2018年 04月 23日 ( 1 )

満足させてくれる料理教室

お客さんとして行き、おいしかった料理を教えてもらうご主人のところは
季節毎に行く事にしました。
年末多忙だったご主人は師走とっても体調が悪そうだったので
お教室はソーニャと友だちでちょっとお休みすることにしました。

こちらの筍の器はご主人の特注だそうです。

d0158582_06472313.jpg
d0158582_06470699.jpg
筍の蕗味噌和え

自宅冷蔵庫に3日前に蕗味噌を作っていましたが、私のは固め。
出汁でかなり緩くして姫皮の千切りを和えました。
d0158582_06473712.jpg
ホワイトアスパラの白トリュフ


d0158582_06480465.jpg
筍のあんかけ


d0158582_06482345.jpg
鯛のそぼろ


d0158582_06492635.jpg
お釜で炊いたご飯に鯛そぼろを乗せて

d0158582_06484841.jpg
落花生の葛餅


d0158582_06485453.jpg
豆腐クリーム

このまま食べるのではなく苺にかけると美味しいらしい。

ホワイトアスパラ、筍とただ茹でてではありません。
当たり前ですが、ひと手間が違うんです。
それはヒミツ。



ご主人を休ませてあげている間にご主人はアマゾンに行っていたそう。
それも現地人に和食を普及していたそう。

デンキウナギで
・握り
・うな重。

ピラルクは
・西京焼
・吸い物
・茶碗蒸し


ご主人がアマゾン川に入るとビリッときたそうです。犯人はデンキウナギ。

夏休みになると小学館の小学××年生のふろくに
アマゾン川のデンキウナギ、人が乗ることが出来るオオオニハス
ボルネオのラフレシアを何度みたことか。
デンキウナギは馬をも倒すほど放電すると書いてありました。

ご主人から写真を見るとデンキウナギの胴体は
相撲取りの太ももサイズ。
ビラルクは白身で、川魚でも泥臭くはなかったそうな。

ご主人がアマゾンで一番驚いたことは、
ピラフにスプーンが刺さっていたこと。
日本では反則技です。
20代の男性でも驚いたとか。分かっていたことに安心。

ご主人がイタメシって何度もいうから、ブラジルでイタメシ?
よく聞いてみるとイタメシは炒飯でした。
あと鶏肉ばかりだったとも云ってました。
もし、行く事があったら調味料持参がいいようです。
d0158582_06494822.jpg

話はガラッと変わりますが、キャッシュレスが一番すすんでいる国を
ご存知ですか?
国民の2割りしか銀行口座がありません。
それなのに。。。不思議ですよね。
答えはケニアです。

銀行口座がなくても、スマホの普及率が高く、
お給料はスマホに入れられ、そこから家賃、買い物、駐車料金と
引かれ、現金は使わせないようになってました。
CMではないけど、ホントお財布携帯でした。





[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-04-23 23:19 | Trackback | Comments(12)