鰻の白焼きで

急に何かが食べたくなることってありますよね。

そこで、チエちゃんに鰻の白焼きできる?」
二つ返事で「できるよ」ということで
「夕方に約束があるからそのあとにお邪魔します」



d0158582_22185678.jpg
お通しはう巻き、鯖、いか


d0158582_22191854.jpg
岩牡蠣


d0158582_22193444.jpg
鰻の白焼き


d0158582_22201596.jpg
貝差し


d0158582_22205147.jpg
モツ煮


d0158582_22210405.jpg
〆は白身の握り

チエちゃんが伝票を付けているカウンターの一番奥に座り、
ちょこちょことお話して呑むのがなんかいい感じ。
気持ちよく5合呑んでしまった。



チエちゃんのお店に行く前ですが、
母が小さな大学ノートに携帯やらの電話番号を書いて持っていました。
その一番目のページに知らない名前て住所と携帯番号がか書かれていて
誰なのかと気になっていました。
あまりに気なるので勇気を出して電話してみると
ディサービスで一緒で、三人の娘さんから送られてくるお菓子を
詰め合わせて会うたびにくれた95歳のおばあさんでした。
娘さんの手作りのブラウスが少し大きく、母に丁度いいのでは
と何度かいただき、なんでも持っているこのおばあさんに
実家のお米を送るのに住所を聞き書き込んでいたと
わかりました。
ディサービスに来なくなったので、スタッフに聞いても
亡くなったとは教えてもらえなかったそうです。
私から亡くなったと聞かされ号泣されました。
7年もの間仲良くして持ってて、母が居なくなって
ひとりぼっちになってしまったと。
そんなこんなでチエちゃんのところに行く前はこのおばあさんの
お宅にご挨拶に伺っていました。
とても可愛いおばあさんで、涼しくなったらまた伺う約束を
しました。



[PR]
by petapeta_adeliae | 2018-08-02 05:20 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://ramundsen.exblog.jp/tb/27021775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tanukidaponta at 2018-08-02 22:31
寿司にウナギにもつ煮って、何屋さんポン??
Commented by Mchappykun2 at 2018-08-02 23:43
ああ、白焼き!去年の春ソーニャさんに連れて行っていただいた鰻屋さん、思い出してしまいました。美味しかった!

優しいソーニャさん。おばあさんが号泣した気持ち、わかります。こちらまで泣きたくなってしまいました。それが5号のお酒になったのね。
Commented by miriyun at 2018-08-05 06:36
魚介がずらーっと並んでいますね。白焼きはこの時期美味しそうです。
電話番号一つから、生前のお母様との親交のある方につながり
相手の高齢の方も喜ばれた事でしょう。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-08-05 09:49
ポン太所長
チエちゃんちは元々、寿司・天ぷら・鰻さんだったポン。
チエちゃんの父上が亡くなって次女のチエちゃんが継いで、
居酒屋のようにしたポンが、そこに焼鳥も入れたポン。
父上の時の職人さんがいるポンで、寿司桶持ってテイクアウト
するお客さんが来るポン。お値段がかなり懐に優しいポン。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-08-05 09:58
Mchappykunさん
大人になってチエちゃんちのお店に行くようになるとは!
スナックではないからずつと相手してもらえないけど、
気を使わないので極楽です。共通の友達はゲコなのが残念です。

一昨日、おばぁさんの長女から丁寧なお手紙を頂戴しました。
母が来なくなって、気を落とした様子を読んで
そこまで心配してくれていたこと、母の写真を家族
の写真の中に置いてくれていることに嬉しかったです。
Commented by petapeta_adeliae at 2018-08-05 10:42
miriyunさん
一番年の離れたお友達ができました。
母から聞いていたのもありますが、初対面とは思えないぐらい
話が広がりました。
相手を敬う気持ちは鎌倉の94歳の先生に聞かせたいぐらいでした。

チエちゃんのお店は自宅から1時間ほどのところです。
お店を11時半に出れば終電に間に合います。
鮪、イクラ、ハマチ以外は全種類制覇してみようかと企んでます。
寿司・天ぷら・鰻・焼鳥と揃っているので、
一軒で満足できます。




名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ごちそうさまと甘もの 心落ち着く精進料理教室 >>