ショードレと揚げないポテトと心太
心太の素と心太突きは日本から持ち込みです。
この形状に興味を持たれ、食卓で実演しました。


d0158582_00042339.jpg
おねぇちゃんの運転で駅まで送って頂き、フランス有数の美しい駅舎ということでパチり。
GARE DE LA ROCHELLEの上、屋根の樋のあたりに書かれたDEPARTに
「駅ビル?」に
「出発よ」とのご返事。

このことがのちに役に立ちました。

おねぇちゃんと見送られ、アッという間の夏休みが終了です。
乗り継ぎに1時間ポワティエで待て状態。
トランクをゴロゴロと待合室に到着ホームの確認。
入線10分弱で反対ホームに到着でした。
ホームの移動がなくて良かった。

指定席はまたも2Fです。トランク置き場はもう一杯。
仕方なく2Fのトランク置き場に自力で乗せ
指定席に着席しようと。また乗っ取られてる。
反対側のボックス席に赤ちゃんを籠にいれた若い夫婦+
未就学の女の子の家族。二人分しか席を取ってなさそう。
英語を話す2人組の30代の男性らがあっち側こっち側に
何か云っています。私の斜め前に座った男性が
サイモンとガーファンクルの頭モシャモシャ方が
出た映画「愛の狩人」に出てきそうなタイプ。
イヤホーンから音漏れてるしで結構迷惑。
6時になっておねぇちゃんの出作りお弁当を広げました。 
サンドイッチ、果物、お菓子とひとり遠足。

前回は手続きを終えてシャトルで航空機に運ばれたので
行きより帰りが不安でした。
TGV駅でeチケットにあるCDG(2E)に気づき、
DEPARTの文字に間違いないぞと安心しました。
聞いておいて良かったわん。


ラロシェルではおねぇちゃんの美味しいお料理でしたので
機内食かマジぃ。2食チョッとずつ味見してはパス。
税関過ぎた辺りでは空腹で倒れそう。
トランクをゴロゴロといつものお寿司屋さんにGO

d0158582_01564921.jpg
10貫と生ビール小と冷酒で空腹を満たして帰宅しました。

悲しいつ云うしかない性、ラロシェル滞在中のお散歩では自分でも
信じられないぐらいカメの歩みだったのに
羽田空港駅から電車までは通勤のスピードに戻っていました。

おねぇちゃん、楽しく美味しい毎日をありがとうございます。
ソーニャ幸せでした。ぺこり


同じ日のFleur de sel さんはこちら


後日談
プベのネーミングでおねぇちゃんと盛り上がっていました。
男の子はポルナレフのミッシェルの愛称のミシュー、女の子は
グローリアと思っていましたが、
グローリアはフランスの名前ではありませんでした。

おねぇちゃんからマリウス、ジョフレー、ジャック、
太陽がいっぱいのアラン・ドロンの役名フィリップ。
おねぇちゃんちに関わる男性陣のお名前も上まがるまで。
女の子は何年も人気のエマ、男の子はジェジェにほぼ
決定したのですが、ジェジェだと女の子みたいと
いうことで、隣のおばあさんちの長男からいただき
カシアンとエマに決定しました。



by petapeta_adeliae | 2017-07-23 02:17 | Trackback | Comments(8)

ラロシェル9日目

この日は朝からおねぇちゃん、髪を振り乱しての大活躍。
その訳はソーニャの欲しいお店があさつての方向だったからです。
その時のお土産は次回に。
d0158582_22124230.jpg


d0158582_22122064.jpg
3年前にメディアセンターに行くことができずにおり、
今回はおねぇちゃんが用があり、待っている間に探検。
本だけでなく、世界の映画のビデオ、DVD、レコードも。
音楽のところで、マイケル・ジャクソンがあり、Mで
浮ぶのはミッシェル・ポルナレフです。

ぎゃぁ〜あるじゃないの!!!!
有名なのところでは、「ノンノン人形」「シェリーに口づけ」「愛の休日」
それもいいげと、ソーニャが特に好きなのは、
「悲しみの終わる時」「わすれじのグローリア」
当時洋楽を流しっぱなしのFENがあったけど、米軍兵士の為ので
あったのでフレンチポップスのポルナレフを聞くには
FM東京の土曜日の14時〜
シリア・ポールがパーソナリティだったと思います。

冷凍庫の社会見学で、その日は雨でした。
バスの後方で座って、現地で降りようとしたときに
バスのラジオから「愛の休日」が流れてきて
聞き入ってなかなか降りなかったことがあります。
d0158582_22132725.jpg
d0158582_22485279.jpg
d0158582_22490769.jpg
d0158582_22492760.jpg
d0158582_22494836.jpg
ネットの無い時代に写真集が出ていたことを知り、フランスに出張と聞くと
「時間があまってたら本屋で探して」とお願いしていました。
当時の写真集に内容と変わらない? 復刻版?
2007年発行のこの本を見つけて
おねぇちゃんに借りていただき、車の中ではよゐこで見入る。



d0158582_22522211.jpg

徳島のゆず果汁は29.99€見えますか?
3,569円もする〜!!
なんでもTVに出るシェフが柚子を使いまくるので
人気があるそうです。
キッコーマンとヤマサの醬油が並んでいますが、
ヤマサの方がちょっぴり格上みたいです。

板に書かれた漢字が反転されてるぅ。




d0158582_23092602.jpg

d0158582_22531656.jpg


d0158582_23010284.jpg


お昼はスナフキン氏が美味しいと評判のブータンブランを
ノルマンディから運んで来てくれました。
マスタードの利いたエシャロットソースで。
これがまた美味しい。
おねぇちゃんにエシャロットソースを教えてぇ〜と。
まとわりつくソーニャに、
「ブログに書くからね」の言葉にソーニャはニンマリ。

帰国してからおねぇちゃんからゴメンねメールが来ました。
それはスナフキン氏が運んで来たノルマンディの美味しい
チーズをソーニャに出し忘れたとのこと。
云わなきゃ分からないのに。
おねぇちゃん可愛い。

ここで気になることができました。
スナフキン氏がノルマンディに帰る時に
いろんなお惣菜をお土産に持たせたということ。
一体、何を持たせたのか?!



夜の部は

d0158582_00094953.jpg
左からメルルーションのグリル、ズッキーニのタルト、キャロットサラダ、
シンプルなサラダ、玉子とじ擬きです。
d0158582_23120459.jpg
d0158582_23125712.jpg
d0158582_23131038.jpg
ここで言い訳させてください。
おねぇちゃんちの恩返しご飯にデビルドサンド、キンパプ、
玉子丼、貝のスープ、蛸の照焼きを用意していました。

「いつ作ろうか?」
「スナフキン氏が来たらね」

来る日が2回ぐらい変わって、結局はソーニャの誕生日に
お越しになりました。
ソーニャんちの玉子丼は筍、椎茸、蒲鉾いりです。
なんとおねぇちゃんとご主人は玉子があまり好きでは
無いと聞きひぇ〜。
蒲鉾は単体で食べたいとことで、
玉子とじにしたらお鍋が深くてキレイに取り出せず、
なんだかブチャイクな玉子閉じとなってしまいました。

次回の渡仏は、スナフキン氏のスケジュール帳に
余裕を持って書き込んでもらわないと。

同じ日のFleur de sel 塩の華さんはこちら

by petapeta_adeliae | 2017-07-20 01:50 | Trackback | Comments(10)

ラロシェル8日目


この日はソーニャの誕生日でした。
d0158582_04592399.jpg
ホテルの朝食みたいでしょ。
食後はおねぇちゃんがお誕生日には水族館と決めていてくれました。
ソーニャ国内の水族館は8割りは制覇してる。
朝から入口に80才以上のグループが30人ぐらい、そして小学生もいましたが、
20人ぐらいのグルーフがいくつもあり、学年も違うようです。

d0158582_05042985.jpg
d0158582_05045620.jpg
d0158582_05051258.jpg
ムール貝の養殖の様子。
d0158582_05053853.jpg
これは床なのですが、魚なのが分かりますか?
一歩進むと魚が逃げて行くのです。
まるで水面を歩いているよう。


d0158582_05061527.jpg
ムツゴロウって日本以外にも生息しているとは。
d0158582_05065211.jpg
従兄弟が幼稚園生の頃にサンシャイン水族館でタカアシガニの太い脚を
見ていて、ついつい「美味しそう」って口から出てしまった。
すると近くに居た幼稚園と小2ぐらいの男の子らが
「美味しそう」を連呼したんです。
すると従兄弟から
「恥ずかしいからもうおねぇちゃんとは来ない」と云われてしまった。

しかし、この水族館は幼い子供から老人まで幅広く感心を
持たせるところがスゴい。

d0158582_05073061.jpg
半年ぐらい前にニュースで中央アフリカに中国人が移住し、
天然記念物の陸カメをただでさえ希少なのに食べていると
絶滅の危機にあると知りました。
水族館にシアターがあり、中国人が鮫を生け捕りし
ヒレだけを切って鮫を海に放している動画を見てショックを受けました。
鮫はまぐろのように回遊魚。泳げないと死んでしまいます。
子供の頃に父から4本脚で食べないのはテーブル。
空飛ぶので食べないのは飛行機と聞いたのを思い出しました。




お昼にスナフキン氏が到着することになっていました。
おねぇちゃんの「G」と現している人とスナフキン氏は同一人物です。

d0158582_05074868.jpg
d0158582_05133583.jpg
夜にお誕生日のお祝いをしてくれるので、お昼は軽く
ブシュロー風サラダでした。
この時点でデザート3択でした。
私とスナフキン氏はアイスクリーム。
ご主人はアイスクリームとチーズケーキ。


このあと、いつもならお昼寝ですが、
おねぇちゃんちの郵便物に不動産の冊子を
見つけて暫し眺めておりました。




d0158582_07070346.jpg
d0158582_07071699.jpg
お城のような物件で105,388,300円、プール付きは104,660,500円。
お値段はここまでくると同じようなもんです。
買えるはずないけど、プール付きのが一番良いな。
でも、お城風はメンテが掛かるからのちのち出費が多そう。

6/12のレートは€1=119円

あまりに真剣に見入っているので、おねぇちゃんに
「買うの?」とからかわれちゃいました。



20時をまわりお誕生日会開始。

d0158582_05120347.jpg
海老とマンゴーのセビッチェ風

d0158582_05122235.jpg
鴨のサクランボソース

d0158582_05123562.jpg
モロッコインゲンのガーリック炒め

d0158582_05124900.jpg
黒い森という名のバースデーケーキ


私がフィロを使った料理が食べたいとそれもラロシェルに着いてから
リクエストしたらフィロを花の形のお皿に見立ててくれました。

ソーニャんち方面で、鴨はクリスマス〜バレンタインの間以外は
手にはいりません。フランス・イタリア料理教室の先生が
取り寄せる時に便乗。
鴨は大好きでずか、鶏となると焼鳥ぐらい。
やはり鴨料理を頻繁に作るだけあって絶妙な火の通り具合です。

とソーニャのバースデーケーキのことで、ご主人から反対意見があった
そうで、長年使われているであろうケーキの本から
どれが食べたい?と聞かれ、迷うことなくフォレノワール(黒い森)
をリクエストしました。シットリと上品な甘さが癖になります。
ケーキは誕生日の人が切り分けるのがルール?
体型維持に神経を使っているスナフキン氏に
ドデカく切り分けてしまった。。。
ちょっと呆れ顔されてしまった。ゴメンナサイ。
スナフキン氏になんの恨みもないのよ〜。

おねぇちゃん
楽しく、美味しい充実した誕生日をありがとうございました。ぺこり

同じ日のFleur de sel 塩の華さんはこちら

by petapeta_adeliae | 2017-07-16 08:17 | Trackback | Comments(10)

ラロシェル7日目

前々からおねぇちゃんに日本は果物が何しろ高いと主張。
おねぇちゃんちにお邪魔している間いろんな果物が身近に
置かれているので、朝食だけでなく、
水分補給にも手を伸ばしていました。
ラロシェルはメロンの産地ということもあり、
日本で食べるメロンより香り高くて、自然な甘さが嬉しい。

d0158582_08240286.jpg



朝食を終えて船の博物館へ。

d0158582_08091649.jpg
d0158582_08094286.jpg
d0158582_08111949.jpg
100年ぐらい前の動画が見る事ができました。
d0158582_08130949.jpg
d0158582_08122003.jpg
建物の外に二艘の船舶、右には小学生の集団が乗り込んだので
私たちは左に。

d0158582_08104145.jpg
医務室


d0158582_08140951.jpg
言葉のわからない子供、異国人でも分かる絵。
ティンティンの冒険のような絵でした。


d0158582_08143390.jpg
どんな仕事の人が船のどこにいるのかまで書かれています。


d0158582_08150866.jpg
二段ベッドだからペーベーのお部屋


d0158582_08152813.jpg
ちょっと偉そうな人のお部屋


d0158582_08154818.jpg
もつと偉そうな人のお部屋


d0158582_08162113.jpg
オーブンも大きいけど、ミキサーが巨大ですね。


d0158582_08211334.jpg



d0158582_00341614.jpg
食堂に貼られたクリスマスメニューはおねぇちゃんのをカンニング

生牡蠣

トリュッフ入りギャランティーヌ

サーモン オランダ風(これはオランデーズソースが添えられるものと思います)

七面鳥のマロン詰め ポテトチップ

クリスマスビュッシェ

赤ワインと白ワイン


船の博物館は室内の備品そのままに生活感があって、当時を忍ばせてくれてます。
結構楽しめました。デッキでおねぇちゃんの思い出話なんぞを質問したりと
爽やかな潮風でお尻に根っこが映えてしまいましたとさ。

d0158582_08221911.jpg
デッキのパーでソフトドリンクで休憩。
カウンターに若い女性が4人ほどいたのですが、
若いだけでなく美人でした。一体何者?
そしてすぐ後ろでバッグの撮影をしていました。



d0158582_08223775.jpg
昼は茄子とズッキーニのファルシとアーモンド貝のオーブン焼き、
トマトのサラダとチョリソのようなソーセージは
羊のソーセージで色はビーツです。
なんか冷たいビールに合いそうな献立です。



d0158582_08230962.jpg
d0158582_08232092.jpg

夜はムールマリニエール、コールスローサラダ、オーブン焼きポテト、ビーツ
ソーニャ、ムール貝はひとつずつ取ってたべるのではなく、
一気に取ってから食べてました。



この日は37度とソーニャの体温より高く、梅雨のジメジメから
ラロシェルに逃げてきたのに日本より気温高し。
あまりの暑さにキッチンの大きなテーブルでのご飯になりました。

家庭にエアコンがなくて普通なのでおねぇちゃんに
扇子をお借りし、パタパタとしているとおねぇちやんに
「貫禄があるぅ」と云われたのです。
岡場所の女主人?それとも親方?

同じ日のFleur de sel 塩の華さんはこちら

by petapeta_adeliae | 2017-07-13 00:51 | Trackback | Comments(10)

ラロシェル6日目

朝、のどか湧いたのでケフィールを飲みにキッチンに降りると
クロワッサンの生地が置かれていました。


d0158582_15491633.jpg



この日9時すぎになって水揚げ港にある日曜マルシェを散策。

d0158582_15505117.jpg
d0158582_15513078.jpg

d0158582_15515602.jpg
d0158582_15521997.jpg
d0158582_15524538.jpg
鰻を発見。4つの大きなパエリアパンに鰻、つぶ貝、蛙が調理されています。
でもー味付けはみんな同じみたいですよね!?
d0158582_15533389.jpg
屋根付きの建物の中には蟹、海老、貝が沢山あってソーニャ幸せ気分です。

d0158582_15535393.jpg
d0158582_18512806.jpg
こちらの地域は移民が多く住む地域でマルシェもちょっと違いました。
ベトナム、中華のお惣菜のお店が3つあり、炒麺。炒飯、春巻きは定番。

グラス片手に食べ歩いているオジさんがいました。グラスの中身はきっとワイン。


d0158582_16142222.jpg
前日にロシアのお店で買ったクアスは冷蔵庫で冷やしてしたので
帰宅してまっさきにグビグビ。


d0158582_16074829.jpg
d0158582_16080159.jpg

d0158582_18503256.jpg
d0158582_16122395.jpg
お昼ごはんは丸ズッキーニと茄子のフィルシ、アーモンド貝の
オーブン焼きです。デザートはマルシェで見つけたババ。
お店には母息子?がいて、ソーニャが元気に「サバラン」と云うと笑って
いたそうです。日本のケーキ屋さんだとサパランだけど、
不二家は「ババ」でした。これ結構デカい。





この日の散歩は海岸線の隣村のシャトーレイヨンまで遊歩道。
引き潮時はこんな感じ。

d0158582_16140859.jpg
d0158582_16151036.jpg
d0158582_16154157.jpg
片道30分弱。
19時を回ってて、家族連れがビーチでシャワーを浴びて、
ホテル・車に戻っていく最中か,
パケツに蟹・海老・貝を取っているグループ。

気になる柵。
フランス映画?で柵のある砂浜を幾度か見た事がある。
なんの為の柵なんだろう?
シャーロット・ランプリングが出てたような? ハテ?


おねぇちゃんに「隣村まで歩いて行けるから行ってみたら」
の後押しで行ってみました。途中土手に出られることができます。
ずっと先に小さなお城のような建物が見えます。
遊歩道から土手にでる道がいくつもあるのでお城を目指しましたが、
金網に鍵と近寄れませんでした。

隣村のビーチでは何メートルかおきに動物の絵の書いた看板が
あり、一番手前が像です。
迷子にならないように配慮してるのかな。

可愛いプベ(人形)を買ったお店がこの近くとだったと
知りました。
あ゛ー あのお店のある村だと分かっていたら
まだ欲しいものがあったのに残念〜〜。


20時前ということもあり、遊歩道の始まる駐車広場からおねぇちゃんち
まですれ違う人はいません。


d0158582_16124994.jpg
夕飯は鴨の薫製サラダです。
美味しい鴨の薫製とサクランボソースのサラダ、ワイン、
お手製のケーキでほどよく満腹です。


同じ日のFleru de sel 塩の華さんはこちら

by petapeta_adeliae | 2017-07-09 18:34 | Trackback | Comments(14)