2018年 01月 31日 ( 1 )

女子(おなご)の会

今年はじめての女子(おなご)の会。
中国茶房8に現地待ちあわせ。

久しぶりの赤坂見附です。
変わらずにあったのはコージー・コーナーと新世界ビルぐらい。

新世界ビルの2Fにあったディスコがムゲンだったと思う。
そこにプロレスラーのブッチャーが狭い階段を蟹のように
横歩きしていたのが忘れられない。
TVで見るブッチャーはつま先がクルンとした靴にバルーンな
アラビアンナイトなパンツでいつも額から流血したたけど、
「あっブッチャーだ!」と声に出すと
こちらを振り返りニッコリと手を振ってくれました。

今の赤坂離宮は1983年頃、ミカドというグランドキャパレーで
ホステスが500人も抱えていたそうです。
お客さんから指名がかかるとポケベルが使われていました。

世界の社交場と云われ、ショウタイムにレッドスネイクカモンの
東京コミックショウが出ており、東テレで東京ぼん太とシリアポールの
司会でゴールデンで放送されていたので、いつかは見てみたいと
思っていました。




社会人になって何度も行く機会に恵まれ仕事が楽しみでした。

そうそう、当時スポーツ選手でチームに入るのを拒否して
渡米した人がいました。
その彼がぞっこんだったホステスさんに入れこんで貢いでいた
オジさんがいたのですが、何年か経ちお客さんにお茶を出しに
会議室に行くとなんとそのオジさんはうちの税理士だったのです。




話を元に戻して
年子の4人組でソーニャは末っ子。
ひとり取材で30分遅れなのが分かっていたので先に
¥100のを3品と生ビを注文してグビッと。

d0158582_01292997.jpg
¥100のおかず


d0158582_01295063.jpg
5年モノの紹興酒


d0158582_01300106.jpg
水餃子は貝柱と?


d0158582_01301606.jpg
激辛板春雨サラダ


d0158582_01304819.jpg
北京ダック


d0158582_01310271.jpg
北京ダックの身を料理して持って来てくれました


d0158582_01311601.jpg
杏仁豆腐

今夜の話題はカウンセリングのこととクルーズ船飛鳥でのこと。
世界一周って一生に1回かとおもうけど、
お金持ちは20回とリビーター。1000日滞在すると
プレートを作ってはり出してあるそうです。
客室は違ってもお料理は同じなんですって。
それなら船底の安い部屋でもいいように思いませんか?
リピーターからの情報で住所をクィーンエリザベス号に
している人がいるんだそう。日本では認められてないけど
イギリスはOKだとは!



メニューが300種もあるので何を注文していいのか分からない。
北京ダックと水餃子はおススメというだけあって美味しかった。
日本の中国料理店というより、大陸の中華料理店に近い味でした。

行く前に火鍋、羊の串焼き、中華おこげをチェック。
でも盛りがいいのでお腹一杯でギブアップ。

ひとり¥2200でした。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-01-31 02:39 | Trackback | Comments(12)