<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

習いごと (オマール海老と根セロリのビュレのコラポ)

ワタシのお菓子担当Chicchiさんと元祖帰国子女のN子ちゃんと3人で
4年半前に知り合い、仲良くしていただいている由紀さんのサロンで
レギュラー(実習付き)の体験レッスン。
3年前にも受け去年の暮れにはセレクト(デモのみ)を受けてます。

既存のクラスに混ぜていただきました。

d0158582_21581293.jpg

早めに行くと既にセッティングされたテーブルの上にビンクのナプキンが
あり、畳み方の図案があり自力でフラワー・バットを作りました。


d0158582_2214784.jpg

鶏と天使の海老のテリーヌ
付け合わせの赤いブロックはビーツ、最中の皮に入ったのは
ふきのとうのグリーンソース、左横にある島根の椎茸がとったも美味しかった。

d0158582_2231078.jpg

グリンピースのポタージュ 雲丹とリコッタチーズのニョッキを添えて



d0158582_2235421.jpg

オマール海老 カラフルソース焼き ピクルスを添えて


d0158582_2243730.jpg

パンケーキ4種食べ比べ
手前左:No1 バターミルクパンケーキ、右:No2バターミルクパンケーキ
中央:リコッタパンケーキ、右上:自家製天然酵母のパンケーキ
No1とNo2は粉の割合、中身がそれぞれ違います。
由紀先生の娘さんにリコッタパンケーキを食べさせたところ、先生は
美味しいのに娘さんは美味しくないと云ったそうで、親子でも好みが違うので
4種あれば、生徒さんもどれか好みがあるだろうということで4種の食べ比べに
なりました。最近も昔のカルボナーラと現在の2種を作ったそうです。
d0158582_2252098.jpg

P125 チョコレートアイスクリーム
P125って本の頁かと思ったら、%のことで125なんてないでしょ。
それだけ濃いということでした。
d0158582_2245406.jpg

d0158582_2246448.jpg

d0158582_22462553.jpg

本日のワイン2種と一番したはアルコールの呑めない人・自動車で来た
人用にはレモネード。

d0158582_226043.jpg

〆のコーヒー

まずは先生から説明を受け、担当の分担です。みなさんベテランなので
3人に何をしたいかと聞かれ、ふたりはポタージュ、力自慢のソーニャはもちろん
オマール海老を担当させて頂きました。出刃包丁で二つに割ったり、野菜を
小さく切ったりとみなさんの邪魔にならない様に機敏にどいて、流しの洗い物を
洗ったりとよゐこにしてました。^^

d0158582_22355254.jpg

生徒さんからのお取り寄せの差し入れで小豆島の"オリーブグラッセ"
これ初めての味で美味しくて手が止まらずでございました。
ごちそうさまですぅ。ぺこり


先生に「ワタシがあっちこっちのサロンに顔を出していることを知っている
ガッコの先生に、練炭殺人の木◯香◯と勝手に知り合いだろうと思われて、
話された」ことを伝えると、彼女とネットの食事会で10年前に食事をしたこと
がある生徒さんがいたり、デブ犬克服の番組に出た飼い主さんのお話ては
デブ犬の撮影でご一緒したワンちゃんは月の洋服代が10万円で2泊3日の撮影に
5着持参していたことと話題が尽きず、美味しくて楽しい1日でした。

サロンマニアで先生もしているふたりが、教え方も主婦の立場からして
ポイントが的確で勉強になると、ソーニャに由紀さんのサロンを
教えてくれてありがとうと感謝の言葉を頂きました。
「来月は?」もちろん予約しましたよ。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-03-28 22:38 | 習いごと | Trackback | Comments(40)

美女からのデート申し込み

「同じ女性に生まれて、何でこんなに違うのサ」ということはありませんか?
ソーニャは無いものねだりで、美人、かわいい人が好き〜♪

美人で話題豊富で、異性だけでなく同性をも魅了してしまう話術の持ち主の
Tちゃんが、ブログを見て「このあいだのおでん食べに連れてって」とデートのお申し込み。

彼女と初めて一緒に歩いていた時、まったく違う世代の男性が
何人も振り返って彼女を見ていたことが忘れられません。
そんな彼女今回はフィリピンからの日本途中下車。

d0158582_21432258.jpg

春菊の胡麻和えとお通し

d0158582_2144147.jpg

薬味の下には鰹と鯵の刺身がかくれんぼ
刺身を食べたあとは↓

d0158582_21464978.jpg

熱々のおでんの豆腐を入れると美味しいんだよなぁ〜。

d0158582_21452555.jpg

えば鯛の塩焼き


d0158582_21482694.jpg

きんきの煮付け

d0158582_2149724.jpg

海老しんじょ

d0158582_21495119.jpg

ソーニャが食べたのは、玉子、ちくわぶ、わかめ

この日はTちゃんから嬉しい報告〜♪
ソーニャにとっても楽しい嬉しいお知らせでした。
ヒントはひとさまの幸せに便乗でございます。ククッ



d0158582_21512174.jpg

お返しに頂いたお土産用おでん

d0158582_21521028.jpg

これを使って

d0158582_2152558.jpg

翌日の朝ご飯はこちらのママから教えてもらった茶飯の出しかけ

d0158582_2154382.jpg

おかずにこごみのピーナツ和え
この時期は山菜をよく食べるのでお顔がブツブツになります。まぁデトックス効果
だから仕方ないけど。これから筍が出てくるので4月一杯はブツブツです。

いただきものぉ〜
d0158582_21545696.jpg

松山のおみやげ
d0158582_21552450.jpg

岡山のおみやげ
d0158582_2157568.jpg

今月のマナーポスター


先週の日曜に鶴の恩返しではないが、見てはいけないものを見てしまった母。
それは日曜日の夕方5時になるとソーニャは夕飯を作る手を止めて
30分自室に閉じこもっていたのですが、いきなり母がドアを開けて
「やだぁそんなの見て・・・」と呆れ顔。
実は、小公女セーラを見ていたからなんです。
確か小学校2年か3年の頃に図書室でいつも借り出されていて、一向に借りる
ことのできなかった本の一冊でした。
小学4年になり、小公女を読むタイミングをハズしてしまったのです。
子供がいたら、コッソリと見ることもできたので
しょうが、そうもいかず。たまたまTVをつけたところ、
始まってまだ5回ぐらいの名作劇場を発見。あと4回ほどなので、
母に呆れ顔されても見るもんねぇ〜と腹をくくりました。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-03-24 22:32 | 馴染み | Trackback | Comments(44)

今更ながら初ガレット

東シベリアに住む越後屋さんの一時帰国におデート。
彼女の実家が元々都心ということもあり、あっちこっちのお店も
知っているので、彼女に「行きたいお店ある?」
すると「前から気がついていたお店で神楽坂のガレットのお店」と
いうことでカフェ・クレープリー・ブルターニュに決定。
神楽坂というとソーニャの胃袋を育ててくれたNさんに秋田料理のお店他に
連れて来てもらって、初きりたんぽにがっくりきたことがありました。
美味しい日本茶を貰うようになったのに急須が気に入らなくて神楽坂の中央に
ある瀬戸物屋でかわいい急須を買ってもらったこともありました。

最後は職場の女性で韓国薬膳料理へ。不評でした。
ワタシが韓国料理を習っていた時だから10年以上前かな。

懐かしいこともあり待ち合わせの場所に行くまで、あっちをキョロキョロ、
こっちをキョロキョロと田舎もんと思われたかも。
しかし、平日の夕方だというのに65歳以上のオバサマらのグループの多いこと。

カフェ・クレープリー・ブルターニュに着くと
テラスに厚いビニールのカーテンがありましたが、かわいらしいストープが
あって暖かい。
でもぉ〜読みが甘かった予約した人がくるまでの間となってしまった。

d0158582_9163065.jpg

まずは蕎麦猪口のようなグラスに次がれたシードルはガレットのパートナー。

赤坂ミカドの近くに職場で使っているスナック?があってそこで
大塚製薬のお客さんが新作のシードルを試飲用に持ち込んだものを
その場で頂、ソーニャの味覚にピッタリだったので、取り扱い店を
聞いたところ、なんなワンケースいただきました。
かなり長いあいだお気に入りだったんのですが、いつの間には製造中止。。。

d0158582_9174193.jpg

ソーニャのコンプレット トマト シャンピニオン
d0158582_925562.jpg

越後屋さんのはオニオンコンフィ

d0158582_9354767.jpg

紅茶のポットの取っ手に注目!
ティーバックの糸を固定するボッチがあるのが可愛い。


会話の主導権は越後屋さん。シベリアでの生活、去年の今頃に会った
芸術家のラリーサさん家族のことやらとおメメをキラキラさらて話して
いるボーイッシュな越後屋さんのかわいいこと。
あまりの美味しさにお店の方に何か違うのかと質問し、
そば粉、水、塩と教えてもらったけど、納得していないようでした。
ロシアとフランスは同じ硬水だというし・・・あとそば粉の種類の違い?


d0158582_9373619.jpg

今回、越後屋さんにお願いしていたワーレンキです。
フェルトで出来たブーツなんです。靴の裏もフェルトで踵とかありません。
水分の多い日本には向きません。これをどう使うか疑問ですよね。
ソーニャは自室のベッドのコーナーに座って、膝の上でPCを使っています。
要は室内履きに使うつもり。日本円にして¥4000となると現地では
高額ですよね。
密輸?してもらうのにトランクの半分は取ったということでしたが、
お土産の液体もののクッションに役立ったということで、
罪悪感がちょっぴり緩和されました。


d0158582_9443652.jpg

越後屋さんに頂いた蜂蜜ジャムで中に細かく切ったオリープ入り。
オリープがいい仕事してます。
d0158582_9453236.jpg

折角なので今朝は7時に起きてボルシチを作り、トーストした上に塗って
みました。味は越後屋さん曰く、みたらし団子のみたらしが一番近い。
みたらし−微糖+刻みオリープかな?! 理解して貰えないだろうな。


全く別件でいただきものぉ〜
d0158582_949367.jpg

どこだか忘れたけど、小袋にこけしの絵が書いてあってコロコロのおせんべい
のがありましたよね。あれのチョコボール、マトリョーシカ版です。

d0158582_9501154.jpg


越後屋さんは逆帰国準備かシベリアに向かっている頃かな?

密輸入?ありがとう!!
一日おくれだけど、お誕生日おめでとう!!
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-03-20 09:52 | 食べ歩き | Trackback | Comments(46)

タパス追加クラス その②

通算10回目
d0158582_21301965.jpg

豆のグラスサラダ
グラスに入れるのもかわいい
d0158582_2131098.jpg

カリフラワーのパプリカ風味

d0158582_21314864.jpg

大切なじゃがいも

d0158582_213628100.jpg

モロッコインゲンの炒めもの

d0158582_21413437.jpg

鶏肉と黄桃のカナッペ

d0158582_21423721.jpg

サバのスパイス焼き

d0158582_21431970.jpg

豆腐のディップ

d0158582_21435036.jpg

イカ墨のミニコロッケ
揚げたてが美味しと、生徒が食べているときに先生が揚げてくれていました。

d0158582_21445456.jpg

d0158582_21451947.jpg


事前にメニューが分からず参加しているので、行くまで不明。
イカ墨以外はあっさりというかソーニャ的には満足度低し。
今回は好きなの素材がなく、ちょっと寂しい感があり、口数も少ないようで
先生が気にしてくれていました。

習ってものの復習に、なんと自宅に10人もの友達を呼んでは披露している
方、CAさん?、有名なお菓子研究家のところのスタッフさんと
話題が尽きることなく盛り上がり、特に先生とソーニャは2歳違いなので、
ノスタルジックな話題を振ってくれ、その中には、東京ぽん太なんて
出てきます。
それからコンサートの話になり、ソーニャはレインボー、スコーピオンズ、
クラプトン、ベック、ドゥピー、ヴァンヘイレン・・・と高校の時は毎月の
様に武道館に足を運んでいました。
武道館ではコンサートを終え外の階段を降りると父が迎えに来てくれていました。
コンサートは土曜日に行われることが多く、土曜日にガッコ行事で行けなく
なりそうになったことがあります。
なんと父がガッコに「祖母危篤」と嘘電話をかけてくれていました。
うちの父はTVで歌謡番組と刑事モノを大嫌い、なので自宅でこの手のTVを
見たことがありません。でも、外タレのコンサート&レコードはOKなのです。
何でだったのかは、父が亡くなっているので確認はできません。
父はツェッペリンのロバート、パープルのイアンとデビッドの声は聞き分けが
出来てました。クィーンに関してはこれロックなのか?と理解不能だったもよう。

自宅に友達を招いてる彼女に「東京だからですよね。私は地方だから夢の
夢です」と云われて、今更ながら恵まれていたことに感謝感謝です。

あっ思い出してしまった。
ボブ・ディランが離婚直後の日本公演で、慰謝料分をチケットに上乗せ?
それまで、外タレのアリーナ席は¥3,800だったのに全ての席が¥10,000
それ以来、外タレは右習えでアリーナ席のみではありますが¥10,000に。
なのでボブ・ディランと聞くとムッとなるソーニャです。

d0158582_21462446.jpg

これ何だと思いますか?
胴体に耳栓が入ってます。たま〜に使うことがあるので、机上にいるんだけど
ヤクザな目つきがいいでしょ!! 

d0158582_22111540.jpg

まな板を買うつもりで、伊勢丹でアートまな板を購入。
隣に昔懐かしい蠅帳を発見!!
家の中で蠅を見た記憶はありませんが、思わず懐かしくて買ってしまいました。
ずっとお探し中なの卓袱台にはいつ出会えるのだろうか?

d0158582_22223820.jpg

10時消灯したら・・・4時に起きてしまい、無理して眠る事もないので
ご飯を炊いて、干し椎茸を煮て、鮭を焼き、三つ葉を茹でて、卵も焼き、
朝っぱらから太巻きを作り、お弁当に。
後片付けをしていたら危うく電車に乗り遅れそうになりました。セーフ!
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-03-15 23:48 | 習いごと | Trackback | Comments(44)

文学オヤジの集う呑み屋

d0158582_15394839.jpg

無縁坂を下り、旧岩崎邸を右手にして曲がり春日通の反対側にあるとこ。
d0158582_15403449.jpg

バブル期にあっちこっちと連れて行ってくれたNさんに連れていかれたお店。
2度目はそれから5年以上経ってから。
午後から半休をとって定期検査、早く終了した時に4時から開店しているので
1時間半ぐらいひとりで呑んでいました。
早い時間に行くと近所に住むオジさん(定年後)らが、この谷根千、
東大に関わる文学の話をテーブルに座れば話やすいのにカウンターで4〜5人
横に座って話しているのが妙でもありました。^^ 
初めてひとりで呑んでいた時は森鴎外の"雁"を語っていました。

職場の男性の相談に乗ることがあり、ここの店を使い、
その後も、やはり職場の関係で地方の若者が来て、東京らしい粋な店に
行きたいとリクエストにここにおぼっちゃまらを同伴。
これが間違いの元だった。

ここの旦那にすればひとりもしくは、いつも違う男性と来ているにかわり
ないので、オーダー以外口をきいたことが無い。。。それも無表情で。

その後は外国人女性と来たんだけど、携帯電話で何度も入ったり出たりで
余計に感じ悪く思われた可能性があるのでした。
それを踏まえたソーニャは同伴は同じ相手にしなくちゃとわんことだけ
通って5年になります。
d0158582_16122435.jpg

お通し

d0158582_16125333.jpg

お刺身は鮪、蛸、鯛

d0158582_16203068.jpg

タタミイワシ

d0158582_16205831.jpg

槍烏賊煮

d0158582_16214184.jpg

愛知県産あさりと三つ葉の深川豆腐鍋

d0158582_16224129.jpg

ズワイガニと春レタスのグリーンサラダ

d0158582_16232922.jpg

わんこの南高梅茶漬け

d0158582_16242061.jpg

ソーニャの温そうめん

ここでわんこからうれしい報告が!!!
1年半ぐらい前に無趣味なわんこがゴルフを始めたんです。
それを聞いた時、正直・・・ショック。
それが、上達しないから止めると云うのです・・・嬉しかった。

ゴルフを始める前に「定年したら、ヨルダン・エジプトと
30年後に遺跡をもう一度見たい、感動が違うはず、わんこにも見せたい。
遺跡のある国ってフランス語を使っていたからフランス語を勉強してね」
そして大分経ってから、「タヌ子さんちに遊びに行ったら女性同士で
話すことが多いから、わんこはポン吉さんとコミュニケーションを
とらないと。そのためにもフランス語をお勉強しててね」と
軽いプレッシャーをかけてみました。^^

それでなくても、乾燥気味の豆芝わんこなのに日焼けした豆芝わんこ。。。
もち肌になってくれとは云わないけどね。
それに折角の休日とかにゴルフに行くなんて云われた時にぁ〜だもんね。


外観写真と無縁坂を見て気がつかれたと思いますが、この写真は定期検査の後に
撮ったもので、この日も半休をとっていたので、検査前に一合徳利さんの
ところで教えていただいた、本郷三丁目のうどんの"こくわがた"
立ち食いうどんなのですが、日本酒が充実しているとのこと。
d0158582_1630403.jpg

宇和島じゃこ天・わかめ ¥600
店内20人ぐらいのキャパで、女性が4人食べていました。
お店の方もうどん職人さん厨房に男性二人と若い元気のいい女性一人で
入りやすいです。
食券販売機に日本酒とあるのですが、すでに後ろに並ばれているので
ゆっくりと見ることが出来ず、すべて立ち食いの上、カウンターに背を
向けていたので日本酒の銘柄が確認できませんでした。
肝心の味はというと、「スッキリとした無駄のない美味しさ!?」
繊細な味覚を持つ日本人なら、誰もが美味しいと思える味だと思います。
職場の近くだったら朝・昼と通いそうです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-03-10 16:49 | 馴染み | Trackback | Comments(36)

肉食の母のお誕生日

母の誕生日にマグレでも料理してみよっかと思ったけど
一応リクエストを聞くと・・・やっぱり焼き肉。
d0158582_21282644.jpg

オイキムチ
d0158582_21415486.jpg

上カルビ
d0158582_21422844.jpg

普通のタン
d0158582_2143025.jpg

普通のロース
d0158582_21433448.jpg

厚切りハラミ
d0158582_21458100.jpg

d0158582_21454432.jpg

母はいつもメニューにあるもので良いと云うけど、折角なので母にナイショで
裏メニューのカルビを1つだけ注文してみました。
母ったら「いつもより良いものをあげると今までのモノを食べなくなる
またいでしまう犬・猫の気持ちが分かった」だって。
d0158582_21464546.jpg

母の誕生日はバレンタインの翌日で、今年の母のプレゼントはChicchiさんの
手作りチョコです。すべて違う生チョコでした。
去年のはこちら
去年私のために作ってくれた?ズコット

Chicchiさんが講師依頼されたチョコ教室で作った苺のライスチョコと
大きな薔薇の形のチョコを頂いたのですが、自分用に購入したものと
同じだと思ったので、写真を撮っていませんでした。
それもとても美味しくて、大きい箱一杯に入っていたのに2回に分けて
完食してしまった。もし彼女がお店を開くことがあったら無償で
友達だけにソーニャ自ら行商しちゃいます。
恒例となっていたサロン・ジュ・ショコラではありましたが、Chicchiさんの
美味しいチョコを知ってもう必要なし。母は自分の命日にはChicchiさんの
チョコを供えて欲しいとマジでこざいます。


そして頂きもの〜
d0158582_2202147.jpg

マロングラッセを頂、思わずゲッ。嫌いなマロングラッセなんだもん。
本人目の前にいるので開封して口に入れてみた。
あれっ今までとは違って後悔させる甘さはありませんでした。
唯一食べられるマロングラッセがありました。
d0158582_21594520.jpg

両脇が毎年富山から頂くお酒で今年は羽根屋と山形から秀鳳。
N子さん見てるぅ〜今度のお呼ばれにはどっちが良いか知らせてね〜
d0158582_2159255.jpg

もう呑んで無くなってしまった岡山の極聖



ただ今、BSで「招かれざる客」を鑑賞中。
優秀な黒人医師と裕福な白人のお嬢さんがハワイ大学での講演で出会い、
20分で恋の落ち、2週間で結婚を決め双方の両親との一日を描いた映画です。
とっても考えさせられる話でいろんな意見を持たれると思います。
ソーニャが小学生〜中学生の頃は毎日TVで洋画が放送されていて、
初めて見たのが、暴力教室で感情移入できた黒人俳優が
シドニー・ポワチエでした。機会があったら見てくださいね。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-03-06 23:09 | 馴染み | Trackback | Comments(32)

みんなでタパス作り

3年ほど前にスペイン料理のパエージャ×12回、普段着のスペイン料理×12回、
タパス×8回を終えていましたが、何故かタパスだけ8回ということで
不足分の4回足され、今年の1月から不足分の4回分のタパスクラスを
受けることになりました。


d0158582_21565030.jpg

デーツのブルーチーズ詰め
d0158582_21575653.jpg

生ハムとクレソンのカナッペ
d0158582_21584899.jpg

うずら卵の詰め物(アボカト、カレーパウダー、ツナ)
d0158582_2202742.jpg

蓮根とグレープフルーツのサラダ
d0158582_221147.jpg

コンパナーダ
フィリングはタラの切り身、タマネギ、干しぶどうです。
ロシア料理のピロークは強力粉ですが、こちらは薄力粉です。
d0158582_2215439.jpg

簡単フィデゥア
d0158582_222339.jpg

オレンジ風味の肉団子
ザ・タパスって感じですよね。

こちらも友達5人で貸し切りで習っていたので、10人というのは多すぎ。
貸し切りだとお持ち帰りが出来たのに、今回はモノ足りず気がつけば
飲食店を覗いてました。
帰りに先生が「足りた?」正直に足りなかったと答えました。
すると先生は「おにぎりでも足す?」なんておちゃめな
こと言ってるし。

人数が多いので手伝うことになるのですが、みんなで作ると盛りつけが
ぐちゃぐちゃになって、統一感がなく、レシビを作り直し、
そこにその写真を使い加工するソーニャとしては複雑な心境だワ。




久々のご当地カレー
d0158582_0142328.jpg

婆娑羅¥450、五島軒¥450
d0158582_0153956.jpg

しろくまカレー¥525、道産素材の帆立スープカレー¥630
d0158582_2365679.jpg

甲南大学¥ 300、 流通科学大学¥390

しろくまはシューのようで、ご飯に合わないと思う。
帆立スープカレー以外はリピしないだろうなぁー。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-03-02 00:02 | 習いごと | Trackback | Comments(38)