<   2013年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

棚の裏から発見 ②

友だち家族と豪華上海料理を満喫した翌日のこと。
胃が痛くて目が覚めた。
旧正月ということもあり、空港で加入した保険の指定病院が
どこもお休み。
この日は友だちの100才近いお爺さんを囲んで親戚が
50人近くがレストランに集合することになっていました。
こんな日にソーニャ体調不良とは。。。

友だち宅の目と花の先にある総合病院に母上が連れて行ってくれました。
病院で驚かされたこと。
受診する前に支払いをすること。血液検査、鎮痛剤注射、CTスキャン・・
全て前払いでした。ってことは現地の方々は踏み倒すってこと??
医者と面と向かって受診している真後ろで次の患者が待っていること。
女医さんが友だちを呼び通訳してくれたのが、
胃が痛いと病院に行ったのに筋腫を見つかったから
すぐに開腹手術をしないとと云うのです。
目の前が真っ暗でした。何の為に半年に一度検査してるんだ?

後日、かかりつけの病院に行き、担当医グループの女医さんに
伝えるとそんなことはないの一点張りで、またまた後日に
他の医師に話したところ、CTを受けたら上海の女医さんの
云った通りでした。


その夜のパーティーには鎮痛剤と点滴で騙し騙し参加。
もちろん食欲もなく、気分が悪くてお手洗いを行ったり来たりで
写真がありません。


d0158582_22381827.jpg


最終日に父上が上海のいいところ見せてあげられなかったと
100年前の上海を残したところに連れてってくれました。
いろいろと立ち食いをしたのだけれど、ひょっとしたら
職場のPCにあるかもで、あったら追加します。


そして、次は10月に再度お邪魔しました。
d0158582_2385624.jpg

友だちのご両親が用意してくれていた夕食

d0158582_23101829.jpg

翌日の昼食

d0158582_2311922.jpg

お父上が作ってくれた蘭州牛肉麺





またまた親戚集合
d0158582_23181883.jpg

d0158582_23353668.jpg

d0158582_23354226.jpg

d0158582_23373555.jpg

d0158582_23372335.jpg

d0158582_23371769.jpg

d0158582_23382165.jpg

d0158582_23381882.jpg

d0158582_23381431.jpg

d0158582_23385171.jpg


こちらも人気のレストランで、日本人のワタシの胃袋も満足させてくれました。
北京より上海の方がずっと美味しい。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2013-03-28 23:15 | 食べ歩き | Trackback | Comments(30)

習いごと (飛龍頭)典座デビュー

年をとると食事の好みも変わり、冷えたモノを食べなくなった母。
糖尿病のこともあるし、ソーニャ自身の健康も考え、
家庭でも作れる典座(精進料理)を習おうと書店で物色。
ふと、近頃の料理本はポイントがなくも直接お教室に
行かないと分からないor美味しくないという落とし穴が
あるので本を買ってもムダになることも度々で
まずは先生の作った料理を味見しなくては!と味を確かめに
行ってきました。

お教室は駅から徒歩10分なので、地図をプリントアウト
したら、駅からお教室までの道のりが1枚でおさまりきれず
1回目はタクシーで行くことにしました。
最寄り駅にタクシーはおらず、駅まで迎えに来てもらったのですが、
ドライバーが分からないとのことで、ナビを何で使わないのかと
問うと「山の中過ぎて電波が使えない」という始末。
ドライバーと電柱の番地を手がかりに到着。
徒歩10分のところをタクシーで40分と高い交通費となりました。

先生に「あの後電話が来るかと思っていたのよ」
「すでに受講時間を過ぎていたので、授業を中断させてしまうので
電話しませんでした」
先生「そこまで考えていてくれたの」とちょっと驚き顔。

お料理は仕上げの段階だったので、飛龍頭の成形、盛りつけを
お手伝いさせて頂きました。

d0158582_17364431.jpg

時計まわりで、
うど紀州和え
酢蓮根、うどの頭部分の天婦羅 ●
芹・長芋すまし
菜の花寿司
飛龍頭
もやし・インゲン和えもの
胡麻豆腐 ●

●は献立外の副産物でのおまけです

どのお料理も精進料理にしては味がしっかりしていて
満足度も高く、何しろ優しいお味でした。

鎌倉は20年前に旧ソビエト周遊で一緒になった女性の
お宅があり何度も通いました。その時に連れて行かれた
お店を探しましたが、見当たりませんでした。

d0158582_18251343.jpg

鶴岡八幡宮の桜
満腹にも関わらず、見ていたのはランチのお値段。
和食、カレー、お蕎麦とどれも¥1500なんですよ。何でだ?



ソーニャんちの卓袱台

d0158582_18552294.jpg

空心菜のXO醬炒め


d0158582_18564122.jpg

牛刺サラダ
300gの牛肉塊が¥620だったので久々の牛刺しを作り、
ポン酢をたくさん掛けてシードルで頂きました。

d0158582_18573293.jpg

蓮根ボール揚げ
キョフテを作る予定でしたが、蓮根があることを思い出し、
牛・豚・海老のミンチに粗みじん切りの蓮根でボールにしました。

お肉ばっかしのソーニャんちに精進料理必要ですよね。




 
[PR]
by petapeta_adeliae | 2013-03-23 19:09 | 習いごと | Trackback | Comments(40)

棚の裏から発見

この頃は私用でバタバタとしていて仕事での呑み会はありましたが、
プライベートな呑み・食事会をしていません。

今日はお天気がいいので、お布団を干したりとダラダラしていて
テレビの裏と棚の裏に墜落しているものがあるので掃除してみたところ
昔に習ったお料理教室等の写真のデータが出てきました。


2年前にどれだけ習ったのか聞かれたので数えたところ1000を越して
いたので、1200はあるはずです。でもデジカメが普及してから
なので、半分にも満たないし、出てきたデータはそれ以下かな。
少しずつアップします。
まずは上海の友だち宅にお邪魔した際、当時上海で高級とされた
お店で友だちの家族と母上の声楽のお弟子さん、弟さんとそのメイド
10人による宴会です。

d0158582_1573731.jpg

d0158582_1573562.jpg

d0158582_157335.jpg

d0158582_157289.jpg

d0158582_1585688.jpg

d0158582_1585454.jpg

d0158582_1585160.jpg

d0158582_1582081.jpg

d0158582_1581798.jpg

d0158582_1581283.jpg

d0158582_158792.jpg


随分と前なので質問にはお答えしかねます。へへっ

上海出身の彼女の弟さんが接待で使うお店だった
こともあり弟さんご自慢のレストランだったと思います。

回りのお客さん皆さんドレスアップされていていたので
ソーニャはきっとドレスコードギリギリで恥ずかしかった。
弟さんがお支払いしてくれたのですが、十何万円に尚驚き
中国をなめていたのかも。 外装が真っ白なシャトーで紫の
テーブルセンターに小物は金ですが、中国にしては上品でした。
当時の手帳にはきっと店名を書いたはずですが。。。ゴメンなさい。

あっ この時に小事件勃発。
残りわずかな高級食材何だったかしら? ワタシが手を伸ばすと
メイドがさらっていったんです。帰宅してから友だちが
スゴい剣幕で弟さんに「メイドのくせに遠慮を知らない」と。

4日お邪魔したのですが、朝は皆より遅く起床し、母上とテレビを
見ていると同じソファにすわってテーブルの上に置かれたお菓子を
ムシャムシャと食べていたら、友だちが怒りが達し弟さんと
喧嘩になったんです。弟さん曰く、頭が足りないので家のモノに
手をだすことはない。お料理も出来なくて、弟さんが早く帰宅して
夕飯を作っているそうです。そんなメイドさんの唯一のお仕事は
息子の学校に行き帰りと子供の相手。
友だちは呆れ返っていました。


ソーニャんちの卓袱台

d0158582_15345255.jpg

徳さんに教えて貰ったあん肝の時雨煮
あん肝を10分ほど茹でたところ、食べた時の硬さより柔らかいので
レシピより多めの10分にし、20分ほど煮ました。
よくよーく、考えたら徳さんとこは業務用のコンロだから火力が
全然違うんですよね。後日徳さんにご報告したところ、
本来は蒸すということでした。
手間が掛からないように教えてくれたんですね。
あにゃがとーう。ぺこり


d0158582_15345891.jpg

塩の華のemiさんの国籍がない献立
材料のココナッツミルク、レモングラス、エシャロット、こぶみかんの葉、
コリアンダー、ナンプラーと無いのは白身魚だけ。
レシピを見て味の想像がつきませんでしたが、ツボに入りました。
体裁上コリアンダーの量、写真を撮ってから2枝入れて食べました。
コリアンダーを上手に生かした名無しの権兵衛さん
emiさんごちそうさまでした。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2013-03-17 16:14 | 行 事 | Trackback | Comments(34)

習いごと (仔牛のエスカロップ マスタードの実とともに)&偶然34年ぶりの再会

d0158582_21401266.jpg

春らしいテーブルテッティング

d0158582_21482475.jpg

赤穂の牡蠣と浅利の恵み
今回の担当はこれ!
黒いのが赤穂の牡蠣、なにしろ大きくて普段使う牡蠣の3倍はあるかな。
黒いのはイカスミです。トレビスで赤に乗せて、お塩で頂きました。



d0158582_2149584.jpg

仔牛のエスカロップ マスタードの実とともに
フランスの仔牛が手に入る様になりました。調理前の日本の仔牛は
赤いけどフランスの仔牛はピンクでポークのロースの様。

d0158582_21512239.jpg

浅利の自家製オレキエッティ


d0158582_21521854.jpg

いちごのタルト


d0158582_21534040.jpg

d0158582_2154538.jpg

当日の泡と白ワイン

今回浅利を沢山白ワインで蒸したりで、ほとんどの浅利を貝から
外したのですが、浅利の早ハズシのギネスがあったら
結構いい線までイケそうなぐらい早いんですよ。





前日は

d0158582_21562022.jpg

月に一度の母の病院に同行し、先月見つけた¥990のランチの握りパージョン
今回のお椀はあら汁でした。食事を終えると「今日は暑いですから」
と旦那みずからパニラアイスのサーピス。
今時めずらしく従業員の躾の欲で来たお店なので気分いいです。

病院で母に声をかける人がいました。
34年前に向かいに住んでいた人。
父は釣った魚を調理して近所に配っていたんです。
夕方、向かいのお宅に持っていくと「ああっもう少し早かったらパパが
食べられたのに」と云われ、それを両親に伝えると
向かいのご主人は仕事から帰ると夕飯を食べてアルバイトに
行っていたそうです。ご主人はここの奥さんの父上の下で
大工をしていたのですが、なんとそのアルバイトが
ホストだったんです。この奥さんになぜこの旦那なんだろうって
不思議でした。長女はパパ似でクルンクルンの髪で目鼻立ちが
ハッキリとしてお人形の様。次女はママ似で、本当に姉妹なの?
と思うほど残念なんだけど、ママは次女ばかり可愛がり、
長女にはキツイので、連れ子かと思うほど。
何故かうちの父にこの次女がなつき、うちの父は仲良しの銭湯の
旦那のところに行くのにその次女を連れてお風呂に入れて
いたそうです。ソーニャそのことこの日に始めて聞きました。
聞き分けのなかった次女は結婚して女の子を連れていました。
顔を見ると4才の頃の面影全くなしで別人の様でした。
成人した長女が気になります。

ソーニャんちの卓袱台

d0158582_2157779.jpg

帆立とブロッコリーの餡かけ
これをよく丼にしてお弁当に持って行きます。お昼の頃になると
ご飯に浸みて美味しいんですよ。

d0158582_2157148.jpg

菜の花と叉焼でパスタ、トッピングはあきさんの11味唐辛子
彩りもいいし、いい仕事してくれてました。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2013-03-11 22:35 | 習いごと | Trackback | Comments(38)

メトポンスタンプラリー 北千住駅

今回のメトポン! みてポン! 歩いてポンは北千住だけ。
ソーニャと全く違う視点で何倍も面白いポン太所長のメトポンレポはこちら

d0158582_22193498.jpg


R子ちゃんとの腹ごしらえは5日前に来たライカノ。
前回は折角行ったのにも関わらず、半分が休館でスタンプを押せ
なかったからということと、ライカノのイカとタイ味噌の炒め
ご飯が気になり前日にR子ちゃんを誘ってみたらまさかのOKだったから。

d0158582_20564670.jpg

ソーニャのイカとタイ味噌炒めご飯(スープ付き)

d0158582_20565237.jpg

R子ちゃんは鶏肉のホーリーバジル炒めセット(スープ、サラダ、デザート)

まずは一番遠い、石洞美術館へ。
歩道をもうスピードで走り抜ける自転車に毒づき、性格の悪さ丸出しの
わ・た・く・しでございました。
ランチがちょっと少なめでもあり、R子ちゃんに茶でもしようか?
とR子ちゃんの腹具合(まだ入るか)をチェッック。

地図上では石洞美術館の道路の反対柄に蔵が4つあるはずなのに
見当たらず、仕舞いには地図を無視して歩き出す始末。
そうこうしてるとあだち産業センターで3つ目のスタンプ。
あとは旧日光街道を歩き、千住街の駅を発見し、喫茶蔵への
地図をお願いし、その間に最後の学びピア21に向かう。

d0158582_21182596.jpg

途中でやりかけ団子を発見。ずっと舞えに友だちに連れて来られ
友だちんちで食べた団子屋が、建て直しされてすぐに分かりませんでした。

d0158582_21195941.jpg

横山家住宅
こことこの向かいの蔵しか分かりませんでした。
途中にフランス惣菜のお店やら、有機野菜のお店(セロリ1ポン¥100)
八百屋を覗くとどこも、値札を見直ししてしまうぐらい安い。

ゴールの学びピアは昔でいう公団住宅?と建物が繋がっていて
分かりづらく、街の駅のオバちゃんは
「さっき分かり易い地図みつけたの」と云いながらもどこかに無くし、
結局は喫茶蔵にも行けずに不完全燃焼。

この後、北千住から湯島天神に移動。

d0158582_21335582.jpg

d0158582_21335084.jpg

d0158582_2133429.jpg

d0158582_21333289.jpg

湯島と云えば白梅です。お正月にも匹敵する混み様でした。
ソーニャにとって白梅より魅力的なのが、たこ焼き、
いかのぽっぽ焼き他の屋台。


湯島天神下の交差点でR子ちゃんが今から浮世絵スタンプラリーに
行くと云っていたかと思うと、後ろからR子ちゃんに呼び止められ
振り返ると、中国人の女の子に東大への道を聞かれていました。
龍岡門までは無縁坂を道なりに行けばいいんだけど、無縁坂まで
の説明をしても日本に来てまだ1年ということとメモもないと云うし、
悩んでいたら、R子ちゃんが「先を急ぐから行ってもいい?冷たいかな?」
そんなぁー。

仕方ないから中国人ふたりを連れて無縁坂まで行くと彼女たちは
東大の学食を目指していたので、東大病院の脇に新しく出来た鉄門まで
のつもりだしたが、構内は説明が難しく、
グランドの前に来たら、日本語がすこし分かる子がワタシの荷物を
持ちますとお財布やらの入った方を持ってくれたんです。
その時にこの子がワタシのバックをもってダッシュしたら
どうしようかとハラハラ。
でもこの子靴ずれしてるようだし、でもという極度の緊張。

学食の近くで、網タイツにブーツの今時いないだろうという
派手な女の子が横切り、言葉を聞くと上海語でした。
その集団が通り過ぎて、彼女に「中国語話してたよね?」
「同じ中国人として恥ずかしい・・」
結局は学食の入り口まで案内したのですが、
なんでここまでしなくちゃならないの?という疑問も横切りましたが、
彼女たち去年に日本に来て、語学学校に通い、来年日本の大学を
受験するつもりだと話してくれたので、この子らが中国に帰った時に
日本でバカ親切なオバさんがいたと頭の隅にでも置いて
くれたらなぁーと思ったんです。歴史でいろいろとあったけど、
日本人ってお人好しなだけだって分かってくれたかな?

この日の万歩計は22,952歩


ソーニャんちの卓袱台

d0158582_22181033.jpg

葉ニンニクと叉焼の炒めもの、菜の花の芥子和え、独活の煮物

d0158582_22182017.jpg

独活の皮のきんぴら

これが食べたくて独活を買ってます。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2013-03-05 22:22 | 散 策 | Trackback(1) | Comments(36)