<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

お教室/ マントゥ

ひと月前に習ったトルコ料理、忘れてしまいそうでとっととアップしました。
d0158582_19142948.jpg

マントゥ(小さな水餃子)
300gの生地で15×30センチに伸ばしてから、
2センチの角に切れ目を入れて、餡を串で置き、対角線に結び、茹でた上に
ヨーグルトソースとトマトソースを絡めて頂きます。

d0158582_19293063.jpg

ペリデリ ピラウ(幕の被ったピラフ)
パイ生地にピラフを包みオーブンで
焼いたもの。語源はペルシャ語のポロウ

d0158582_1934543.jpg

ホシャフ
果実の飲みもの。ピラフを食べる時に一緒に飲むものです。

d0158582_19414130.jpg

ウンヘルベス(小麦粉の練り菓子)

マントゥははっきり言って根気のいる内職です。
いとこの旦那が在宅している時を狙って作りに行こうと企んでいます。
ピラウは何種類もの木の実が入って、ピラウとマントゥの組み合わせ、
炭水化物だから重過ぎと思えますが、スルスルと胃袋に収まってしまいました。
いつもながら恭子先生のお料理はどれも美味しく、優しさ・暖かさを感じる
料理です。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-31 00:00 | 習いごと | Trackback | Comments(4)

お教室/ビーフストロガノフ

d0158582_23244119.jpg

ロシアと言えば、ビーフストロガノフ
ストロガノフ伯爵がフランスからコックを連れてきて作らせたと言うのが
よく聞く話ですが、お肉の切り方のストロガーチという説もあるそうです。

d0158582_23273985.jpg

ブリヌイ
ロシアのクレープ朝食、おやつ、前菜、メイン料理とロシアの食卓に
欠かせないものです。春のバター祭に食べられます。復活祭では動物性の
ものは摂らないということです。
いくらが少ないとお思いですよね、いくら苦手なんです。。。

d0158582_23354675.jpg

クリーチ
復活祭の7週間前の謝肉祭にブリヌイを食べ、その後動物性のものを
食べない断食に入り、復活祭当日にクリーチを教会に持って行き、ローソクを
灯して神様にお供えするそうです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-27 23:48 | 習いごと | Trackback | Comments(8)

大阪出張

新幹線に乗るなりお弁当を購入。
d0158582_2339619.jpg

d0158582_23394755.jpg

ケータイ国取り合戦の用意。東京から新大阪まで38国盗れました。

d0158582_23475958.jpg

大阪大丸で京都に本店のあるなんたら?!いうお店へ。
唯一の男性の注文、あおさんと私はアイスロイヤルミルクティーで
新婚のあおさんのお宅のお話を楽しく聞き、あっという間に5時半
義理母上のお世話でご帰還。

d0158582_23532345.jpg

あおさんの手作りクッキーをお土産に頂きました。

そのあとポンテヴェッキオ北浜を狙っていましたが、貸し切りで梅田店へ。
d0158582_23562487.jpg

牛ほほ肉とモッツェレラチーズいり、柄はズッキーニで見た目は地味ですが
ズッキーニの苦みとトマトソースの酸味がなかなかお酒をすすませてくれました。

d0158582_001433.jpg

ホタルイカのワタの苦みとトマトソースが合っているのですが、
山菜との共存はどうかな?!

d0158582_023139.jpg

メインはお肉のお肉巻き、かなり大きめの万願寺唐辛子ソテーが
お父さんの晩酌の肴を思い出させる懐かしい味でした。

d0158582_092289.jpg

柑橘系のお皿
10年以上前からチェックしていましたが、大阪に行く度に友達がセッティングしてくれていたので、なかなか行くことが叶わなかったお店です。

d0158582_014399.jpg

梅田の端っこから大阪駅の端っこまで歩き、お風呂に入って爆睡。

翌日出張の目的へ。
d0158582_0185823.jpg

支給されたお弁当
夕方から立食パーティーでしたが、歩き過ぎて足の裏に出来たタコが痛くて
半べそ状態。そっと抜け出し友達と待ち合わせのなんばで、
それも"公衆便所の隣りのたこ焼きや"大だこを購入して、冷めないうちにと
タクシーを拾おうと歩いていると、焼き蟹のいい匂いが〜気づけば
蟹道楽の実演販売の目の前。たこ焼きが冷めないように蟹寿司を購入してホテルにお帰り。
d0158582_0252760.jpg


翌々日(最終日)
大雨の中、昨日と同じところへ。
今日の支給お弁当はちょっとかわいい。
d0158582_0285446.jpg


まるで台風の様な降りで、傘がさせないのでタクシーを呼び新大阪に向かいました。
駅構内で、お土産を物色しましたが、"たこ焼ききゃんでー"を見つけることが出来ず断念。

d0158582_0371861.jpg

d0158582_03801.jpg

新大阪で知り合いを見つけ、国盗り合戦の補助にお弁当&お酒で
拉致し、盗りはぐれた4国を盗り帰京しました。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-25 00:43 | 食べ歩き | Trackback | Comments(6)

オバチャンに好かれる板前の店で

わんこと銀座で待ち合わせ。
ふと、チャッチャと入ってお値段と中身が伴うお店ってなかなかない。
それだったら、主要駅より離れた方が・・・いいかも。


d0158582_2215666.jpg

玉子豆腐
d0158582_229784.jpg

お造り
d0158582_2210544.jpg

合鴨のスモークと焼き椎茸
d0158582_22115479.jpg

山菜の天ぷら
d0158582_22151133.jpg

豆腐のきのこあんかけ
d0158582_22161572.jpg

空豆
d0158582_2217621.jpg

にぎり寿司
勿論これは1人前

山菜の天ぷらまではペアで¥5250です。
でも日本酒3種類をぐびぐびといったので料理より上回ってます(遠慮がない私)
この店、休日のフィットネスの後のランチに使っています。
お店には若い男性2人、フィッネスのオバチャンらは"イケメンの店"って
呼んでいます。
d0158582_22253853.jpg

[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-19 22:30 | 馴染み | Trackback | Comments(4)

忘れられない焼鳥屋

海洋堂の特撮リボルテックシリーズのブースカ発売日
わんこにブースカを買ってもらいウキウキ。
ブースカを知らない方のために

d0158582_223474.jpg


この3年少しずつですが、お気に入りのお店にわんこを伴っています。
3月に10代の頃に通った焼鳥屋がまだあることを知り、友達と偵察に行き、
当時と塩加減・焼き加減が変わっていないことに30年近い歳月が過ぎたことを
忘れてしまいます。
d0158582_22192851.jpg

d0158582_2220788.jpg

d0158582_22205880.jpg

d0158582_2221298.jpg

d0158582_22222063.jpg

飲み物は、ひれ酒
焼きものは、レバー、軟骨、アスパラ巻き、トマト巻き、椎茸、ねぎ間、鶏皮、手羽先、
一品料理は茄子焼き、たこ刺し、牛刺し、山芋ステーキ

d0158582_22284171.jpg

当時はロース焼きが一番のお気に入りでしたが、儲けがないとの理由で
今は扱っていないのがとっても残念です。
このお店のことを胃袋仲間二人に話したところ、興味を持ち来月行く予定です。
川崎駅から3両編成に乗り、三つ目の駅で徒歩10分です。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-17 22:47 | 馴染み | Trackback(1) | Comments(4)

お教室/ 山菜料理

日がだいぶ経ってしまいましたが、クッキングサロンにて山菜づくし。

d0158582_23314188.jpg

ふきとしらすの炊き込みご飯
菜の花とあさりの卵とじ風お吸い物
うどの肉巻き天ぷら

d0158582_2335971.jpg

抹茶とわらび餅

細長いお皿で鎮座しているのは、メニュー外の副産物で
ふきの酢みそ和え、うどの皮のきんぴら、ふきの土佐まぶし

水の出るふきは敷き味噌、かけ味噌に。
煮たふきはタッパに水を入れ、毎日替えて保存。
写真にはありませんが、ふき味噌とふきの葉のふりかけをお土産に頂きました。

昔の人は冬に溜め込んだものを対外に出すために春に山菜を摂っていたと
いう話を聞き、元々山菜が大好きなので毎日食べて結果、
顔がボツボツ。。。人生でこれだけ山菜を食べたことがあったたろうか??
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-14 23:53 | 習いごと | Trackback | Comments(2)

食事会 -山藤-

GWに胃袋の会、出席者4名欠席者1名。
お店のすぐ近くにダノイがあり、私以外皆さん買い物にモード。
私にはパンというよりお菓子。。。朝からそんなに甘いの食べるの??
友達が言うには、アンチョビとキャベツのバスタを考案したシェフの
お店らしい。

そこから、10メートルの距離の3Fにある山藤は、有機野菜宅配大地を守る会
直営の日本料理店、有機野菜、無農薬野菜にこだわったカウンターと個室で、
個室はすべて掘り炬燵のお尻に根っこが生えてしまいそうな、
落ち着いた造りです。
d0158582_2183570.jpg

四万十川のうなぎの白煮、アスパラの生雲丹のせ、うどの酢みそ

d0158582_2113595.jpg

真鯛の刺身

d0158582_21135949.jpg

アイナメの葛たたき

d0158582_21152354.jpg

四万十川の海苔、鮎の天ぷら

d0158582_21175744.jpg

真鯛のふき味噌焼き、真鯛の昆布〆、真鯛の煮こごり

d0158582_21191970.jpg

短角牛の炭火焼き、サラダ添え

d0158582_21205411.jpg

d0158582_21221113.jpg


23年前に一人で四国を路線バスで回ったことがあります。
高知で女性の素泊まりを拒否され、困っていると時に現地の名士が
口添えをしてくださり、宿泊できたことがあります。

翌日、四万十川下りに連れて行ってくださり、目の前で捕った鮎、
ごりなどをすぐに調理していただいたことを今でもはっきり覚えています。
屋形船の屋根の梁にナイフとニンニクを見つけ、聞いてみると
高知県人は生のニンニクをナイフでスライスしてお酒を呑む習慣が
あると言うことでした。
屋形船のご夫婦とホテルのバーのママが品川辺りに住んでいたこと
があったとということで、話も盛り上がり昼間っからお酒がススんで・・・
ゴメンナサイ話がそれましたね。

短角牛が食べたくてこのコースにしたのですが、
思っていたものと違って。。。た。
決して美味しくないということではありません。
真鯛の3種と天ぷらが美味しかった。ただ、次の料理までが長っ。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-09 22:22 | 食べ歩き | Trackback | Comments(10)

はじめまして

はじめまして。
子供の頃から父に連れられ、あっちこっち食べ歩きに付き合い。
父が美味しかったものを土曜の昼に再現し、
気がつけば胃袋魔人になっていた。
語彙が少なく、文才まったく無しのこんな私の胃袋日記です。

そしていきなり本文突入。
外会議の後にわんこの誕生日を久々のお茶の水ですごすことに。
18時に予約していたので、神田明神下の茶屋で時間潰し。

d0158582_2037140.jpg

白玉あんみつ

18時まで入れてくれない。仕方なく折り紙会館を覗く。

どうにか入店し、銅の瓢箪型のお鍋の正面に着席、隣りに皮のパンツを履いた
オジちゃんに気づいた。70才のここの花板さんが女性と同席??

d0158582_2043403.jpg

お通しは、茶碗蒸し、炊き合わせ、子持ち昆布

d0158582_2123398.jpg

牡蛎おでん 
瓢箪鍋のお出汁で個別に牡蛎を煮てくれます

d0158582_21261793.jpg

牛刺し

d0158582_21285169.jpg

蕨と紫芋の天ぷら

d0158582_21314446.jpg

原木椎茸の塩焼き

d0158582_21324544.jpg

関西風だし巻き玉子

d0158582_21334976.jpg

d0158582_21344122.jpg

d0158582_21351737.jpg

d0158582_2136332.jpg

キクラゲ、餅巾着、玉子、コンニャク、椎茸、芋茎、ウズラ入りがんも、昆布
ごぼう巻き、梅がんも、はんぺん

このはんぺんの別名おっぱいはんぺん。先っちょというか真ん中は明太子。
ここのお出汁がとっても美味しく、すべてお皿がきれいになってしまう。

d0158582_21434966.jpg

出世うどん
白ゴマの沢山入った小さいすり鉢とスリ棒を渡され、
粒が無くなるまでスリスリ。
ゴマだれのうどんて何て美味しいんだろう。うどんは讃岐、稲庭が有名だけど
氷見、大門も美味しい。。。忘れないでね。それも白海老の出汁でね。

この日板長のお誕生日で休暇をとっていた様です。
隣りの女性は他の店舗の元従業員で、後からご主人と友達が
日本酒を持ち込み。それも日本酒の首に立派な房のついた一升瓶。
いつも笑顔であたりのいいわんこはのおかげで、ご相伴にあずかり、
また他のお客さんのお土産のお菓子まで味見・・・。
ママから火が通り過ぎたからと・・。
初対面のちょっと怪しいカップルと板長さん一味としばしの交流。
ほろ酔い機嫌で満足そうなわんことお店を後にしました。

d0158582_228115.jpg


今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2010-05-05 00:00 | 馴染み | Trackback | Comments(5)