タグ:おでん ( 15 ) タグの人気記事

前倒しの誕生日

誕生日の前倒し・・・なのにいつものおでん。
d0158582_5203254.jpg

d0158582_5213936.jpg

めずらしく30分ほどお客さんはソーニャとわんこのふたりっきり。
大ママはお休みでママ(大ママの娘)だけ、なので会話が筒抜けでちょっと
話づらかった。
d0158582_525291.jpg

お通しはめばち鮪のポン酢、ヨーグルト豆腐、定番の茶碗蒸し
d0158582_531998.jpg

揚げ銀杏
d0158582_532356.jpg

d0158582_5332164.jpg

うど葱ぬた
d0158582_535987.jpg

揚げにんにく味噌
d0158582_5364378.jpg

げそのピリ唐炒め
d0158582_5413734.jpg

チーズ入りビリ唐すいとん
d0158582_5421235.jpg

d0158582_541569.jpg

d0158582_5451143.jpg

右はおこげ
d0158582_5465071.jpg

胡麻摺りうどん
d0158582_5481437.jpg

抹茶ブリュレアイス
呑みものビール、尚登、みかんサワーでした。
いつもは予約で一杯のおでん屋もやっぱり暑くなるとお客さんの足も遠のくんですね。
わんこの大好きなれ皮のパンツを履く老齢の花板さんは他の店舗の味のチェックで不在。
いつもソーニャの行きつけばかりで、わんことしてはわんこ行きつけを
作りたかったらしい。前回大胆な胸元カットの服を着たお嬢さんが
いたので、聞いてみるとなんとママの娘で21才。それも4ヶ月の妊婦さんだった!
ママってソーニャより若い・・・いくつで産んだの?!
ここで、ママの出産年齢を書くとソーニャの年齢が分かるのでナイショ。
ソーニャとしては新規開拓して欲しかったけど、前回ママの「夏、暇になるから
来てください」に律儀にも約束を果たした形になりました。
でもこれで完全に覚えてもらえたのでよかったのかもね。

ここからは別の話
100才の祖母が他界し、一ノ関に行ってました。
すぐに駆けつけたかったのですが。新幹線が何しろ1時間に1本、
いつも16両なのに10両、その上東日本大震災に向かうポランティアで
チケットが手に入らず、足の不自由な母は車椅子を使うのでまわりに
迷惑をかけるからと行くことを拒み、一人で行きました。

d0158582_6135447.jpg

d0158582_6144016.jpg

昨日、新幹線に乗る前に厳美渓の"かっこうだんご"で一服。
川の反対側の東屋から団子屋にロープがはられていて、籠にお代を入れて
木の板を木槌で叩くとお団子とお茶がもどってくるようになっています。

100才ということもあり、心の準備が出来ていたこともありますが、
病気にもならずして純粋に老衰で苦しむこともなく、
ただただ、「おばあちゃんよかったね」の一言です。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-06-21 07:06 | 馴染み | Comments(36)

んっ十年ぶりのお店

友達から「2通りの名前があるけど、ソーニャとアデリーと
どっちにすればいいの?」「何でアデリーなの?」と度々聞かれるので
「へそ曲がりアデリーの食べればご機嫌」を「ソーニャの食べればご機嫌」に
プログタイトルを変更しました。リンクして下さっている皆さんお手数ですが、
タイトルの変更をお願いし
ます。


亡くなった父と何かのついでに行ったお店をふと思い出すことがあります。
今まで母には言ったことがなかったんです。
それは父が「お母さんにはナイショ」と言われていたから。
父が福島から上京した時によく行ったのが浅草でした。
その中で浅草のおでんの大多福。友達が嫁いだ近所ということもあり25年ぶりに
行ってみました。
d0158582_23335625.jpg

大正4年からの営業だそうです。
d0158582_23352484.jpg

入ってすぐに15人ほどが座れるカウンターにおでん鍋が2カ所、
中程に帳場があり、その奥に入ったことはありませんが、座敷と思われます。
d0158582_23381573.jpg

お通し


d0158582_23394973.jpg

合鴨の薫製


d0158582_23393631.jpg

赤貝の刺身


d0158582_2342620.jpg

つぶ貝、ちくわぶ、蛸


d0158582_23415212.jpg

二人で2合半のボトル2本と白鶴の升酒2杯


d0158582_23441476.jpg

昆布、湯葉、海老ばくだん


d0158582_23452979.jpg

大根、くわい


d0158582_23455972.jpg

はんぺん、うずら


d0158582_23474678.jpg

赤貝のぬた


d0158582_23492734.jpg

お新香盛り合わせ
d0158582_23495286.jpg

〆の茶飯におでん出汁をかけてもらいました。

昭和の匂いぷんぷんでタイムスリップした様でとっても落ち着くお店です。
でも、連れはお酒が入ってご主人の話になると・・・泥酔するんです。
去年もだったけど、かなりのストレスが溜まっている模様。
がんばれトモダチ!!
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-02-17 00:02 | 食べ歩き | Comments(24)

クリスマスには無縁なお店?

今年のクリスマスイブが金曜日ということもあり、新幹線でやってきたわんこ。
ひと月前にわんこに「クリスマスは何処に行く?今までに行ったところでも、
お初でも」即答で「お茶の水の××」最後の写真でお店がわかります。
そうここは、ブログを始めて第一回目に載せたお店です。

そして自分にご褒美のバッグのデビューした日でもあります。

d0158582_21352385.jpg

ポイント交換で、欲しいものがなく名前入りお箸を注文。
あでりーと指定したところ、ひらがなでーは無いとのことで
あでりぃとなりました。
わんこは箱を開けるなり、「あっホントにわんこだ」と苦笑いの
わんこに、わんこ箸をプレゼント。
d0158582_21415494.jpg

お通し かきのポン酢、黒ごま豆腐、茶碗蒸し


d0158582_21423176.jpg

つみれ、大根、がんも、わんこ何頼んだのか?


d0158582_21454285.jpg

厚焼きベーコンの生姜醤油


d0158582_21481562.jpg

あん肝豆腐


d0158582_21485099.jpg

牡蛎おでん
d0158582_21501314.jpg

ちくわぶ、生ゆば、魚スジ
d0158582_2151878.jpg

揚げぎんなん
d0158582_2152984.jpg

鮭のなんたら?
d0158582_21525711.jpg

ごますり出世うどん
d0158582_21544479.jpg


前回と重ならないように注文。
いつもは女将さんと娘の二人で切り盛りしているのに、
この日は若い板前と、ピッタリのパンツに胸の谷間が
見えるVネックの長めのセーターに、付けまつげの20代の
お店にそぐわないいまどきのお嬢さん。
でも正しい日本語と接客にオバサンとしては感心しました。
ここの女将さんのお孫さんだったんです。
小さな頃から祖母と母の仕事を見て育ったんですね。
子は親の背中を見て・・・とはよく言ったものです。

粋な老板さんがたまに出て来てはお客さんを笑わせてくれます。
わんこはそんな板さんがお気に入りなんです。
この日は、その板さんがよその店舗の見回りで留守だと知り、わんこ撃沈。
でも9時過ぎご帰還。
コの字のカウンターで、板さんとわんこの間に6人もいるので、
わんこの気持ち板さんにととがず・・・ちょっと寂しそう。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-12-25 22:12 | 馴染み | Comments(14)

気を使わせるおでん屋

見るからに優しそうでシャイな旦那が居た時はあしげく通っていましたが、
10数年前から違うオジさんに代わっていた。お兄さんらしい。
ひょっとしたら兄弟で交代でお店に出ていたのかも。
d0158582_2320596.jpg

燗つけは今も現役で3本ほど頂きました。
d0158582_23213726.jpg

がんも、玉子、白竹輪


d0158582_23224120.jpg

白滝、ふき、はんぺん


d0158582_23235398.jpg

袋、里芋


d0158582_23244240.jpg

飯蛸、いか、とこぶし


d0158582_23255325.jpg

茶飯


最後に行ったのはたしか5年前、年上の専業主婦と行った時もそうでしたが、
ちくわぶを白竹輪、竹輪は焼き竹輪とうんちくを語り、こちらが注文を
訂正させられる。
今回は、わんこキョロキョロと店内を見渡し、壁一面に飾られている書を
見て「著名な書道家のものですか?支払いの形に書いていかれたのですか?」
口を一文字にした旦那の口元が緩まってきて
「書いて欲しいなんていったことはない・・・」

そして「袋はうちの店が最初にだしたもの。昔はいつ何がきれるか
わからないから、ネタが無い時にとじぃさんが考案したんだ」と語りだした。

店内に4桁の電話番号の板が飾られていて、
「じぃさんが店用に電話を引き、電話××××の前に"お"を付けると
"おでん"となるだろう」
「電話料金を小石川まで払いに行ったもんだ」と
饒舌になって来たところで退散。

d0158582_91825.jpg

[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-06-19 23:50 | 馴染み | Comments(8)

はじめまして

はじめまして。
子供の頃から父に連れられ、あっちこっち食べ歩きに付き合い。
父が美味しかったものを土曜の昼に再現し、
気がつけば胃袋魔人になっていた。
語彙が少なく、文才まったく無しのこんな私の胃袋日記です。

そしていきなり本文突入。
外会議の後にわんこの誕生日を久々のお茶の水ですごすことに。
18時に予約していたので、神田明神下の茶屋で時間潰し。

d0158582_2037140.jpg

白玉あんみつ

18時まで入れてくれない。仕方なく折り紙会館を覗く。

どうにか入店し、銅の瓢箪型のお鍋の正面に着席、隣りに皮のパンツを履いた
オジちゃんに気づいた。70才のここの花板さんが女性と同席??

d0158582_2043403.jpg

お通しは、茶碗蒸し、炊き合わせ、子持ち昆布

d0158582_2123398.jpg

牡蛎おでん 
瓢箪鍋のお出汁で個別に牡蛎を煮てくれます

d0158582_21261793.jpg

牛刺し

d0158582_21285169.jpg

蕨と紫芋の天ぷら

d0158582_21314446.jpg

原木椎茸の塩焼き

d0158582_21324544.jpg

関西風だし巻き玉子

d0158582_21334976.jpg

d0158582_21344122.jpg

d0158582_21351737.jpg

d0158582_2136332.jpg

キクラゲ、餅巾着、玉子、コンニャク、椎茸、芋茎、ウズラ入りがんも、昆布
ごぼう巻き、梅がんも、はんぺん

このはんぺんの別名おっぱいはんぺん。先っちょというか真ん中は明太子。
ここのお出汁がとっても美味しく、すべてお皿がきれいになってしまう。

d0158582_21434966.jpg

出世うどん
白ゴマの沢山入った小さいすり鉢とスリ棒を渡され、
粒が無くなるまでスリスリ。
ゴマだれのうどんて何て美味しいんだろう。うどんは讃岐、稲庭が有名だけど
氷見、大門も美味しい。。。忘れないでね。それも白海老の出汁でね。

この日板長のお誕生日で休暇をとっていた様です。
隣りの女性は他の店舗の元従業員で、後からご主人と友達が
日本酒を持ち込み。それも日本酒の首に立派な房のついた一升瓶。
いつも笑顔であたりのいいわんこはのおかげで、ご相伴にあずかり、
また他のお客さんのお土産のお菓子まで味見・・・。
ママから火が通り過ぎたからと・・。
初対面のちょっと怪しいカップルと板長さん一味としばしの交流。
ほろ酔い機嫌で満足そうなわんことお店を後にしました。

d0158582_228115.jpg


今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-05 00:00 | 馴染み | Comments(5)