<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

出稼ぎは前日入り

出張先に着いて、まずすることはホテルに荷物を置き、
すぐに出張先に行くこと。
当日になって迷子になったことがあり、それもキャンパス内で
ソーニャを探してもらうこともありました。

今回はメールのやりとりがある同い年のお方のところへ。
地図を片手に歩く歩く。
正門から15分掛かるとは聞いてはいましたが。
見つけるのに30分近くかかりました。
ご本人は不在でしたが、抜き打ちガサ入れ。

知らないうちに子分がいた。
なかなか良い人物で、就職してから戻ってきたそうな。
一度社会に出ているせいか、気配りもよくでき好感触でした。
来る途中に学食がありましたが、一カ所はお休みだったので、
彼に学食を案内して頂きました。


d0158582_16094264.jpg
麦ごはん(小)、味噌汁(若布)、おろしカツ&葱塩焼き、揚げ餃子、
アサイー&ベリーヨーグルト合計¥555
研究室の主を発見し30分ほど立ち話をしてホテルに戻りました。

事前にソーニャがどの学食が良い?と聞くとハッキリは云わないが
話を反らすんです。
理由が分かりました。
今までの学食で一番お箸が動かず。

ホテルに戻りテレビを点けたまま1時間ほど寝ていました。
日傘をさしてはいたものの暑さで疲れ、
自分の鼾に驚いて目が覚めました。


3年前に企業の研究者Yさんから「ソーニャさんが名古屋にくるときは
是非ともステーキの美味しいお店にご招待したい」

仕事のことは忘れますが食べることに関しては忘れることはありません。
それが、去年にゴルフで決まってしまい、Yさんも困っていました。
ソーニャにすれぱ、すぐに完売になるぴよりんを何度も運んでくれて
いるし、これ知ってる?と色々とお土産を頂いているのソーニャに
すれば、かなりのよゐこ状態でした。

そして間近になり、Yさんにソーニャひとりで行くのでお店の名前と行き方を
教えてもらい、地下鉄とタクシーを乗り継ぎお店へ。
d0158582_17035427.jpg
d0158582_17044696.jpg
この日ソーニャが呑んだのは、ラ・ロスカ・ブリュッド、フアランギーナ、ペイドックシャルドネ

d0158582_17070988.jpg
このボトルは遠近法で撮ったのではありません。
6本分で、ヴィトンとどこだかのコラボだそうです。
すでに飲酒していたので忘れました。



こちらのコースは3つあり、ボーナス前だから一番高いのを注文すると
心に決めていました。
それがいつも輸入しているファグラさまがインフルエンザの為に
輸出できず、コースは2つだけ。
Yさんがいつも食べているまん中のコースに。
d0158582_16102944.jpg
ローストビーフ


d0158582_16104960.jpg
鰹のロースト 粒マスタードソース

納豆見えますか?
d0158582_16172965.jpg
筍醬油バター チーズ焼き

シンプルに煮た筍わチーズを乗せて焼くと美味しいんですね。


d0158582_16175943.jpg
さつま芋のスープ


d0158582_16195543.jpg
新玉ねぎと縮緬じゃこのペペロンチーノ

これゆかり入りのふりかけが掛かってて、いくつでも食べれちゃう。
d0158582_16222463.jpg
手羽先の薫製

ほうじ茶で燻されていました。

d0158582_16241176.jpg
信じゃが芋の揚げ煮 タバスコマヨネーズ


d0158582_16253312.jpg
交雑散る土熟成牛テンダーロインステーキ


d0158582_16255603.jpg
インド風カレー
炒めカレーです。

d0158582_16262588.jpg
デザート、左から冷凍ブリン、小豆のババロア、巨峰のゼリー、パイナップシャーベット

d0158582_16264376.jpg
かなりの満足♡

ここ、とっても分かりづらいです。
ホント隠れ屋でした。

まだ半年も経っていませんが、今年一番美味しかったお店になる予感がします。

明日はお仕事です。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-28 18:11 | Trackback | Comments(10)

GWに作ったモノ 2

またもソーニャんちの卓袱台


行ったつもり弁当は
d0158582_00072721.jpg
筍ご飯、蕗の青海苔まぶし、牛肉の甘辛焼き、筍・椎茸・人参煮


d0158582_00074799.jpg
明太子クッパプ


d0158582_00080505.jpg
クラブケーキ

ソーニャは初めての料理では、材料だけメモして仕入れ、作る段になって初めて
作り方を読みながら作ります。
なので、作りながら用意したのに使われない材料が出てくることがあります。
材料にあるのにどこで使うのかが書かれていません。(これが初めてではない)
クラブケーキつてコロッケみたいに衣とかがないのだろうか?
でも母が美味しいというので良しとしました。


d0158582_00083085.jpg
郷土汁であまった食材を使ってひじき煮


夏休みに使うバックが欲しくて、いつものバッグ屋さんに
電話すると12時〜15時の間に来てと云われ、
フィットネスのプールを終えてから直行です。
こちらのショップのおねぇさんは一見さんを嫌がり、
マンションの一室で知り合いのみで営業しようと企み中。

このおねぇさんイタリアに買い付けに行ったり、
自分でデザインしたり、デザイナーさんの限定5つとかと
拘りがお見事。
ソーニャの好みがあると教えてくれるのでありがたい。

到着したのが1時過ぎ。
まずはお昼ご飯たべないとということで、
西新橋にあった四川飯店のオーナーに可愛いがられていた中川さんの
お店に行くと50分待ち。
空いたら携帯に電話をくれるようにしてもらいました。
こちらのお店自体25年、西新橋から数えたら33年だぁ。

一旦、バッグ屋に行ってお昼ごはんの電話待ち。
電話をもらい、お店に行くとホールにいつものお兄さんの姿が見えません。
お客さんが引いたときにはよく立ち話してました。
そんなおにぃさんはたまたまお休みだったのか?

d0158582_00095514.jpg
d0158582_00101176.jpg
五目焼きそば、中華サラダ、ザーサイ、タピオカミルク小豆入り


バッグ屋さんに戻り、バックの物色です。
丁度、常連さんがお二人来てて、ひとりは服、もうひとりはお財布と
にらめっこしています。

ソーニャはお客さんなので、悩んでいると背中を押してしまう癖があります。
以前もソーニャの母ぐらいのおばあさんが小さいバッグを
選びきれないようなので、真っ赤をススメたところお買い上げ。
今回も案の定。
お客さんが居なくなったところで、ソーニャゆっくりと物色し、
バックパックをお買い上げ。


一週間後、残業し山野楽器で探し物をしてて、パックパックの
ファスナーが内側の布を噛んでしまい、ファスナーが全く動きません。

7時20分に助けのMailを入れると待っていてくれるというので、
大急ぎでバッグ屋さんへ。
するとおねぇさんは「昼から何も食べてないの、ごちそうするから
食べながら直そう」ということで、行きつけのお店に電話し
閉店していましたが、翌日の仕込みをしていたので、
開けてくれました。流石顔ですね。

d0158582_00110806.jpg
ここの味付け好きだぁ。
こちらのオーナーのおねぇさんは定年前に脱サラして和食のお店を
オーブンしたそうです。

ひとりの時にはバツグ屋のおねぇさんと同伴したと云ってくれれば
+αしますからと嬉しいひとこと。


先週、予定がズレて午後から八重洲にいく事に。
お昼ごはんを食べていなかったので、野暮用先の近所に
六本木のジャスミン・タイの八重洲店を発見。
d0158582_00233671.jpg
蟹と卵のカレーランチコース

ここでミスなんたらのように八頭身で、ソーニャが見たタイ人の中でも
ダントツにキレイなおねぇさんを発見しました。
ソーニャ午前中とても不機嫌でしたが、キレイなおねぇさんのおかげで
イヤな気持ちがすっ飛んで行きましたワ。


d0158582_00234546.jpg
こんなお菓子見つけちゃった。
なんて昭和ちっくなんでしょう!


















[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-24 01:34 | Trackback | Comments(21)

今更GWに作ったモノ

いきなりソーニャんちの卓袱台
d0158582_00143566.jpg
富山の白海老三昧(フカヒレ、数の子)を使って押し寿司。
ご飯1合を圧縮して半分おべんとうに。


d0158582_00145775.jpg
あさりと春キャベツとそら豆の酒蒸し


d0158582_00160215.jpg
牛肉を醬油、ニンニク、生姜、砂糖、酒に30分ほど漬けて焼きました。



d0158582_00330209.jpg

蛸のトマトソース煮込み(マダガスカル)
材料は蛸、トマト、エシャロット、ニンニク、油、瑞、塩・胡椒



d0158582_00334643.jpg
牛肉と豆の煮込み(マダガスカル)
材料は牛肉、豆(ひよこ)、トマト、エシャロット、大蒜、カレー粉

d0158582_01232650.jpg
豆のシチュー(カメルーン)
材料は大きな豆(いんげん)、トマト、トマトペースト、玉ねぎ、ソーセージ、
リーク(長ねぎ)、大蒜、生姜、乾し蝦、油、塩、スープキュープ

アフリカ大陸の国の位置ぞのぐらいわかりますか?
マダガスカルは島なのでアフリカ大陸で分かり易いですね。
アイアイ。キツネザルの生息地で、主食が米、唐辛子を使った料理好まれます。


カメルーンは中央に位置し、ギニアの上、でコンゴ、ナイジェリア、チャド、
中央アフリカに囲まれた三角の国です。



アフリカ・アラブのクッキングブックは文字だけで写真がありません。
なのでこんなかなぁ?と作っています。


d0158582_00422892.jpg
職場の後輩が誕生日に帰宅したら家族に誕生日を忘れられていたと云うので、
不二家に買いにいくと、こんな可愛いアルミホイルがおまけで付きました。


d0158582_00424769.jpg
小田急線の箱根そばに期間限定でローストビーフそばのポスターが貼られていました。
乗換え駅でない箱根そばに入るとローストビーフそばはありましぇん。
暫くたって乗換駅で発見。以外とイケマした。¥780






中国料理で昼間っからお酒の前菜でポン太所長がウィグル風黒酢和え"に

これ、思いっきり気になるポン!
一言では言いにくいと思うポンが、そういうものを使ったらウイグル風になるポン?

d0158582_01111583.jpg
まん中のがそれです。老麩というグルテンです。
よくよーく見ると穴あきチーズみたいに気泡がいくつもあります。

上海風は醬油煮になるところを
ウイグルでは黒酢+パクチー+芥子で和えています。

明日から出稼ぎに出ますので、ブログまわりちょっとお休みです。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-19 01:39 | Trackback | Comments(16)

友だちの寄席デビュー

以前わんこと3回寄席に行ったところ、1回目は末広亭でここまでは
良かったのです。一年後のGWに2度目の末広亭で前回と同じ噺家さんが
4人ほどいました。その中に前回と全く同じ話をした人がいました。
ちなみにわんこの好みは桂歌丸師匠と柳家小さん師匠。
その2年後?に浅草演芸場に行くとなんと同じ話の人が
出演していました。チェックを怠ってしまった。
浅草だから落語協会が主流だと思っていたのです。
末広亭は落語芸術協会で浅草演芸場は落語協会だから
いないと踏んだのです。
そそそ・・・・それが居るじゃん。またも同じ話でした。
それ以来、わんこに寄席を誘っても拒絶されるようになりました。

そのことを友だちに話すと寄席に行ったことが
ないから付き合ってくれるという嬉しいお言葉。

同じ話をしたのは師匠が亡くなり、桂歌丸さんの下に預かり? に
なりましたが、直弟子ではありません。
一時期、ルックスの良さも手伝い、TVでよく見ていました。過去完了。

友だちとは現地集合。
なにしろ並ばなくてはならない。
ソーニャはお弁当調達係。

入場し、前から7列目のど真ん中を確保しました。
着席して一番にすることは、まずお手洗い、そしてお弁当の用意。
前座になると300人のキャパの8割りが一斉に腹ごしらえです。


伊勢丹、アンデルセンのIt's SANDWICH MAGIC

d0158582_13323750.jpg
こちはソーニャのこいのぼり、人参のスティックが一本入っています。
これって鯉のぼり(まん中3つ)の支柱のようです。

d0158582_13325536.jpg
少食な友だちはは小さなサンドイッチとほうれん草とベーコン?のキッシュ


当日出演者

落語  桂 竹千代
太神楽 鏡味味千代
落語  三笑亭可風
落語  三笑亭夢丸
曲芸  ハッポウくん  
落語  桂 右団治
落語  桂 歌助
漫談  ぴろき
講談  神田 紅
落語  三遊亭とん馬
コント チャーリーカンパニー
落語  桂 米丸

-------  仲入り ------
落語  桂 枝太郎
漫才  東 京太・ゆめ子
落語  三遊亭好楽
落語  桂 米福
奇術  北見伸・ステイファニー
主任  桂 竹丸

友だちは初めての寄席なので、ハズレの無いイロモノが
揃っていることが条件です。

チャーリー・カンパニー、ぴろき、京太・ゆめ子。
これで面白くないというならば、笑いのツボが違うってこと。


当日にならないと出演がわからないところがあります。
40年ぐらい前に米丸師匠の自宅に畳敷きの弟子の練習場を
作り、一般に公開していました。¥300ぐらいだったかな?

噺家さんと交流がある友だちがおり、末広亭の昼の部を
終えた噺家さんらと焼鳥&カラオケによく集いました。
楽しかった思いでです。

友だちは92才の米丸師匠を生きている間に見られるなんてと感慨無量。
ソーニャの読みも大当りで、三遊亭幸楽師匠が笑点よりずっと
面白かったから、また誘って欲しいとリクエストされました。


その後、喉がカラカラで、友だち情報の伊勢丹の賚果(らいか)へ
d0158582_20275515.jpg
かき氷あまおう¥1944
ゴージャスでしょ。
甘〜いミルクはなく、濃厚あまおうソースが掛かっています。
隣の家族連れのお父さんがガン見です。



友だちが小田急百貨店で北海道展があって北菓楼が来てるということで、
もちろん開拓おかきを購入に行きましたよん。

北海道展のイートインで『スープカリーばぐばぐ』かに
良い匂いが。
富良野ベンダーポークとグリーンアスパラガスのカレー¥1500は
完売でした。
d0158582_20282658.jpg
帆立貝のスープカリー。
お店のHPにはありません。
帆立貝と帆立の稚貝が入っていました。

残年なこに完食に近くなるにしたがって、帆立の貝殻の欠片が口に
ザラザラと残りました。
貝殻をいくつも入れれば、貝同士が擦れて欠片が出るんだから
漉すってこと考えないかな?



こんな切手が出ています。
鎌倉とスヌーピー。鎌倉の大仏がなんとも可愛らしい。
d0158582_22194681.jpg
d0158582_22201769.jpg






[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-14 21:22 | Trackback | Comments(12)

GW出勤日の食事

全てはここから始まった。

月曜日の昼は東京フォーラムのスパイスplusで焼きたてのナンと共に。

d0158582_22343086.jpg
ほうれん草とチーズのカレー

おなじ日の退社後にグルーミング。お腹が空いたので
食中毒を出して開けば満員御礼の中国料理店に行くと定休日でした。
仕方ないので、裏にあるカレーのお店に。
d0158582_22354689.jpg
ハンバーグカレー


翌朝、前々から狙っていた京橋千疋屋京橋本店のモーニング
6時半に家を出て、8時営業開始5分後に到着。
気合いを入れて行ったのにソーニャは2番目、9時まで
誰も来てません。
ワッフル、サンドイッチとあるのですが、どうも足りなそう。
そう云えば、一時朝イチローの朝カレーが流行りましたね。
フルーツカレー、今回が初めてしたが、うぅ〜思い残すことなし。

d0158582_22360600.jpg
d0158582_22364787.jpg


その昼には交通会館地下の虎杖
GWに¥950の肉盛りカレーが¥800になるというので
事前に決めていました。ローストビーフがくるんくるんと巻かれて
いて、見た目よりかなりありました。
d0158582_22370575.jpg
肉盛りカレー


※なんと4食続けてカレーだったんです。
つくづくソーニャは日本人なんだなって頷く。



d0158582_00330170.jpg
友だちの名前のワインを見つけて購入しておきました。
忙しい彼女が仕事で銀座に来るということで物々交換をしました。

彼女が高級旅客船に乗ったお話を聞きあっと云う間に1時間半経過。
慌て帰社。話上手な彼女といると時間を忘れてしまいます。





三越で見つけた徳島の田舎寿司。
三角蒟蒻に切れ目を入れて、薄めの甘辛に煮て
ご飯を詰めています。
なんか帽子被ってるようで可愛い。
d0158582_22593534.jpg
田舎寿司



退社後、銀座で探し物歩き、GINZA6にも行きましたが、
もう行く事ないだろうな。

疲れ果てて一風堂の暖簾をくぐると
私は誰、個々は何処という外国人観光客ばっかり。
d0158582_23001423.jpg
ビール&ひと口餃子

d0158582_23003615.jpg
白丸スペシャル




ソーニャんちの卓袱台


郷土汁は
d0158582_23511828.jpg
いも煮汁(山形)
具: 里芋、こんにゃく、長ねぎ、生椎茸、舞茸、しめじ、
出汁: 鰹、醬油、酒

職場に山形県人が2人おり、地域によっては豚肉、牛肉、
味噌仕立てとあるそうです。

せんべい汁(青森)
具: 鶏もも肉、ごぼう、人参、長ねぎ、生椎茸、キャベツ、南部せんべい
出汁: 煮干し、醬油、みりん、塩

d0158582_23522834.jpg
若竹汁(長野)
具:筍、じゃがいも、大根、鯖の水煮
出汁: 昆布だし、信州味噌

d0158582_23545508.jpg
ひっつみ汁(岩手)
具: 鶏もも肉、白菜、長ねぎ、しめじ、人参
  薄力粉にぬるま湯で生地を作ります
出汁: いりこ、醬油、酒

ひっつみは手でちぎることを言います。
ツルンとして喉越しが良いです。


GWの手作りは近いうちに。



[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-10 00:39 | Trackback | Comments(6)

香川・愛媛かおりひめ


三原堂の練り切り
d0158582_22044582.jpg
菖蒲・吹き流し
こいのぼり・かぶと





前から気になっていたせとうち旬彩館・かおりひめ
わんこにオリーブ牛と蛸の唐揚げを食べたいとブツクサ。

5時半に着いたのにすでにテーブルの上には
予約席のプレートでいっぱい。
でも運よく2人だけ空いていました。

30分後に順番ボードを見ると5組がお待ちです。
今どき、こんなに入れ待ちされるお店珍しいです。
まして、この日は火曜日なんですもん。


d0158582_22051808.jpg
夏心おいでまい(純米)


d0158582_22053523.jpg
オリープ牛 赤身ステーキ



d0158582_22063068.jpg
蛸の唐揚げ



d0158582_22070103.jpg
焼き玉ねぎ



d0158582_22102854.jpg
炙りいりこ酒

温められたワンカップにいりこが別皿で運ばれて、
自分でいりこをちぎって入れます。



d0158582_22105196.jpg
釜玉うどん

ソーニャは生卵を受け付けません。
なのですき焼きは生卵なし。
それを知ってるのにわんこときたら生卵を混ぜ込んだうどんを
ソーニャに差し出すんです。
この命知らずめが。。。

d0158582_22111713.jpg
鯛めしおにぎり


飲酒なしの若い男性、おひとりさまの若い女性が2人と入り易いお店です。
アンテナショップは宣伝を兼ねているから少し安い設定ということも
あり、懐かしんで来るお客さんもいるから店内がそこそこの賑やかさです。




ソーニャんちの卓袱台

d0158582_22343055.jpg
うどとおまめの煮物


d0158582_22350122.jpg
うどの皮のきんぴら


d0158582_22352701.jpg
ふきの青海苔まぶし

独活のきんぴら食べたさに独活を煮ます。
鬼平犯科帳に煮た蕗を青海苔でまぶす料理が出てきます。
簡単だから試してみました。
開封したての青海苔を使い良い香りが日本酒をすすませてくれます。



手作り豆腐は美味しい。
大きなお鍋に水を入れちょっと浮く様にもうひとつ
お鍋を入れて作ります。
でもね、豆腐と同じ量のおからができます。
これが問題なんです。
捨てるに捨てられずで暫く作っていません。

手作り豆腐のキット?を見つけました。
五徳の中に固形燃料。


d0158582_00113268.jpg
d0158582_00114565.jpg
お豆腐出来上がり〜

かなりの横着豆腐ではあるけど、市販よりはずっと美味しいです。



[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-05-05 00:19 | Trackback | Comments(10)