<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

築地場外〜銀座散歩

ポンポコ研究所のオフ会で仲良しになった寅にゃん日記の寅ママから
回らないお寿司に行きたいと言われ、いつもの寿司屋の予定でしたが、
前日になり築地に変更。
午後から有給休暇で行ったのですが、お正月準備はまだ早いからそんなに
混んでるなんて思わなかった。バッヂをしたバスツアーの団体さんが
沢山いらっしゃいました。

d0158582_2282217.jpg

d0158582_22124422.jpg

軽くひとまわりしお昼ごはんを物色。場外で最初に通るところにあるお店には
お昼を過ぎているのに行列。それもチェーン店ラーメン屋、蕎麦屋に行列。
築地まで来て、それは無いだろうですよ。場外の寿司屋はどこもいっぱいなので
通りを渡ったすし好本店に。
d0158582_22101775.jpg

ソーニャは特注で貝丼
d0158582_2295414.jpg

寅ママはおまかせ
d0158582_22202179.jpg

汁はボタン海老でした
d0158582_2221391.jpg

お昼ご飯を食べ終え、またも場外に行くと2時には片付けモードに入って
いるので、めぼしい所はチェック済みなので、まずは明太子屋さん
5腹にクズでてんこ盛り¥1000なので寅ママと半分こで購入。
d0158582_22251480.jpg

寅ママの並んでる明太子屋のお隣さんは、テリー伊藤のご実家の卵焼き屋さん
d0158582_22262293.jpg

寅ママったら、蟹を見ておにぃさんに「生きてるの?」するとおにぃさん蟹を
ひっくり返して、元気なところを見せると寅ママは、
「飼える?」
「海水さえあれば飼えるよ」
「埼玉だから海がない」
「埼玉じゃ無理だなー」と田舎モノ呼ばわり。大笑いでした。

トルコ在住のアクデニズ。さんのところで今度はムール貝のスパイシー
ライス詰め
が食べたくて成城石井に行っても無く、夢にまで見てしまって
ムール貝を発見。それもかなり大きく、いつも4つぐらいで¥500がなんと
10個ぐらいで¥1000でした。そりゃもう購入です。
ここで寅ママが「埼玉から来たんだから何かつけてよ」のひとことに、
おにぃさん3つもサービス。
寅ママ途中で、家族にお土産に海鮮丼を注文。
d0158582_22555387.jpg

最後の通りの雑貨屋前にたわしツリー発見。ここでたわしのストラップを
お揃いで購入。寅ママの記事に載ってます。
d0158582_2257444.jpg

ここでも寅ママは"埼玉から来た"を主張、穴子の棒すしご購入。
目の前にあるまぐろコロッケが気になる。
しかし、食べたばかりだし・・・おにぃさんに2個しかないからと上手に
買わせられました。
d0158582_231277.jpg

両手いっぱいの寅ママを引き連れ、途中岩手のアンテナショップの銀河プラザに
寄って、寅ママに散財させ徒歩で銀座まで戻り、ちと休憩。
d0158582_23102194.jpg

d0158582_2334160.jpg

左は寅ママからの頂き物で、カレンダーに付いているのは手作りのリース、
かわいい袋にはお菓子、ゆず。右はこの日の戦勝利品です。
d0158582_2355226.jpg

きっと見たいと思われているまぐろコロッケはこんなんでした。
大きさはソフトボールサイズで、A1ソースで頂きました。

可愛くて楽しい寅ママのおかげで楽しい築地散歩が出来ました。
ありがと
でもね、お昼に閉めていた鯨竜田カレーが、唯一の心のこり。。。


d0158582_2374399.jpg

半月前に用があって、老舗の江戸銀に寄ってみました。
就職して初めての忘年会がここでした。
d0158582_23114847.jpg

何度も書いてますが、いくら、大トロ、はまちの苦手なソーニャは
いくらを甘エビに替えて貰ってます。←けっして食べず嫌いではありません。

これは¥2800です。すし好の特注の貝丼は¥3000です。
たった¥200の違いだったら、すし好を選ぶと思いませんか?
解凍したばかりのマグロ、鮮度は回転の方と変らないですよね。
新参ものの寿司屋は並んでいましたが、日曜日の夜ということもあるかも
しれませんが、店内は半分も埋まっていませんでした。
江戸銀は自社建物で、新参者の店舗は賃貸でしょうが、地価の問題?
老舗に胡座をかいてちゃ老舗の暖簾が泣きます。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-28 23:25 | 散 策 | Comments(40)

行きつけで和のクリスマス

土曜日のアクアビクスの後にランチをとっている¥945のお店。
夜に行ったのは久々で、いつもは仲良しさんとしか行きません。
わんこが新幹線と長距離なので、ほぽ地元のここに夜訪れることは
なかなか難しい。以前わんこと来たのは・・・去年の秋だったかな?

店内、黒を基調としているので写真がなんか良いかも。
d0158582_1472568.jpg

浦霞、このあとは社氏鑑
d0158582_1482456.jpg

鮪、カンパチ、鮃
d0158582_1491194.jpg

漬け物
d0158582_149447.jpg

牡蠣と茸の石釜焼き
d0158582_1413121.jpg

つくね
d0158582_14141457.jpg

河豚雑炊
d0158582_14162232.jpg

茸の天ぷら

ここまでが2人¥3800のコースでした。

アラカルトで、
烏賊の明太チーズ焼き
d0158582_14181522.jpg




d0158582_14225153.jpg

わんこから事前にもらっていたクリスマスプレゼント。
クリスマスまで開封しないでずっと待ってました。




中身は、


d0158582_14242796.jpg

タンタンのスノーウィでした。
トボケた顔がわんこそっくりでつ。

関西チームのAnnepaさんちのお嬢様2号ではありません。
あちらはミニシュナですが、
こちらはワイヤー・フォックス・テリアなんだそうです。


d0158582_153541.jpg

昨日、松田聖子親子御用達の成城アルプスで3点お買い上げ〜
ソーニャはカシス、母はモンブラン・・・ホントはマーブルだったのに
間違われていました。
このお皿はパン皿なので、小さいのが分かりますよね。
これで¥1470は高いような。
どれもとっても小さいのでプリンは母と半分こ。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-25 14:42 | 馴染み | Comments(36)

習いごと クリスマスメニュー

ブログでは、タイ料理でご一緒した由紀さんのサロンのセレクトに
参加してきました。普段は実習ですが、セレクトはデモと試食です。
試食と言っても一食分あります。
d0158582_8414246.jpg

スモークサーモンと帆立のコンソメゼリーかけ

d0158582_8431757.jpg

牛肉のガランティーヌ ジェノバ風

d0158582_8461530.jpg

ベリーとピスタチオのビッシュドノエル
d0158582_8475834.jpg


d0158582_847916.jpg


こちらのサロンの生徒さんて、パン、お菓子、懐石料理の先生とプロばっかり。
由紀さんが親しそうにソーニャに話しかけてくれるので、
個々に関係を聞かれました。男女のではないのにね。(苦笑)

前に受講したときは、他の料理研究家の先生が同伴したのですが、
11時〜なのに、ソーニャは彼女宅に8時に迎えに行ったにも関わらず、
1時間遅刻。それもその料理研究家宅から由紀さんのサロンまでは45分かからないのに。
その為に先生と生徒さんに迷惑をかけた上、デザート担当。

その時、素直に美味しいって言葉が出てきて、最後のサロンはここだって
決めていたんです。ならなんですぐに行かなかったのかと疑問に
なりますよね。その理由は実習だと自分の担当したものしか分からない
ので、ソーニャとしてはデモが理想。それと少ないお給料の中から
習いごとに出費出来る額が2つが限界であること。
不愉快なことがなければ、最低3年は通っていて、ユーラシア料理と
世界の料理を始めたがかりでもあったからです。

友だち集めて、デモのクラスを作ってもらうしかないかな?!
それも価値観の近い、思いやり、常識のある人と一緒に習いたい・・・贅沢?!


ゴマのまごまご日記の酒なママからこんな可愛いものが届きました。
d0158582_10451365.jpg

京都のコスプレ犬、ゴマちゃんの来年のカレンダーで、ソーニャ母も大ファン。
ママのセンス溢れるコージュネートとに癒されっぱなしです。
入浴剤とクリスマスデザインのお菓子等かわいいモノづくしです。
ありがとうございますぅ


ソーニャんちの卓袱台
d0158582_85335100.jpg

柿とほうれん草の和え物
d0158582_855156.jpg

ミニ青梗菜なるものを発見したので、牡蠣と青梗菜のあんかけ丼
d0158582_858989.jpg

モロッコ料理の温サラダのトゥクトゥーカ
ピーマン、パプリカ、トマト、コリアンダー、イタリアンパセリって
案外、冷蔵庫でクタッとさせていませんか? これはクミンとにんにくで
味付けしたスパイシーで美味しいです。


わかば料理教室 No.7

d0158582_94338.jpg


春菊の白和え
ー材料ー
春菊   ½束 
柿    ½個
木綿豆腐 ½丁


調味料A〔白練り胡麻、砂糖 、 醤油 、塩〕

ー作り方ー
① 春菊は茹でて、水にとって絞る。かるく醤油をかけてもう一度絞って3センチ
  ぐらいに切り揃える。
② 柿は皮を剥いて、ブロックに切る。
③ 豆富は解して、電子レンジで加熱して水分をきる。
④ すり鉢に豆富とAの調味料を混ぜあわせ、春菊と柿を和える。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-23 10:39 | 習いごと | Comments(26)

友だちの新居でクリスマス

お料理上手で、特にお菓子を作らせたらプロ顔負けのChicchiさんの
イルプル友だちのNちゃん。Nちゃんは春からユーラシア料理の仲間。
そのNちゃんちは築23年のお家をリフォーム。それも新築じゃないのって
ぐらいお見事、そのお家にお呼ばれでクリスマスパーチーをしてきました。
d0158582_2319563.jpg

d0158582_2321528.jpg

左側はアイランドで、コンセントの位置が・・聞くと下だとハンドミキサーを
コードが使いづらくなるから等々。
コンロはソーニャあこがれのピピットコンロ。

d0158582_23261054.jpg

奥には、作り付けの食器棚、彼女の芦屋の実家は、震災にあっていて
その時の経験を踏まえた作りになってました。
d0158582_23284512.jpg

彼女はお鍋マニアで、最後にたどり着いたお鍋でいろいろと手料理を
作ってくれ、ローストチキンもお鍋の底に野菜クズを敷き詰めてその上に
アミ?を乗せて作ってます。
d0158582_23324429.jpg

すでにテーブルセッティングはされてます。
このテーブルクロスは、母上のお下がりだそうです。彼女の父上は商社勤めで
子供の頃、アメリカ、インドネシア・・・当時としてはめずらしい帰国子女。
子供の頃は家にお客様を招いてのパーティーが頻繁で、お姉さんと着物を
着せられては接待のお手伝いをしていたそうです。
結婚後も6回の引っ越しをしていて、それがこのお宅のあちこちにアイディアと
して役立っているようです。
今はお嬢さんが使っている40年前のピアノもお部屋にあわせてリメイク、
食卓の椅子も皮を張り直しと
いいものを大切に使ってました。
そうそう、この日のレシビまで作ってくれていたんですよ。
なんて気の付く嫁なんじゃ。
d0158582_23404283.jpg

ソーニャのお土産は、一目惚れの
メルレ・ペルヴェー クレメント・ド・ボルドーロゼです。

企画の段階で、「日本酒持って行こうか?」
Nちゃん「日本酒ならお鍋にする?」
料理教室で和食の先生してるのに、お鍋だと損した気分と心の中でつぶやく。
Nちゃん「お鍋なら来ない?」
ソーニャ「そんなことないよー」
休み時間に銀座三越に行くと、お客さんまばらなのに誰も寄ってこない。
パッと見、これだぁと購入したんです。
Nちゃん美味しいって喜んでくれました。よかった♡

d0158582_2348724.jpg

お皿の上にグラスが伏せてありますが、中に煮豆の入った小皿があります。
d0158582_23531523.jpg

出来上がったローストチキンです。
d0158582_2353224.jpg

お赤飯
d0158582_23524631.jpg

変わりフライドポテト
餃子の皮の中にじゃがいもとホワイトポルチーニのペーストを入れて、
自慢のお鍋でちょっとの油で揚げてありました。
左側のピンク色のはじゃこ天の明太子バージョン。
手前は柿巻き?これがなかなか美味しかった。
d0158582_012046.jpg

チーズフォンジュ
d0158582_021912.jpg

Nちゃんの実家の母上が、ワタシたちの来ている時間に届く様お庭でできた
無農薬の金柑を送ってくれました。無農薬なのにキレイですよね。
d0158582_04890.jpg

Chicchiさんのお土産でアイスとシャーベットです。元住吉の線路沿いに
ある犬用のアイスもあるお店のものです。
d0158582_062321.jpg

Nちゃんちには農園別の紅茶がありました。そんなのが存在するなんて
知らなかったワ。

こちらのお宅は建築雑誌に出るそうです。
ソーニャがお嫁さん(また)に行くことがあったらNちゃんに相談に乗って
もおっと。その時は宜しくね。

Nちゃんステキなお家で美味しいお食事ごちそうさまぁー。
また呼んでね。ぺこり


クリスマス、、、ネタが来年に持ち越ししないように暫くは
ちょい早く更新する予定でつ。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-21 00:21 | 行 事 | Comments(38)

胃袋デート第四弾 ー居酒屋編ー

1年に4度帰国している丁寧な生活をゆっくりとこれ旨いのか?
ロシアから白樺細工の越後屋さんが、11月下旬に帰国すると知り、
ソーニャと越後屋さんの縁を持ってくれた異邦人の食卓のタヌ子さんと
3人で会うと勝手に企んでいました・・・が、越後屋さんの帰国日が
寸前まで分からずと実行できるか不安な日々。でもタヌ子さんの
出国2日前にどうにか実現しました。
タヌ子さんのブログのコメント欄で越後屋さんの名前を見つけて、
"この人きっと旧ソビエトにいるんだろうな"と彼女のプログに覗き見に
行ってみると大当たり!! それも、大黒屋と越後屋を勘違いしてたのにです。

タヌ子さんは、上にリンクしてる通り、越後屋さんブログを3つとmixiまで
も書いているので、どれだけマメな人なんだろうと思っていたそうです。

そんなタヌ子さんにソーニャは「タヌ子さんの想像している人とイメージと
きっと違うと思うよ」なんて擦り込んでました。
ソーニャ、越後屋さんに古典柄の着物のイメージがありましたが、
実際に会った越後屋さんは滑舌の良い、ベリーショートで元気いっぱい
でこちらまで元気をくれそうな方なんですよ。

今回は越後屋さんが前回帰国した際に行った魚金本店で、ソーニャが〆に
ご飯を注文して明太子豆富を掛けて食べていたのを見た越後屋さんが
リベンジしたいと書いていたことと、タヌ子さんも惹かれた様なので
再度こちらに。
新橋駅の汽車ぽっぽの前でタヌ子さんと待ち合せ、案の定汽車の写真を
撮っていたので、その姿を撮ってやるぅ〜と背後からそっと・・・
気付かれてしまいました。
d0158582_109054.jpg

d0158582_10113986.jpg

お通し
d0158582_10121427.jpg

穴子白焼き
d0158582_10251091.jpg

タヌ子さんは焼酎を通していましたが、越後屋さんは徳利で注文するのが
好きということでしたが、近頃はボトルかグラスが一般的なのでふたりで
こちらを。
d0158582_1028921.jpg

越後屋さんが気に入った明太子豆富
d0158582_1031641.jpg

鯨立田揚げ
d0158582_1032613.jpg

刺身のメインはウマヅラハギ、メサバ、平貝、生牡蠣、鰹
d0158582_10335470.jpg

鰤大根
鰤より味の沁みた大根が美味しいのに鰤と大根の割合が・・・切り身3枚に
対して大根がなんと1つ。3等分にして。
d0158582_10344953.jpg

タヌ子さんの好物のエイヒレ
お友達と行った先の居酒屋でおかわりするまでもの好物。
ドーバー海峡でエイが捕れるのは知っていますが、
タヌ子さん自家製エイヒレを企んでいました。スゴッ
捕ってすぐに調理しないとアンモニア臭が出るって聞くけど、
是非とも研究して美味しいエイヒレをお願いいたします。
d0158582_10354488.jpg

イカ墨炒飯
d0158582_10362896.jpg

イカ墨炒飯に明太子豆富の餡をかけてみました、

越後屋さんの東シベリアでの生活ぶりを直接聞き、大笑いで
沢山たべましたが、胃袋も常によく上下左右と運動になり
ちゃんと分解されたようです。(笑)
日曜日なのに満席。待っている人もいたのに制限時間かなりオーバー。
でもお店から何も言われなかったからいっか!?


d0158582_10374031.jpg

タヌ子さんからやまくらげ、万能おかず"生姜"、かりんとう。
このかりんとう、ビリ唐でちょっとのつもりで完食してしまった。
当日、名古屋からそのまま参加の越後屋さんからとシャチポンにかわって
名古屋名物になりそうな"ぴよりん"バニラムースがソーニャのツボに
入りました。シャチポンは見た目だけだったけど(ゴメンナサイ)
ぴよりんは美味しいぞ。この情報を名古屋のオジさまに教えたところ、
後日ぴよりんのクリスマスバージョンを持ってきてくれました。
d0158582_10454096.jpg

とさかがサンタ帽、髭を蓄えて可愛い。

ごちそうさまでした
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-18 12:16 | 食べ歩き | Comments(28)

尾+匹+羽の語らい?

尾+匹+羽・・・分かるかしら?


kesayanganの鯔ちゃんからコメント欄に新橋あたりで呑みに行こう
と誘って頂き、家老?ホスト?身元保証人?のポンポコ研究所のポン太所長と
トリプルデートをして参りました。
これで、タイトル理解していただけましたでしょうか? 
羽はソーニャでアデリーペンギンです。 

話は反れますが、約束の時間ギリギリに現れるソーニャにわんこは
「ぺんちゃんは、お尻のすぐ下踵だから歩くのが大変だね」と
笑顔で言うんですよ。自分で言うのはいいけど、人に言われるとね。。。

各々、仕事の終わる時間、勤め先がバラバラなので御徒町で待ち合せ。

鯔ちゃん、御徒町駅で待ち合せと言うと、北口になりがちなのに、
混まない南口を指定。その後吉池の3Fリカー売り場へ。
持込みする予定でしたが、これと言ってと言うか、
お店自体に結構種類があるので取りやめ〜。
ここでポン太所長と待ち合わせなのだが、ソーニャ思わず「Tシャツ以外の
ポン太所長を見たことないけど」すると鯔ちゃんの
「保育園児じゃあるまいし」だってソーニャ笑うた。

鯔ちゃんにどんなお店がいいかと聞かれて、ポン太所長に任せると
返事すると「任せたら何たべさせられるか分かんないよ」に
今までのポン太所長の食事の記事を思い出し、ヘタをしたら
ゲテモノになるかもと慌てましたワ。

吉池総本店5Fの池田屋
平均年玲がとっても高かったけど、御徒町駅北口となりの吉池の上と
いう利便性にくわえて、清潔感のある店舗でこれだけお酒と
料理が充実していれば混むのも当然です。

d0158582_227273.jpg

奥から、鯔ちゃん:サワー、ポン太所長:ビール、ソーニャ:にごり酒

d0158582_2281880.jpg

コンビネーションサラダ、手作りさつま揚げ、鯨の竜田揚げ、烏賊のゴロ焼き
d0158582_2293435.jpg

d0158582_22213499.jpg

途中、皆で日本酒に切り替え。

ポン太所長に、よそのオフ会でお店に行ったはいいが、2m前で
「どちら様のご予約?」と聞かれている人がいて、ソーニャ自身も主催者の
名前を知らなくてどなるのかなぁと見届けていると、お店の人も
「22人のご予約ですか」なんてことがあった話し、ポン太所長に「本名で
予約するの?」と聞いたら「狸田で予約してるポン」とのご返事。
"えっ"て聞き返されることはないらしい。
でも、狸田って実際にあるのかな??

ポン太さん行きつけの御徒町のコリアンタウンに移動。
それもつい最近粒貝キムチを買ったすぐ裏のお店でした。

d0158582_22224786.jpg

豚足
d0158582_22235092.jpg

韓国の茶碗蒸し、エゴマの葉
d0158582_22245363.jpg

d0158582_22282862.jpg

鯔ちゃんから塩麹、ポン太所長からはトマトと里芋のブリンほ
いただきました。ごっつぁんです。ぺこり

鯔ちゃんの頭の回転の早いこと。会話のテンポが早くて、会話に
ソーニャついていけてたのかな? 
ソーニャの回りは、2手、3手と先を読まないといけないんだけど、
このふたりはソーニャの回りの人達に似てるかも。
だからか話していてラクチンでした。
楽しく笑えてお酒が美味しかったですぅ。


鯔ちゃんとポン太所長のイメージはエスニックの肉ぅ〜ということで、

ソーニャんちの卓袱台
年末在庫処分〜ん
d0158582_2355780.jpg

d0158582_237983.jpg

d0158582_23882.jpg

ガルバンゾと烏賊のサラダ
d0158582_2385091.jpg

骨付きラムと鶏肉のささ身を一緒に漬けて、当日はラムとガルバンゾの
サラダを食べ、翌日にささ身を串刺しにしてお弁当に入れ、半分を
朝ご飯に食べたのですが、1時間後に生まれて初めて"胃がもたれる"を
経験いたしました。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-14 23:27 | 食べ歩き | Comments(29)

健康診断の帰り道に学食?

健康診断の半日ドックの帰り道で、ちと凹み気味のソーニャは
トランジスターグラマーのMちゃんを呼び出し、明治大学の学食へ。

d0158582_1655541.jpg
d0158582_16543050.jpg
d0158582_1654482.jpg

実はソーニャはフォーシーズンズホテル椿山荘好き。

リバティタワーにあるはずの椿山荘がなぁーい。
あるのは17Fのスカイラウンジ暁。とりあえず17Fに上がると
学食らしいメニューの数々。その中で異彩を放っていたのが、
3枚目の写真の一番下にあるどデカイ丼のトリプルラーメンです。
¥520〜で1枚目の写真にはトリプルカレーなるものもありました。
やたらとラーメンが充実してる学食ですね。
でもソーニャの目的はここではなぁーい。
受付のおねぇさんに聞いてみると通りの向かいにある紫紺館の5Fに
あるそうな。行ってビックリです。
d0158582_17171939.jpg

d0158582_17241878.jpg

フロント、フロアと豪華ですね。
d0158582_17251886.jpg

d0158582_17405887.jpg

選んだのはふたりとも松花堂弁当¥1500、それも一日限定10食
マグロの山掛け・アボカト添え、ビーフシチユー、茄子田楽、鰈
ふたりが着いたのは11時半で12時までは半分も埋まっていませんでしたが、
12時を過ぎた頃、大学関係者がゾロゾロと入ってきました。
平均年齢は70才、ソーニャとMちゃんで平均年齢少しは引き下げられたのか?!

椿山荘だと思わず、あくまでも学食の粋でと思えば上等です。



ランチぃ〜
d0158582_1855532.jpg

ジャークチキン、アイタルシチュー ←ジャマイカ料理
d0158582_187337.jpg

朝揚げ豆富ピーナツ餡、チャブチア、ベジカレー¥700 ←マクロビオティック
d0158582_188723.jpg

グリルチキン、タコマサンドスペシャル、トッピングにチョリソ どこぞの料理か?
d0158582_1894121.jpg

鮪のほほ肉チリソース
d0158582_1810397.jpg

韓国弁当
d0158582_18121425.jpg

魚介のアラビアータ、インゲンのソテー、牛ほほ肉、鶏ソテー¥840
d0158582_18131659.jpg

ファイヤーハウスのモッツァレラマッシュルームバーガー¥1250
d0158582_18162532.jpg

末広の末広ラーメンでメンマ増量¥750、 メンマ増量¥100増

d0158582_1826532.jpg

そんでこれが今日アクアビクス後にみどマムとのランチです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-10 18:35 | 食べ歩き | Comments(38)

胃袋デート第三弾 ー焼肉裏メニュー編ー

先月末にすでにフランスに帰国しましたが、異邦人の食卓のタヌ子さんがひとりでは
食べにいけない焼肉ぅを食べたいということで、
ソーニャ親子の行きつけの焼肉屋へいざ。
それも裏メニューなので、2週間前に注文してあります。
d0158582_21391832.jpg

カクテキ
タヌ子さんは巨峰サワー、ソーニャは2日後健康診断なのでゆずサワー
途中、ふたりとも巨峰サワーをおかわり。
d0158582_21411059.jpg

チョレギ
d0158582_21414812.jpg

究極のスーパータン塩
見事な厚み、お店の奥さんに"焼く前にレモンを絞って"と言いつけ通りに。
d0158582_21472211.jpg

上ロース
d0158582_21481946.jpg

絵的にはちと寂しいらかと乗せたものの、焼けるのが早いぞー
d0158582_21513344.jpg

ハラミ、手前がタレで奥が塩
上か特上どっちか。
d0158582_21522250.jpg

特選カルビ
タヌ子さんも「こんなの見たことない」と。
d0158582_2154131.jpg


タヌ子さんも言ってたけど、フランスの焼肉もしゃぶしゃぶの様なお肉らしい。
最初で最後だろうハワイもそうだった。お肉が運ばれてきたときに一瞬、
間違えでは・・・と思ったぐらいです。
やっぱりお肉は日本が一番。

いいお肉は脂が多いから、ちゃちゃっと焼かなくてはいけない。
なので、1時間で完食したふたりでございます。
この日はこの時期にしてはめずらしい台風。強風で自転車が倒れているわ、
なんたって風が暴走族が通ったのかと思う様な爆音。
台風とは後日知ったのですが、当日は風が止むのを待ちおしゃべり、
気がつけば3時間経過。


d0158582_220546.jpg

キムチの材料です。いつもの韓国食材屋で前にある左のインスタントラーメンを
たぬきラーメンと書いてあったので、ふふっ
一応、韓国語、タイ語、ミャンマー語が出来るポンポコ研究所のポン太さんに
確認したところ、ノグリはたぬきとのことでした。
いつものお店からすぐのところに、夫婦とその息子の3人でやってる韓国食材屋
があります。いつもの店は各種唐辛子とアミ、ここのオリジナルコチュジャンと
酢みそを買っていますが、ここのチャンジャ等は別にぃ〜という感じなので、
試しに家族経営のここで、粒貝キムチを購入。美味しくて2回で完食。
もうポイントカードはいいから、こちらで買う事にしよっと。

お正月になるとキムチを漬けて友だちにお年玉にしていると書いたところ、
タヌ子さんが欲しいとコメントをくれたので、今回の帰国で食べて
もらいたいけど、白菜が美味しくなるにはまだ早く、どうしようかと
迷っていたら、アンテナショップに小ぶりで身のよく詰まった
白菜がありました。ソーニャはいつも白菜を干していたのですが、
仕事でのおつきあいの韓国人から韓国では干さないと聞き、初めて干さず、
いつもの様に浅漬けにして作ってみました。

d0158582_22029100.jpg

まだちょっと早かったようです。

d0158582_2215215.jpg

東京メトロの今月のマナーポスター
この子、ロシアンブルー?
こんなに無防備な猫って・・・猫の自覚ないんだろうな。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-06 23:28 | 馴染み | Comments(40)

習い事 (ジャルコーニ)&胃袋の思い出

d0158582_23174125.jpg

今日はロシア料理
d0158582_23192148.jpg

ジャルコーエ(魚と野菜の蒸し焼き)
ロシアにはジャルコーエ専用の楕円のお鍋があるそうです。
ル・クルーゼの楕円の様なものです。
d0158582_23202868.jpg

ホロデーツ(鶏肉のゼリー寄せ)
d0158582_23212836.jpg

トールト リモーンヌィイ(レモンタルト)
寒い地域なのに南のレモンが使われているのって不思議です。

友だち8人でのユーラシア料理のグループレッスンも2年3ヶ月、
各々の仕事も忙しくなり今回でグループレッスンを解散することになりました。
ソーニャは3年が経ちましたが、春から入ったN子さんはに申し訳ない気持ちで
いっぱいです。被っていない料理の時は参加するつもり。
あと、世界の料理もあるのでフリーで参加する予定です。



25年来のおつきあいの銀座のママが病気でお店に出なくなって5年になります。
何度か携帯にメールをしていましたが、入退院の繰り返しで、携帯は自宅に
置いての入院だったので、返事がないとあぁ又入院した
のかなぁーと解釈していました。

29日の帰宅途中、9時過ぎなのでママまだ起きてる時間なので、
電話しましたが不在。そして一昨日10時にまた電話しましたが、
やっぱり反応なし。明日、ママの旦那の銀座のお店に顔を出してみようと
思いながら床につきました。

職場で11時頃、携帯が鳴り見るとママの旦那からでした。
旦那の言葉が出るより先にソーニャの方が「今日、昼休みに顔を出そうと
おもってたの」すると
「○○ちゃん実は、悲しい知らせが・・・ママが亡くなったんだ」
愕然となりなかなか言葉が出てきませんでした。
昨日、一昨日のは虫の知らせだった様です。

ソーニャが国内を食べ歩いていたNさんと仕事で知り合い、日帰りでよく札幌、
京都、大阪に行ってました。
当時、そのNさんが23年来のおつきあいの銀座の老舗で働いていた
Oさんが独立し、オープンしてすぐに連れて行って頂きました。
いまから25年前の事です。
そのお店は現在老舗と言われるお店になっています。

Nさんは呑みはじめに必ず春菊のゴマ和えを食べていて、
ソーニャも真似っこをしていました。
ある日、いつもの春菊のゴマ和えを一口食べて、花板さんの体調不良を
見破ったんです。その後、旦那はNさんにソーニャのことを
「正直な舌を持っている子ですね」と言ったそうです。
それから、Nさんと旦那夫婦と食事に行くようになり、旦那にとって
Nさんは特別な存在のお客さんでもあるので、お店の常連さんのお店、
また旦那夫妻のお気に入りのお店と連れて行かれました。
本来ソーニャの様な一般ピープルにはほど遠く、そのお店のご主人が
ご挨拶にいらしては、親しさが伺えるステキな大人の会話を聞き、
別世界にまるで小説の中に入ってしまった様でもありました。

よく、「今までで一番美味しかったのは何処」と聞かれます。
銀座6丁目にあったキャパたった7人しか入らないフランス料理のお店でした。
世界三大珍味を一回で食べたのがこの店で、フォアグラのステーキが
あまりに美味しくて、おかわりまでしちゃいました。キャビアのムース、
食べたことのない料理の数々にこんなに幸せでいいのぉーと
幸せの頂点に達してしまった。

それから10年以上経ち、ママにあのお店が人生で一番美味しかったと
話したら後日、請求書を見て驚いたそうです。
ソーニャも驚きましたもん。
ママはアルコールを呑まず、3人でワイン4本を開け、ワインだけで16万円
だったそうです。怖くて料理込みの値段は聞けませんでした。
当時、デジカメがあったら絶対に撮っていたたろうな。
15年以上前にオーナーのおばぁちゃんが亡くなって現在はありません。

どこに行ってもソーニャを娘と紹介し、銀座のだんなの会やらソーニャの
知らない世界までも連れて行ってもらい、今のソーニャの胃袋はこのママの
成果の賜物かもです。
ママは母+年の離れた厳しい姉の様な存在でした。ママの体調を考えて
電話も5分以内、ママが疲れさせないようにと思うと、会う回数・時間も
減ってしまいました。
ただただ後悔と残念な気持ちでいっぱいです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-02 23:59 | 習いごと | Comments(34)