<   2014年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

習いごと (赤ピーマンの詰めもの)

2007年に習っていたスペイン料理です。
こちらのお教室で頂くレシピには写真が付いていたので
写真のないモノと全体の写真だけを撮っていました。
3年習っていて、自分でも分からないのですが、
修了すると写真削除していました。
d0158582_2371276.jpg

奥から
     トマトとオリーブのサラダ
     鶏肉のエスカベチェ
     赤ピーマンの詰もの
     カタルニアグリーンピースのミント風味
     ケサーダ(デザート写真なし)



d0158582_23203890.jpg

餃子                    茸の炒め物

アラゴン風ライスサラダ      鶏肉のチリンドロン

ニンニクのスープと卵黄のトゥロン(お菓子)の写真が見当たらす゛。
スペイン料理は5人のグループで組んでもらいました。
私以外は弓田亨さんのイル・プルー・シュ・ラ・セーヌの生徒さん。
イルブルを修了してから偶然某中華料理研究家のところでバッタリ。
そこにソーニャが足されてひとクラスに。
それを知ってるスペイン料理の先生から中国料理をリクエストされ
餃子2種と2つを作りましたが、なにせ2007年なので記憶が。。。



ソーニャんちの卓袱台

秋刀魚で何か作り足りない。蒲焼きを作っていませんでした。
d0158582_23362813.jpg

秋刀魚の蒲焼きと白菜甘酢漬け
白菜の甘酢づけは、白菜1/4をザクザクと切り、茹でる。冷水に浸けて
力の限り水分を切り、中華スープ・酢・砂糖・ごま油・水・マスタードを
ボウルに入れ、混ぜて味を馴染ませます。
お鍋をあまり作らないので、白菜が残ってしまうので
そんな時に作っています。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-10-31 00:06 | Trackback | Comments(22)

習いごと (鯛)

お魚料理教室最後の日です。

師範台
d0158582_03044.jpg
                 鯛の昆布締め

        鯛と豆腐の潮汁       鯛のカルパッチョ




ソーニャ作
d0158582_083474.jpg

          鯛のカルパッチョ

       鯛の昆布締め        鯛と豆腐の潮汁
   
1kgの真鯛をeくんと半分こ。切り身一枚から3種類分を切り分け。
ウロコを取るのはいいけど、エラを取るのに骨がおれました。
調理ばさみで切り取るのですが、エラをパチパチと切っているうちに
気分が悪くなる始末。

涙目のソーニャにeくん「姐さん、気分が悪くなるようじゃダメじゃないの」

「鯛はしゃぶしゃぶと刺身、カルパッチョのようなものしか食べないから
頭を捨ててしまうから大丈夫だもん。それに柵で買うこともできるし」
と言い訳三昧。

11月からはeくん多忙になるのでソーニャひとり参加になります。
そこで、eくんお魚教室のあとに必ず寄る銀座のBarに12月の鯖のを
運ぶ約束をしたので、お店の場所確認で1時間弱お邪魔して帰宅。


この後にビックリすることがありました。
寝る仕度をし、お昼休みに読もうとしたらお客さんが来て読めずじまい
のお方のところに行くと、コメントが入っていました。
それもハンドルネームは確かにソーニャです。
カクテル一杯で酔ってしまったのかと、明日の朝にまた見てみようと
そのまま就寝。

自分がコメントをしたことに覚えがないということにショック。
ボケた?

でも、コメントはローストチキンのあとに腿を外してスープストックを・・・
ここでハテ?
タンドリーチキンと焼鳥は好きだけど、ローストチキンは作ったことがない。

今日は野暮用で夕方帰ると今度は私のプログに私のハンドルネームで
コメントが入っていました。

知らない人が読んだら、自分のブログに自分でコメントしてるって
変ですよね。どうしていいものかとエキサイトのヘルプを読んで
パスワードを変更しました。
コメント2つはとっても上品でソーニャよりもシッカリとした中身と
文才があるので、首を捻るばかりです。

でも誰が何のために?

ソーニャのハンドルネームのコメントがまだ他にもあるかと覗いてみたら
gooを使っているブロ友さんがにコメントを入れると私のハンドルネームが
表示されるというコメントがありました。


お魚料理に行く前に俺の蕎麦で
d0158582_1232577.jpg

胡麻盛り¥450
量が多すぎな上、田舎蕎麦のようなニ八のような。
麺の上に大量に乗ってるのは胡麻です。
あっそうそう麺つゆに辣油が入ってました。
完食したら胃袋が暫く痛くなりました。



ソーニャんちの卓袱台
d0158582_111078.jpg

やせっぽちソプラノノキッチン、Mchappykunさんのチョリソーとムール貝のマリエール
ムール貝、チョリソーとどちらも大好き。
Mchappykunさんになかなかチョリソーが見つからないとコメントしました。
袋に入ったチョリそーはあるのですが、それはウィンナーサイズ。
Mchappykunさんの使ったチョリソーはシャチハタのデータインサイズなんです。
これが食べたくて何カ所のデパ地下を探したことやら。
結局はなくてデパートで量り売りのチョリソーで妥協。
美味しかった♡ ごちそうさまでした。


d0158582_1205055.jpg

スペイン料理、丸山久美さんのところで教わったラムのムルシア風
丸山先生のところで一番リピしてるかも。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-10-26 01:31 | Trackback | Comments(26)

習いごと (蓮餅あんかけ)/塩焼き以外の秋刀魚

朝、今にも降りそうな空模様に洗濯を諦めていたら急に青空が広がり
急遽お洗濯。
江の電始発駅にて、一列めと二列めに小学生の男子・女子が並んで
いたのですが、入線と同時に男の子が割り込み。
乗車するなりどちらに座るかと入口を塞ぎだす始末。
この日は小学生でしたが、オバサマのグループなんて
目も当てられないんです。
お教室で先生にお会いするのは楽しみですが、江の電が苦痛。

S子ちゃん、屋号のような名字のお方、初めてだけど力でアジアを制覇し
中東をめざすNちゃんと話尽きずで大騒ぎでした。



d0158582_2230455.jpg

    蓮餅あんかけ       柿なます     

  ●椎茸の鮑もどき  芋田楽   ●抹茶葛餅

       人参ご飯     羅漢汁

●印は予定外



ソーニャんちの卓袱台

d0158582_2237185.jpg

秋刀魚の両つま焼き
お魚料理教室で習ったので復習。

d0158582_22385828.jpg

秋刀魚の大蒜煮
お鍋にコチュジャン、粉唐辛子、酒、砂糖、醬油、水を沸騰させて秋刀魚、
大蒜、葱を入れるだけ。


d0158582_22491612.jpg

秋刀魚の南蛮漬け


d0158582_2254656.jpg

白身魚とジャガイモのテリーヌ
テリーヌデビューですが、本来は鯛のところを失敗したら勿体ないので
鱈を使いました。ソーニャ事前に読むことはなく、材料が揃ったところで
レシピに目を通します。
いきなり、ぎゃぁー。
クッキングペーパーを敷くのに四隅がかくかく。
どうカットしていいのやら。
突っ込んだだけ。

Cchichiさんに個人レッスンをしてもらうことになったけど、
初テリーヌは帆立とかがいいんじゃない?とアドバイス。





いただきものぉ

d0158582_22552100.jpg

ピエール・マルコリーニ
関西のいつものお方に。

d0158582_22553781.jpg

よいとまけ
北海道の新しいおみやげです。
まわりにハスカップのジャムが塗られ、そのまわりに何故かオブラート。
食べるとお砂糖でジャリジャリ。
地元では分けづらい、食べすらいけど、美味しいと評価されているそう。
月末にまたいらっしゃるのですが、違うのにして欲しい。。。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-10-22 00:05 | Trackback | Comments(18)

あいさつから始まって

いつも同じ時間帯になると会う人っていませんか?
よその会社で独創的なファッションをしているお嬢さんがいました。
何度も会うので自然と言葉を交わすようになり、
それから暫くして、同僚の女性を紹介してくれました。
最初の彼女は鹿児島の母上が彼女の年には結婚していたとかで
円満退職し、その後紹介してくれたR奈ちゃんと週に2度は
お話する機会があり親しくなったのですが、去年末で
結婚するということでこちらも円満退職。
近くにくるということでランチのお約束。

竹の庵本店に予約したのに当日それも1時間前になって
工事中のビル!Fから上の階に粉塵が上がり11時半には。。。
とっさに3丁目店があることを思い出し、3丁目に移動。
粉塵を片付けている最中なら12時というのもホント?
本店と3丁目店はメニューが多少違いますが、お値段は同じで・・・


d0158582_22435227.jpg

岩手産濃厚豆乳の手作り寄せ豆腐と秋茄子の胡麻和え


d0158582_22442590.jpg

若鶏卵の木の子茶碗蒸し〜ふかひれあんかけ〜


d0158582_22454292.jpg

旬秋刀魚の菊花和え〜煎り酒で〜


d0158582_22455686.jpg

美皿島梅酒焼き〜豆乳バターソース〜


d0158582_2248147.jpg

秋鮭と長芋たまり漬け押し寿司


d0158582_22495135.jpg

蟹豆腐味噌豆腐揚げ出し


d0158582_22501733.jpg

栗ごはんと赤出し

d0158582_22504048.jpg

丸十葛寄せとマンゴージュース

¥3,980→¥2,980
お料理は丁寧で、満足ができるモノでした。
でもいつまでかはしません。

R奈ちゃんが高校生の頃はルーズソックス、そしてガングロ経験があったと
云うお話に興味津々です。へぇ〜と興味津々のソーニャ。
お話が尽きず、気がつけば2時間半もお昼に費やしていました。
普段、朝は15分前に出社しているのでおとがめなしでした。

今度は鹿児島の彼女も一緒に会う約束をしました。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-10-17 00:33 | Trackback | Comments(26)

赤ずきんちゃんバッグ

82才の母の幼なじみがご主人を亡くされてソーニャんちから
2時間のところに独り住まい。

グラタン、ラビオリが好きだというので、作ってあげると約束したら
オーブン機能のある家電がないということで、ソーニャが自宅から
作って持参するしかありません。
でもあの熱いグラタン皿をどう運ぶかが問題。
裁縫とは縁の無いソーニャですので、ソーニャの裁縫担当の
パンのお教室で知り合ったH子さんに熱い耐熱皿を運ぶバッグの
作成を依頼しました。

今までH子さんには袖直し、レース無しのスリップ、気に入った
ワンピースの素材をドイツのベルベッドで作ってもらったりと
縫い物に困った時のH子さん。


d0158582_18501563.jpg

赤ずきんちゃんバッグのデビューにはラビオリを作りました。

d0158582_18503615.jpg

赤ずきんちゃんバッグに詰めるとこんな具合。
バッグの底には同じ柄のキルティングの下敷きがあるので電車で膝の上に
乗せていましたがこれからは湯たんぽ代わりにいいかも。




ソーニャんちの卓袱台

d0158582_17432438.jpg

池波正太郎の江戸料理帳から"浅利のぶっかけ"

d0158582_17454161.jpg

平壌冷麺
行きつけのエスニックの食材店で新製品"ダシダ"を発見。
牛肉スープの素です。朝に熱湯にダシダを伸ばして冷蔵庫で冷たくし
帰宅してから麺を茹でて具材を乗せて冷やしたスープを注ぐだけ。
手前に白いのは梨です。


d0158582_17462445.jpg

さんまの韓国風
醬油、コチュジャン、みりん、酒、葱と大蒜のみじん切りに浸けて焼いています。
人参はナムルです。


職場の後輩が小学生の娘と文房具を買いに行ったそうです。
昔、香り鉛筆ありまたよね。
当時は花の香りだったような? ハテ?
後輩が気になったのは"焼き芋"
バラで買ったそうです。1ホン¥60ぐらいとか!?


昨日、"いつも心に太陽を"を録画し、先ほどまで見ていました。
小学生の頃にTVで見て、シドニー・ポワチエの演技に魅了されました。
水泳、テニスの選手に白人がいない時代だったこともあり
黒人が白人の学校の先生にという設定が衝撃的でした。
アカデミー主演男優賞?を黒人で初めて取ったと淀川さんが云って
記憶があります。学園もののハシリだったとも。
やはり小学生の頃に見た"小さな恋のメロディ"と共にイギリスの
中流以下の家庭の様子を垣間みることが出来ました。

ガキと大人の違い、同じ土俵だと同じレベル、その状況をどう乗り切るか
2時間の中で小学校高学年のソーニャでも夢中にされた映画でした。
やっぱり心に響く昭和はいいもんです。


d0158582_18532015.jpg

ただ今、剣客商売を鑑賞しながらハラミステーキ食べてにごりの方を
呑んでます。へへつ
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-10-12 18:47 | Trackback | Comments(28)

俺の・・・第2弾

午後から半休を取ってRieちゃん、リンちゃん、Chicchiさんと4人で
俺のシリーズの"俺の割烹"へ。 
尚、詳しいことはリンちゃんのブログこちら

こちらの開店は15時です。

d0158582_21203131.jpg

まずは獺祭スパークリングを。
一杯めは澄んだ部分、二度目はにごりと2度楽しめるとの説明で注文。

d0158582_21232990.jpg

原価出し毛蟹
いろいろと混ぜられていましたが、余計なことせずにシンプルに
頂きたかった。イクラ嫌いとしては。

d0158582_2121522.jpg

鮑の奉書焼き
奉書から出してくれ、鮑の他に帆立も入っており、鮑の肝のソースで
頂きました。

d0158582_21253262.jpg

オマール海老の冷製
次々に熱々料理が来るので、半永遠と後回しになって冷製が常温状態で
成仏させてあげられなくてゴメン。南無・・・

d0158582_21261890.jpg

甘鯛のアクアパッツァ


d0158582_2127324.jpg

鱧と松茸鍋


d0158582_21274015.jpg

七田


d0158582_21284999.jpg

海老天婦羅
カリカリの天婦羅の中身はプリプリでした。

d0158582_21293163.jpg

岩中豚カツ
自分が豚肉を食べないくせに●印が付いていたばかりに注文し、
骨の沿った部分以外はほとんど脂身で、お料理を運んでくれた男性と
マネージャーがリンちゃんにピンポイントで「この脂身美味しいでしょ」と声を
かけてくるので、リンちゃん1/3以上食べてくれました。
リンちゃんごめんよ〜。
牛より豚が愛されていると知り注文しちゃった。
ソーニャは豚カツとなるとヒレしか食べまへん。

d0158582_21302531.jpg

黒毛和牛焼き
ライオンさんチームのソーニャの手が止まらず。

d0158582_2131473.jpg

鯖寿司
ソーニャはパス。

d0158582_21314689.jpg

蟹クリームコロッケ
素直に美味しい。

d0158582_21325352.jpg

からすみ蕎麦
この子は残念。

唯一の不満それは、ここもテーブルチャージ¥300の他に
ミュージックチャージ¥300が掛かります。
この日はジャズ。父が若い頃にジャズが流行っており、父と同世代の
オジさん宅にはジャズのレコードがある。演奏されたのはマイルス・ディビス。
マイルス・ディビスはトランぺッターでしたが、この日はサックスホン、
曲名は知らなくても耳が覚えています。
1時間50分中の15分。
お料理が来ても暗くて生演奏が終えるまで写真が取れずちょっとイラ。

4人もいたのであれやこれやと食べられて楽しかったけど
隣の70才ぐらいのオジさまと60才ぐらいのオバさま2人連れは
あまり注文できなかったようで気の毒。
料理の量からいって4人で行くのがベストです。

ひとり¥6100ぐらいでした。



中国茶の三徳堂
d0158582_21334940.jpg

シャイティァオ
¥1380って高っ
シロクマの倍以上なんだもの。

d0158582_21363821.jpg

ラドゥ
"マダム・イン・ニューヨーク"で主人公シャシの得意とするラドゥを
Rieちゃんが作ってきてくれました。
ひよこ豆のお団子にカルダモンの香りに包まれてお菓子です。
以外と美味しかった。
Rieちゃんごちそうさま。

半休で行ったので場所の確認にHPを見るとスパニッシュが増えていました。
次回はスパニッシュに挑戦する象!
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-10-07 00:16 | Trackback | Comments(28)

築地の劇場

一昨年だったか築地に行った時に鯨カツカレーの写真に目を
奪われずっと気になっていました。

築地本願寺のブディストホールで三波豊和さん座長の"殺しのリハーサル"に
仲雅美さんが出るということで、築地に行って参りました。
その前に腹ごしらえ。
鯨の登美粋へ。

d0158582_1155731.jpg

時間が止まったかのような店内です。

d0158582_1162298.jpg

鯨ステーキ丼、鯨の立田揚げ、グラスのは駄菓子屋さんの梅のジュースを
サワーで割ったモノです。


鯨カツ丼にするか鯨カツカレーにするかと迷っていたのに鯨ステーキ丼に変更。
鯨はビタミンAが豊富で低脂肪、低カロリーなヘルシー食として注目。
牛肉、豚肉と比べて蛋白質がおおく脂肪のほとんどが良質の
多価不飽和脂肪酸の為、成人病の予防に良いそうです。


休日の築地場外はほとんどがお店を〆ているにも関わらす、
ランチの観光客でごつた返していました。


12時半になったのでブディストホールに移動。
席は最前列のど真ん中。
それもステージまで1mありませんでした。

元タカラジェンヌ、元劇団四季は演技が大き過ぎて苦手でしたが、
TVドラマ出身の仲さんの演技は鼻につかず花丸でした。

お昼にアルコールを摂取していたのに睡魔に襲われず良かった。
最前列のど真ん中で寝てしまったらどうしようなんてことに
ならずちゃんと目を開いておりました。




d0158582_0534612.jpg

交通会館のひょっとこに寄って¥730のチャーシューメン。



ソーニャんちの卓袱台

d0158582_102597.jpg

冬瓜煮
京都で買ってきたお皿が映えまへん。

d0158582_10506.jpg

里芋と烏賊の煮物


d0158582_11192.jpg

ビビム麺
唐辛子とコチュジャンの入れすぎで鼻水っ娘に。



d0158582_1144818.jpg

友だちに依頼していた合羽橋で購入したガラス皿用のバッグが
仕上がり届きました。布も形もお任せでしたが、ソーニャが想像していた
バッグ以上の良い出来です。底には厚手のキルティングが敷かれ
熱々のラザニアでも入れられます。まるで赤ずきんちゃんの様。♡
友だちはあまり切れだからと無料。2着のTシャツの袖直しもあるのに。
赤ずきんちゃんバッグのデビューが楽しみです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-10-02 01:33 | Trackback | Comments(28)