タグ:博物館・美術館・寄席 ( 4 ) タグの人気記事

独演会で生着替!?

下北沢は本多劇場が出来た当時に来て、それ以来なので
どこで待ち合わせていいのか分かりませんでした。

友だちが南口のこいぬの木を指定。
ソーニャは枝にこいぬが引っかかってるのを想像。
ここで待ち合わせしてる人は口を揃えて
スヌーピーかと思ったと口に出しいました。
そして、私の友だちも同じことを。
d0158582_22373033.jpg





大昔にお好み焼きのHIROKが美味しいと聞いていました。
何年かたって孤独のグルメに出ていたので、
こりゃ暫くは混んで入れない。。。と何年待った?!

それより看板にお好み焼きとしか書かれず、
間口の狭いお店がありましたが、お好み焼きなんて
沢山あるだろうからと通り過ぎ、反対側にイタトマ。ないじゃん。
駅から遠ざかる。
お好み焼きはあの一軒。
戻って、店頭にあるメニュー表にHIROKIと確認。

d0158582_22382134.jpg
イカ・エビ・ホタテ・しそうどん


d0158582_22392291.jpg
しそ・広島ネギ

梅酒ソーダでムシャムシャ食べていました。上のが特に美味しかった。
こちらは従業員が焼いて運んできます。

目の前に何人も並んで待っている人がいるのに、
食べ終えて30分も席を譲らない人がいることに驚く。
今度はゆっくりとカウンターで食べてみたいものです。




この日のメインは本多劇場で春風亭昇太の独演会「オレスタイル」
春風亭昇太は創作が多いし、笑点に出ているので友だちに
受け入れ易いのではと思った次第です。

d0158582_22455741.jpg
食事で時間がかかって本多劇場に着くと20分遅刻でゲストの桂雀三郎さん。
切りのいいところまで一番後ろで待機です。

春風亭昇太さんの趣味は城と缶詰。
ステージの上に1mぐらいの高さの真っ赤な高座があり
師匠、いきなり振り返って階段から何やら取り出しました。
すると食パンに鯖の水煮、玉ねぎスライスをのせて
粗挽き胡椒を振り、食べ出しました。
食パンはオーブンで焼いた方が美味しいようです。
型破りな人です。
でも何の為?? 美味しい缶詰の食べ方紹介?

その後にしたことは。
着物の生着替。襦袢が派手でした。
普段から着物着用なので手早かった。
脱いだ着物は丸めて舞台袖に投げてました。

演目は替わり目、二番煎じ、死神でした。
ソーニャの好きな古典でした。
誰が聞いても面白い噺です。

死神は人によって下げ( サゲ)が違います。
ここで噺家のセンスの見せ所。

                      

                  春風亭昇太 二番煎じ




                      

                  古今亭志ん朝 二番煎じ


幼稚園児の頃の土日にはTVで寄席番組がいくつもあり、
父とふたりで見入っていました。
そのなかで滑舌よく噺の中の役の違いがハッキリと
わかる故古今亭志ん朝がお気に入りでした。

父親の古今亭志ん生は神様のように云われますが、
高齢で入れ歯をしていたと思うけど、
おこちゃまには何を云っているのか皆目検討がつかず、
噺に追いつけなくて苦手でした。

d0158582_22464319.jpg
友だちからのお土産。
前回、薬袋がススケていたので手前の柴犬のを見つけて
くれました。ちょうど私もでんぐり返しをしているパンダの
薬袋を買っていました。偶然にも同じお店です。
猫の最中は羽二重団子にあったそうです。
ちょっと見づらいのでどアップです。
d0158582_22465451.jpg
いつも心づかいありがとうー!


[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-10-25 10:26 | Trackback | Comments(8)

友だちの寄席デビュー

以前わんこと3回寄席に行ったところ、1回目は末広亭でここまでは
良かったのです。一年後のGWに2度目の末広亭で前回と同じ噺家さんが
4人ほどいました。その中に前回と全く同じ話をした人がいました。
ちなみにわんこの好みは桂歌丸師匠と柳家小さん師匠。
その2年後?に浅草演芸場に行くとなんと同じ話の人が
出演していました。チェックを怠ってしまった。
浅草だから落語協会が主流だと思っていたのです。
末広亭は落語芸術協会で浅草演芸場は落語協会だから
いないと踏んだのです。
そそそ・・・・それが居るじゃん。またも同じ話でした。
それ以来、わんこに寄席を誘っても拒絶されるようになりました。

そのことを友だちに話すと寄席に行ったことが
ないから付き合ってくれるという嬉しいお言葉。

同じ話をしたのは師匠が亡くなり、桂歌丸さんの下に預かり? に
なりましたが、直弟子ではありません。
一時期、ルックスの良さも手伝い、TVでよく見ていました。過去完了。

友だちとは現地集合。
なにしろ並ばなくてはならない。
ソーニャはお弁当調達係。

入場し、前から7列目のど真ん中を確保しました。
着席して一番にすることは、まずお手洗い、そしてお弁当の用意。
前座になると300人のキャパの8割りが一斉に腹ごしらえです。


伊勢丹、アンデルセンのIt's SANDWICH MAGIC

d0158582_13323750.jpg
こちはソーニャのこいのぼり、人参のスティックが一本入っています。
これって鯉のぼり(まん中3つ)の支柱のようです。

d0158582_13325536.jpg
少食な友だちはは小さなサンドイッチとほうれん草とベーコン?のキッシュ


当日出演者

落語  桂 竹千代
太神楽 鏡味味千代
落語  三笑亭可風
落語  三笑亭夢丸
曲芸  ハッポウくん  
落語  桂 右団治
落語  桂 歌助
漫談  ぴろき
講談  神田 紅
落語  三遊亭とん馬
コント チャーリーカンパニー
落語  桂 米丸

-------  仲入り ------
落語  桂 枝太郎
漫才  東 京太・ゆめ子
落語  三遊亭好楽
落語  桂 米福
奇術  北見伸・ステイファニー
主任  桂 竹丸

友だちは初めての寄席なので、ハズレの無いイロモノが
揃っていることが条件です。

チャーリー・カンパニー、ぴろき、京太・ゆめ子。
これで面白くないというならば、笑いのツボが違うってこと。


当日にならないと出演がわからないところがあります。
40年ぐらい前に米丸師匠の自宅に畳敷きの弟子の練習場を
作り、一般に公開していました。¥300ぐらいだったかな?

噺家さんと交流がある友だちがおり、末広亭の昼の部を
終えた噺家さんらと焼鳥&カラオケによく集いました。
楽しかった思いでです。

友だちは92才の米丸師匠を生きている間に見られるなんてと感慨無量。
ソーニャの読みも大当りで、三遊亭幸楽師匠が笑点よりずっと
面白かったから、また誘って欲しいとリクエストされました。


その後、喉がカラカラで、友だち情報の伊勢丹の賚果(らいか)へ
d0158582_20275515.jpg
かき氷あまおう¥1944
ゴージャスでしょ。
甘〜いミルクはなく、濃厚あまおうソースが掛かっています。
隣の家族連れのお父さんがガン見です。



友だちが小田急百貨店で北海道展があって北菓楼が来てるということで、
もちろん開拓おかきを購入に行きましたよん。

北海道展のイートインで『スープカリーばぐばぐ』かに
良い匂いが。
富良野ベンダーポークとグリーンアスパラガスのカレー¥1500は
完売でした。
d0158582_20282658.jpg
帆立貝のスープカリー。
お店のHPにはありません。
帆立貝と帆立の稚貝が入っていました。

残年なこに完食に近くなるにしたがって、帆立の貝殻の欠片が口に
ザラザラと残りました。
貝殻をいくつも入れれば、貝同士が擦れて欠片が出るんだから
漉すってこと考えないかな?



こんな切手が出ています。
鎌倉とスヌーピー。鎌倉の大仏がなんとも可愛らしい。
d0158582_22194681.jpg
d0158582_22201769.jpg






[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-14 21:22 | Trackback | Comments(12)

以外と鉄子?

去年暮れ、寅ママが大事な写真を間違って消去し凹んでいたので
デジカメの写真が復活できることを教えてあげたら、お礼にと
新車のアクアでドライブに誘ってくれました。

d0158582_22144090.jpg

d0158582_21291021.jpg

d0158582_21292012.jpg

ここは鉄道博物館です。
11時オープンで1番にしたことはミニ運転列車のチケットを死守。
指定時間の12時半まで見学とランチです。

d0158582_21331710.jpg

ここで駅弁を購入して、フレンドリートレイン、ランチトレイン、
パノラマデッキ、ビューデッキで食べることが出来ます。
でもワタシたちはお土産なんです。ふふっ

d0158582_21434921.jpg

ソーニャはお土産用に1号機関車弁当¥1200を購入し、お姉さんに
お帰りまで預かっていただきました。
寅ママんちは長男、双子の男の子と女の子、中型犬2匹、猫3匹、モモンガ2匹の
大家族。だからお土産に買ったお弁当の数も一杯。

そしてレストラン日本食堂でランチで〜す。
d0158582_21491096.jpg


d0158582_21332693.jpg

寅ママはまかない丼のセットで¥1000
d0158582_21332326.jpg

お子ちゃまソーニャはハンバーグとミルク¥1000


d0158582_21491456.jpg

こちらは2FにあるレストランTD
海鮮あんかけ焼きそば、オムシチューやらと日本食堂よりは
ちょっぴり格上って感じでした。


祖母宅に行くのに特急やまびこに乗り日本食堂のビッフェで食べてました。
あの頃は駅弁も不味かった。^^;
今は2時間10分ですが、幼稚園の頃は12時間、小学生の頃は9時間、
不味くても我慢するしか無かったです。


いよいよミニ運転列車です
d0158582_2201124.jpg

電車をデフォルメした車両に運転手1名、乗客2名の計3名までで
全長300mのコース。車両は京浜東北線、山手線、高崎線、成田エクスプレス、
武蔵野線、踊子号、あずさ。

d0158582_22143218.jpg

大好きなジオラマに興奮しちゃいました。


d0158582_22234589.jpg

d0158582_22234898.jpg

先のは記憶に新しいけど、地図式は父が持っていたのを見たことがあります。

d0158582_22263060.jpg

この自動券売機には覚えがありますが、最低¥120だったけど
¥40って何時なんだろう?

子供より大人の方が楽しいかも。
ここならまた行ってもいいなぁー。

つづく

次回予告:川越の駄菓子屋横丁
[PR]
by petapeta_adeliae | 2013-01-15 22:47 | 散 策 | Trackback | Comments(30)

江戸東京博物館

R子ちゃんが寄席好きな私に気を使ってくれたようでこの日は、
江戸東京博物館へ。
お返しにR子ちゃんをお気に入りの蕎麦屋に連れて行く予定が、
前日になって休業と判明。


d0158582_2122671.jpg

平日は¥1000休日・祝日は¥1200隔日でお肉とお魚になり、この日は
チキンハンバーグでした。
d0158582_2126684.jpg

実寸で歩いているのは本物の人

d0158582_2127873.jpg

時代劇の火事のシーンでみかける纏、14 キロもあるんですね。
d0158582_21263981.jpg

ミニチュアです。
d0158582_21232313.jpg

入ってすぐの日本橋から。
期間で小戸博寄席を日に2度、落語と漫才のライブ
漫才でスカイツリーのお話で、クレーンは最後どうなるのか?と
いうことでした。プロであればきちんと調べて話すところを
流してしまっていたのが
気になりました。浜松町の世界貿易センター建設に関わっていた父に
「クレーンは最後どうなるの?」
「どのビルも屋上に分解されておいてある」
40年も前の話なので今はどうかはわかりませんが。
d0158582_2131168.jpg

浮世絵師の職場
d0158582_2131484.jpg

千両箱も体験可能で15キロもあり、時代劇でねずみ小僧が肩で担いで
いましたが、絶対不可能。
d0158582_21335444.jpg

これもミニチュアで越後屋さんの店内で、商売の様子がみられます。
d0158582_21361885.jpg

d0158582_21354562.jpg

d0158582_21365487.jpg

戦後の典型的な家で、大きな身体の外人さん4人で長時間茶の間をジャック。
出てくる子供はサザエさんちと同じ感想を言ってました。
d0158582_2141186.jpg

確か、ダットサン
d0158582_21414650.jpg

軽トラ
d0158582_21425339.jpg

d0158582_21423054.jpg

三種の神器と言われたテレビ、洗濯機、冷蔵庫
d0158582_21441032.jpg

氷型冷蔵庫
d0158582_21461076.jpg

戦時中の家屋。ガラスが割れて飛び散らない様にテープで補強されていますね。
d0158582_21482982.jpg


d0158582_2148891.jpg

ミニチュアの銀座の町並みで、よく見ると建物の中も見る事が出来ます。
d0158582_2150441.jpg

左側をよ〜く見ると木村家があります。昔は三越側にあった様です。

予定のない夏、また椅子とお手洗いが多いので、一昨年退院後のリハビリに
涼みがてら来ていました。なので母を連れてきたいのですが、
面倒くさがり屋の母はお伴させてくれません。
d0158582_21521548.jpg

d0158582_21515958.jpg

7Fの国技館の見下ろせる和食レストランで早めの夕食。
私は深川丼¥900、R子ちゃんはうな丼¥1200、生姜のビールを注文したら
品切れということで、ごぼうのビールに変更。美味しいかと聞かれれば
ちと困る。ホントごぼうの味そのままでした。

d0158582_9402212.jpg

昨日、今年最後であろうスイカを見つけたので、
お盆に頂いた盛岡冷麺で胃袋の衣替えをしました。

<追記>
映像ライブラリーのことを書き忘れていました。
PCで自分で操作するのですが、その中で寺子屋を見つけました。
江戸時代に識字率が8割だったそうで、入門?するのに現在の¥3000とお酒1升、
踏み机は持ち込みだったそうです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-09-26 09:41 | 散 策 | Trackback | Comments(22)