何をどうしたいの?

「近頃、来ないね」と言われ、
春に残業後に行きつけのおでん屋へ。
この時、7時半ごろなので満席だろうから
お土産を置いて、そのまま帰ろうと企んでいました。

カウンターは二人ずつ座るようにしています。
それがカウンターのコーナーに3人座っているので
一人分の席が空いていました。

ソーニャから一番遠い席にはソーニャより若いであろう
箱根湯本の温泉宿の女将、その隣には大阪から出張で来た男性、
ソーニャの隣には酔っ払った女性がいました。
その彼女から「これも何かの縁」と座ることを
促されてしまう。


お店の主人らがソーニャの下の名前で
呼ぶのが気になったからと、話に入って来ました。
主人の前で「どうしたらこんなに親しくできるのですか?」
主人は「30年以上のお付き合いだから」と答えると、

「今度二人で会いたい」と。
ソーニャは決算期でもあるし、ずっと先まで土日すら
出勤していると軽くお断りしたのに
元気いっぱいに言われ、断れる状態にありませんでした。


初対面でもあるので、彼女には彼女で予約してもらい
お店で会うことにしました。
彼女は椅子から立ち明ると座り込んでしまい、
主人が帳場を任せている男性に「どれだけ呑んだ?」
なんと8合。

翌日、お店にお土産持参で謝りに来たという。

再会で一つ気になることがありました。
それは彼女が「次回は割り勘で」
8合も呑む人と・・・私が奢ることになりそう。
お店に伝票を分けてくださいと言うかどうか
頭をよぎる。

よそ様の前で会ってと言われて断れる状況になかったのが
悔やまれます。

前回、私がいくつもの料理教室に行った話は
一切していないのに
「良いイタリア料理教室があり、元が取れます」
速攻で、「お料理教室はもう結構です」とお断りしました。

自分自身が中医学を教えていると言う。
中医学は全く興味ない。
彼女は何を望んでいるのか??
今回の再会は全くもって気がすすまない。



また誘われた時の断りもいくつか用意しました。
d0158582_20553174.jpg
d0158582_20554453.jpg
d0158582_20555635.jpg
d0158582_20565341.jpg
「私はいつも日本酒を2合とこのペースです」とやんわり。

秋刀魚は半分こ、銀杏1本差しあげました。

最初に予約した日は母の亡くなった5日後でした。
お店で彼女の携帯番号を聞いて一度断っているで
私の携帯番号を知られているのが不安。





崎陽軒が期間限定で13日まで
海老シュウマイ弁当を販売しています。
シュウマイ弁当の黄色い包みはエピに合わせてピンクです。
d0158582_20571009.jpg
d0158582_20572573.jpg
中身はシュウマイがエビシュウマイに変わっただけだけけど¥920です。





d0158582_20591531.jpg
ミニオンのバナナホイップを見つけたからといただきました。

「チョコとピーナッツもあったけどいる?」と聞かれたので「うん!」
二日後に商品を手渡され、代金を請求されました。なかなかのしっかり者。

d0158582_20592986.jpg
ウィンナー本体にはミニオンが刺青のように書かれていました。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-09-12 00:29 | Trackback
トラックバックURL : https://ramundsen.exblog.jp/tb/27102631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 食べ慣れた美味しさ 好みは人それぞれだけど >>