カテゴリ:行 事( 11 )

2014年出張 2日目

d0158582_0133082.jpg

割烹旅館の朝食

d0158582_014741.jpg

配給されたお弁当


d0158582_0144494.jpg

キャンパスに湖とは云わないが、ドでかい池があります。
写真には写っていませんが、山がありそこは農学部の牧場。

d0158582_0145770.jpg

川まで流れていました。

北大に続いて大きなキャンパス。
なぜここで大規模だということを前面にだしたかと云うと、
ソーニャ、まぢで迷子になりました。
バスの通る外側の道路をバス停3つ分も歩きヘトヘト。

懇親会場に1時間早く着き、スペイン広場で学生がワを作り
座っているんです。20人以上のワがいくつもあり、
よーく見てるとハンカチ落とししてました。
d0158582_0233713.jpg

その次は花いちもんめしてる。
その次はと云うと缶蹴りを始めました。
それを小高い上から背広姿の集団が眺めているという変な構図。

学部生に聞くと新入生らしい。
学部生が「広●大がこんなレベルだと思われるのが恥ずかしい」って。
大学1年生にしては幼いけど、無邪気でかわいいとも思える。


地方出張の懇親会のあとにいつもご一緒する髭の王子さまに
前日にひとりで行った佛蘭西屋の話を話すと行きたいと
いうので、ソーニャと後輩は懇親会に出ず、待っていました。
すると髭の王子のヤツときたら
「行ってすぐにラストオーダーはイヤだ。お好み焼きにしよう」と
いうので、学生におススメを聞き、教えてもらう。

暫くすると髭の王子は
「もうお腹一杯だからやめよう」
我侭にもほどがあるとムッとしたソーニャは
「髭ぇ〜が行きたいっていうからワタシたちは何も食べずに
 待ってるんだけどなぁ。なら紅一点の女子学生誘うから。。」

唯一の女子学生はとっても気のきく、ハキハキした働き者で、
背のスラッとした美人だったんです。

なので彼女を誘うと、髭ときたら「僕も〜」と着いてきた。

いつもソーニャに引きまわされている企業のK氏と5人で
"響"と云う名のお好み焼き屋に5人で参りました。


d0158582_045395.jpg

お好み焼きは3種注文しホルモン・明太子とあとは??

d0158582_0462252.jpg

帆立焼き

d0158582_0453888.jpg

烏賊焼き

30年前に都立大学駅前に広島のお好み焼き屋があり、そこで食べた
キャベツのぎょうさん入ったのを食べて、すっかり広島のお好み焼きが
嫌いになってました。でも今回の響で名誉挽回されました。^^

紅一点の学生さんのお話が面白くて、その上謎が解けました。
美人なのに動きが男性ぽいのよね。
高校3年間、空手をしてたそうです。



出張前日にタヌ子さんから新宿カリーが美味しいとの情報を
もらって、羽田空港にその新宿カレーを発見!
d0158582_0594299.jpg

癖になる味でした。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-05-23 01:01 | 行 事 | Trackback | Comments(24)

2014年出張 1日目

去年の出張は当日血圧が高くて断念。
今年も勝手に行く予定していませんでしたが、
後輩からみんなに居ない理由を聞かれて。。。と
云われ、やむ終えず行く事にしました。


牡蠣も終わったし、穴子はいつでも食べられるし
お好み焼き・・・しかない。


飛行機→バス→電車→バス、これだけで苦痛。


どうにか15時にホテルに着き、フロントに酒蔵通りを聞くと
「16時までです」と云われ、慌てて酒蔵通りに行き、
取りあえず名の通った賀茂鶴へ。
d0158582_21503023.jpg

d0158582_21504695.jpg

まだ見学ができるということで
d0158582_21505326.jpg

試飲の種類の多い事。先月安倍首相とオバマ大統領が呑んだ賀茂鶴の
記事が沢山貼られ。その時の角瓶はお店用で一般には販売されて
いないということ。オバマ大統領が呑んだということで注文が
多く品薄だそうです。



翌日のバスの確認で駅前のバス停に行くと上司がいたのです。
そっとバックして逃げようとしたら目が合ってしまい。
止む終えず広●大に行く事になってしまった。

飛行機が12時過ぎだった為、途中で食べればと
思っていたら、食事がとれるところがないです。
結局は昼食が取れずに食べず仕舞い。
4時だったのですが、お腹が空いて倒れそうと学食で
d0158582_2226462.jpg

タンドリーチキン、春キャベツとジャガイモのコンソメスープ、
ライスは小、海老のサラダ、いんげんの胡麻和え
〆て¥670です。
今まで食べた学食で美味しかったし、メニューが豊富なのには
他ガッコのせんせも感心してました。
鰹のたたきサラダなんてのもありました。


連絡待ちにホテルに戻る道のパーキングにジュースの自販機が
あったのですが、1つだけ明後日の方向に並んでいました。
d0158582_22351090.jpg

こんな自販機見た事ありますか?
ホテルに戻り、フロントの奥さんに

「ペットボトルの自販機を見つけたのですが、
美味しいんですか? 常温で持ち帰りが出来ないから自販機で
販売しているの?」と聞くと

「美味しいみたいで、お土産に買って行く方が結構います」

最終日にでも買ってみようと心に決めました。



待ち人から、「遅くなるので誰かと食べに行って」

ソーニャの宿泊先は割烹ホテルだったので、下で済ませようと
降りていくと何やら騒々しいので入るのは止め。
そう云えば、賀茂鶴の前に
大正ロマンなお店があったことを思い出し、ひとり突入。

d0158582_22433731.jpg

蜃気楼、スパークリングの日本酒ですが、
ソーニャの好みとはかなり違い、こんなに小さいのになかなか
ススミマセン。

d0158582_22434921.jpg

野菜のペイザンヌスープ


d0158582_22445298.jpg

舞茸のテリーヌ


d0158582_2245188.jpg

広島牛とフォアグラのパイ包み


d0158582_22454045.jpg

広島牛のステーキ


d0158582_22462955.jpg

ブラッドオレンジのムース

とっても満足できるお料理でした。
酒粕のキャンディとアイス・オレ、パンは割愛。

これでいくらだと思います?


アルコールは¥1.000、お料理は¥3,000で税込み¥4,000

お店の名前は佛蘭西屋。
1Fが洋食で、2Fが和食です。

職場近くだったら¥10,000で食べられるかな?!




※出張でパタパタしていましたが、明日からブロ友さんの
ところに遡って順次訪問させていただきますので宜しく。ぺこり
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-05-18 22:56 | 行 事 | Trackback | Comments(16)

行ったつもり弁当

大雪の日はうちの母の80才の誕生日でした。

週間天気予報で雪なのは分かっていましたが、
母に「何が食べたい?お肉?お寿司?」
すると「お誕生日だからって別に・・・普段の手料理でいいよ」
と云いながら、
「ココちゃんみたいなお弁当」

注)以前に書いた母の幼なじみで、その時の記事はこちら



d0158582_11392133.jpg

焼売、ステーキ、柿と春菊の白和え、叩き牛蒡、蝦夷の汁で炊いたご飯

焼売の皮は市販で、本来なら豚肉なのでしょうが、
冷蔵庫にあったのは牛7:豚3に干し椎茸、干し貝柱、筍で作りました。
ステーキはシンプルに大蒜と醬油。
精進料理の本で糖尿病に良いという叩きごぼう。
お弁当の為に買い足したモノはありません。


雪見障子のないソーニャんちはリビングの東側と北側のバルコニーから
外を眺めつつのお弁当でした。

外出を嫌がる母なので、母との次のお弁当はBS放送で桜を
愛でてになりそうです。




ソーニャんちの卓袱台
お正月に作ったのがまだありました。


d0158582_1159138.jpg

d0158582_1456472.jpg

タヌ子さんに頂いたトルコのスープです。



d0158582_1224099.jpg

このオムレツの中身はなんでしょうか?



d0158582_1224558.jpg

肉ぅ〜。ステーキ用を大蒜と醬油だけで味付けしてあります。



d0158582_14305842.jpg

スペアリブ
冷蔵庫のマーマレード消費に活躍です。



d0158582_14594689.jpg

蟹どっさりグラタン
お中元・お歳暮が終わるとバラして販売されてた、たしか¥4000以上の
蟹缶を酢の物にした残り半分を使ってみたのはいいけど、
蟹の骨を取り忘れて。。。。ご想像つきますよね、
ここまでがお正月休暇で作った料理。


d0158582_14345514.jpg

粕汁
大量に作って3日で完食。寒くて朝起きるのが億劫な時にはこんなのが
いいですよのね。ちなみにご飯はちっちゃい明太子のおにぎり2つです。



d0158582_14351855.jpg

椎茸の鮑もどき
先週習ったばかり、木綿豆腐の水分さえ切れれば10分でできる。
豆腐が崩れない様にお味噌も入れて。




沢田研二の"太陽を盗んだ男"の放送があり、録画してまで見ました。
'79当時、人気者だった沢田研二を起用したのに興行成績が振るわなかったと
云われていました。その理由はすぐにわかった。
中学の理科の先生が、東海村からプルトニウムを盗み原子爆弾を作ると
いう話。国を相手に脅すんだけど、その要求はローリング・ストーンズを
来日させること。。。もぉー

あと、IREZUMI 原作は谷崎潤一郎のです。
高校生の頃に谷崎は読破しており、ホントは若尾文子がみたかったのですが、
'84でもいいかと見てびっくり。伊藤咲子ってあのひまわり娘の??
スター歌手を目指し、大切なコンサートを翌日に控えた麻美(伊藤)は、
運悪く財閥令嬢の典子(沢田)と人違いされたことで、怪しげな男たちに
拉致され、刺青を彫られてしまうというストーリー。
違う刺青だったらまた違ったかもしれません、

どちらもあの当時にしては残念な作品。
沢田研二というと、京都に修学旅行に行かれた方はご存知だと思いますが、
バスガイドさんは必ずといっていいほど「こちらがジュリーの実家です」と
云ってるらしい。 ジュリーが通用するのは何才まででしょうかね?
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-02-23 14:48 | 行 事 | Trackback | Comments(32)

気分は古生物学者!?

d0158582_21322745.jpg

使うのはハンマー、スコップ、刷毛


d0158582_21361440.jpg

こんなところを


d0158582_21374966.jpg

表面の少し硬くて薄い層をハンマーでやさしく打ち砕きスコップで
取り除く


d0158582_21412811.jpg

砂を取り除くと白いモノが出てきた


d0158582_21435174.jpg

刷毛で回りの砂を取り去ると出てきたのはトリケラトプス


d0158582_21511684.jpg

削った土と砂はチョコレートドリンクになりました

d0158582_2152782.jpg

実はこんなもんでした

年末になると富山から美味しいお酒を送ってくれる方が
自腹で送っていてくれたことを最近知りました。
怪獣好きなのを知っていたので、こちらと↓のChicchiさんのチョコと
一緒に送りましたが、どうも気になりソーニャの分も注文したんです。




うちの母が年金でも食べたいという
毎年恒例となりましたChicchiさんの手作りショコラです。

d0158582_22161365.jpg

上段左からバレンシア(オレンジ風味)、フランボアーズ、
モンブラン(キルツシュとミルクチョコ)、宇治(抹茶風味)
下段左から型抜き(プラリネとパッションフルーツ)、ヨーグルト、
キャラメルオレンジ、型抜き(ヘーゼルナッツプラリネ)



こちらは試作品でうちの母がのちほど感想文提出課題です。
d0158582_22162178.jpg

♡2種メープルピーカン
板チョコのホワイトはラズベリー、サクサクアーモンドとプラリネ
ミルクチョコは無花果、オレンジピール
丸くて大きいのは苦いナッツ、次が甘納豆? 小さいのはなんだか?
後ろにあるゴールドとシルバーの包みは同じもので、板チョコは
3種類×2セット、丸いのは各4倍あります。
Chicchiさんから誰かにあげてもいいしぃ〜と云われたけど
1セットは後輩とわけわけ。


めちゃくちゃ上手ですよのね。
Chicchiさんのおかげでサロン・ジュ・ショコラに行く必要なしの
美味しさなんですよ。


母には1日一個と云っているので3週間かけて食べてるかも。

そして今日の午前中にはわんこに届く予定です〜♪


Chicchiさんいつも丁寧で美味しいチョコありがとう♡
その上もおまけ付きで母も大喜びです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-02-14 00:03 | 行 事 | Trackback | Comments(44)

母のおせち料理積み立て預金2014

あけましておめでとうございます



今年の習い事は引き続き精進料理、そして初夏にe君と一緒に
魚の捌き方を習いに行く予定。わんこに許可を得ています。

よく、何でそんなにお料理を習うのか聞かれますが、
それは定年退職してから友だちを呼んで食事会を
開いて、わいわいがやがやとしたいからです。
ただそれだけ。


今年は母のおせち積み立て金でのゴチ。
d0158582_2135273.jpg

春の富山出張で大友楼の1万円加賀野立弁当を食べるつもりでしたが、
血圧が200を越し、急遽断念。
ただただ無念。
11月になると母は伊勢丹・三越他のおせち料理のカタログを
拡大鏡を使って物色。
そこでソーニャはカタログにマジックで美味しいはずの料亭を
丸く囲って誘導。

そして大成功でございました。


d0158582_2137179.jpg

一の重
伊達巻き、進上、栗きんとん、紅白結び、ぶどう豆、昆布〆、
烏賊鳴門巻き、鮒甘露煮、小柱雲丹和え、梅餅、梅具数の子和え、
柿市松、蛸しぐれ、合鴨ロース、くるみかつお、姫百合根、
たたき牛蒡、お多福豆

二の重
いか松風、豚逢菜漬、海老旨煮、鶏柚庵焼、アスパラ、穴子八幡巻、
梅貝、百合根市松、鰆味味噌、矢生姜、笹麩、帆立味噌焼、
花サーモン錦糸卵、杉板奉書柿、くじゃく巻き、鱈子昆布巻き、
そら豆、(博多黄身寿司)梅羊羹松葉刺し、鰤なます、鮭小川、
菊花蕪酢漬、甘さぎ南蛮漬、手毬蓮根、龍皮巻き
吹き寄せ(小芋・梅人参・棒鱈・示路茸・手毬麩・ぎんなん)


d0158582_2137776.jpg

お雑煮はおせち料理に併せて金沢のお雑煮にしました。
本来は角餅だそうですが、Annepaさんちの丸餅で
焼かないで、お湯で煮て使い、花型の人参と大根、昆布、糸鰹です。




d0158582_22213311.jpg

年越しそばはにゅうめん
具はうなぎ・海老・春菊・葱


お正月に備えて28日から粗食に。
d0158582_22232340.jpg

鰯の蒲焼きと残り物を煮て白和え

d0158582_22245869.jpg

Mchappykunさんの柿と春菊のサラダとすいとん


d0158582_22254672.jpg

頂いたリンゴを煮て、冷蔵庫で冷やし、米粉パンにバターを
塗って冷やしたリンゴをたっぷりと乗せました。スープはタヌ子さんの
トルコ土産の横着スープの素で、トマト味にレンズ豆が入っていて
ミント味でした。そこにお歳暮で頂いた肩ロースのソフトハムを
ダイスカットにして入れました。母、スプーンが止まらず、
一気に完食してました。

d0158582_22273328.jpg

残り物のパブリカを入れた担々麺


昨年嬉しかったことは、リンクして頂いている半分近くの方々に会うことが
できたことです♡
今年も行動範囲を広げて襲撃させて頂きます。ぺこり


今年もソーニャの云いたい放題におつきあい下さいませ。
ではでは。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2014-01-01 00:00 | 行 事 | Trackback | Comments(44)

棚の裏から発見

この頃は私用でバタバタとしていて仕事での呑み会はありましたが、
プライベートな呑み・食事会をしていません。

今日はお天気がいいので、お布団を干したりとダラダラしていて
テレビの裏と棚の裏に墜落しているものがあるので掃除してみたところ
昔に習ったお料理教室等の写真のデータが出てきました。


2年前にどれだけ習ったのか聞かれたので数えたところ1000を越して
いたので、1200はあるはずです。でもデジカメが普及してから
なので、半分にも満たないし、出てきたデータはそれ以下かな。
少しずつアップします。
まずは上海の友だち宅にお邪魔した際、当時上海で高級とされた
お店で友だちの家族と母上の声楽のお弟子さん、弟さんとそのメイド
10人による宴会です。

d0158582_1573731.jpg

d0158582_1573562.jpg

d0158582_157335.jpg

d0158582_157289.jpg

d0158582_1585688.jpg

d0158582_1585454.jpg

d0158582_1585160.jpg

d0158582_1582081.jpg

d0158582_1581798.jpg

d0158582_1581283.jpg

d0158582_158792.jpg


随分と前なので質問にはお答えしかねます。へへっ

上海出身の彼女の弟さんが接待で使うお店だった
こともあり弟さんご自慢のレストランだったと思います。

回りのお客さん皆さんドレスアップされていていたので
ソーニャはきっとドレスコードギリギリで恥ずかしかった。
弟さんがお支払いしてくれたのですが、十何万円に尚驚き
中国をなめていたのかも。 外装が真っ白なシャトーで紫の
テーブルセンターに小物は金ですが、中国にしては上品でした。
当時の手帳にはきっと店名を書いたはずですが。。。ゴメンなさい。

あっ この時に小事件勃発。
残りわずかな高級食材何だったかしら? ワタシが手を伸ばすと
メイドがさらっていったんです。帰宅してから友だちが
スゴい剣幕で弟さんに「メイドのくせに遠慮を知らない」と。

4日お邪魔したのですが、朝は皆より遅く起床し、母上とテレビを
見ていると同じソファにすわってテーブルの上に置かれたお菓子を
ムシャムシャと食べていたら、友だちが怒りが達し弟さんと
喧嘩になったんです。弟さん曰く、頭が足りないので家のモノに
手をだすことはない。お料理も出来なくて、弟さんが早く帰宅して
夕飯を作っているそうです。そんなメイドさんの唯一のお仕事は
息子の学校に行き帰りと子供の相手。
友だちは呆れ返っていました。


ソーニャんちの卓袱台

d0158582_15345255.jpg

徳さんに教えて貰ったあん肝の時雨煮
あん肝を10分ほど茹でたところ、食べた時の硬さより柔らかいので
レシピより多めの10分にし、20分ほど煮ました。
よくよーく、考えたら徳さんとこは業務用のコンロだから火力が
全然違うんですよね。後日徳さんにご報告したところ、
本来は蒸すということでした。
手間が掛からないように教えてくれたんですね。
あにゃがとーう。ぺこり


d0158582_15345891.jpg

塩の華のemiさんの国籍がない献立
材料のココナッツミルク、レモングラス、エシャロット、こぶみかんの葉、
コリアンダー、ナンプラーと無いのは白身魚だけ。
レシピを見て味の想像がつきませんでしたが、ツボに入りました。
体裁上コリアンダーの量、写真を撮ってから2枝入れて食べました。
コリアンダーを上手に生かした名無しの権兵衛さん
emiさんごちそうさまでした。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2013-03-17 16:14 | 行 事 | Trackback | Comments(34)

母の実家へ

法事で母と一ノ関に。
最寄り駅で車椅子を借ります。でもその駅構内だけ。
電車に乗り込むと車椅子を押してくれた駅員さんが次の下車駅にソーニャ親子の
乗った車両を連絡してくだり、着くと車椅子の駅員さんが待っていると
いう具合です。←サービスなんです。

東京駅は往来が多く、ホームにも今は椅子がないので特に車椅子が必要と
なります。前回は地下通路を通ったのですが、地下通路は2本あり、1本は
天皇陛下が使われるものと従業員用? 社内販売のお姐さんらが使う通路です。
煉瓦のドーム状にガス灯のような灯りが灯っています。
テーブルと椅子があったらお食事できそう。
ここを通ったら写真を撮らせてもらいたいと思っていたのですが残念です。
今回は一般客と同じようにホームに上がりました。


長距離で新幹線に乗ると云えば駅弁でしょう。
d0158582_0113543.jpg

母は小さめをチョイス。成城石井のお弁当です。

d0158582_0125011.jpg

ソーニャはすき焼きトマト煮込み弁当
すき焼きをトマトで煮込むと美味しいですねぇ。

2時間半ほどで一ノ関に到着。
一番下の叔父がお迎えしてくれました。

d0158582_0152066.jpg

前回、ソーニャ酔っぱらい夜中にお手洗いに起きた時不覚にもトッポの
ゲージを破壊してしまいってので、トッポへの罪滅ぼしに犬用お菓子で
許してもらうという魂胆です。


d0158582_0216100.jpg

これが叔父が孫と呼ぶ、6月で4才になったトッポ♂です。

d0158582_0215232.jpg

四六時中、ソーニャの後を着いてまわり朝は顔をなめて起こして
くれます。犬って一日1食か2食と聞きますが、トッポは5回はたべてる
かも。叔父トッボに甘あまで標準体重より1キロ多く、胴体が
ボンレスハム状態。

d0158582_022348.jpg

夕飯
母のリクエストで気仙沼のさんま

d0158582_023045.jpg

朝食
胡瓜の芥子漬けと胡瓜の焼酎漬けが美味しい

d0158582_0234029.jpg

昼食
郭公団子は厳美渓の名物で醬油、餡子と真ん中は胡麻です。
幼少の頃から帰京する時のお土産と云ったらもうこれ一筋なんです。

d0158582_8501980.jpg

朝食
芋の子汁

一番下の叔父はソーニャと15才違いで、一番上の伯母の末っ子と1つ違い。
叔父とお嫁さんは小・中学校の同級生で性格も容姿もチャーミングなんです。
そんは伯母はこんな田舎料理でいいの?なんて云うけど、心が籠っていて
食べて心が和むんです。

d0158582_8505040.jpg

二日目は晴天でしたが、法事より稲刈りが優先で、一日空いたので、
叔父の運転で母とお花を大量仕入れと郭公団子を買いに厳美渓へ。
実は母の幼少からの友達から自分が行けないので代わりにお供えを2軒分
頼まれたからなんです。

2日目の夜は母の好物のお寿司でした。そして3泊目は母の実家にお泊り。
夕飯はまたお寿司と芋の子汁なので割愛。

今回はいとこが止む終えない理由で会えなくて中尊寺、
毛越寺に行けませんでした。次回はソーニャ優先でお願いします。

JRの職員さんに駅毎でお世話になり仕事といえどもみなさん笑顔で接して
くださったことには感謝感謝。



ソーニャんちの卓袱台

d0158582_17401192.jpg

衣笠丼
TVで見かけたものです。
京都の定番家庭料理で、油揚げと厚揚げ(栃木産でしたが)の中間を見つけ、
阿波ネギをザラメと醬油で煮、卵で閉じました。
油揚げがメインになるなんて思いもよりませんでした。
美味しかったです。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2012-09-30 17:43 | 行 事 | Trackback | Comments(38)

友だちの新居でクリスマス

お料理上手で、特にお菓子を作らせたらプロ顔負けのChicchiさんの
イルプル友だちのNちゃん。Nちゃんは春からユーラシア料理の仲間。
そのNちゃんちは築23年のお家をリフォーム。それも新築じゃないのって
ぐらいお見事、そのお家にお呼ばれでクリスマスパーチーをしてきました。
d0158582_2319563.jpg

d0158582_2321528.jpg

左側はアイランドで、コンセントの位置が・・聞くと下だとハンドミキサーを
コードが使いづらくなるから等々。
コンロはソーニャあこがれのピピットコンロ。

d0158582_23261054.jpg

奥には、作り付けの食器棚、彼女の芦屋の実家は、震災にあっていて
その時の経験を踏まえた作りになってました。
d0158582_23284512.jpg

彼女はお鍋マニアで、最後にたどり着いたお鍋でいろいろと手料理を
作ってくれ、ローストチキンもお鍋の底に野菜クズを敷き詰めてその上に
アミ?を乗せて作ってます。
d0158582_23324429.jpg

すでにテーブルセッティングはされてます。
このテーブルクロスは、母上のお下がりだそうです。彼女の父上は商社勤めで
子供の頃、アメリカ、インドネシア・・・当時としてはめずらしい帰国子女。
子供の頃は家にお客様を招いてのパーティーが頻繁で、お姉さんと着物を
着せられては接待のお手伝いをしていたそうです。
結婚後も6回の引っ越しをしていて、それがこのお宅のあちこちにアイディアと
して役立っているようです。
今はお嬢さんが使っている40年前のピアノもお部屋にあわせてリメイク、
食卓の椅子も皮を張り直しと
いいものを大切に使ってました。
そうそう、この日のレシビまで作ってくれていたんですよ。
なんて気の付く嫁なんじゃ。
d0158582_23404283.jpg

ソーニャのお土産は、一目惚れの
メルレ・ペルヴェー クレメント・ド・ボルドーロゼです。

企画の段階で、「日本酒持って行こうか?」
Nちゃん「日本酒ならお鍋にする?」
料理教室で和食の先生してるのに、お鍋だと損した気分と心の中でつぶやく。
Nちゃん「お鍋なら来ない?」
ソーニャ「そんなことないよー」
休み時間に銀座三越に行くと、お客さんまばらなのに誰も寄ってこない。
パッと見、これだぁと購入したんです。
Nちゃん美味しいって喜んでくれました。よかった♡

d0158582_2348724.jpg

お皿の上にグラスが伏せてありますが、中に煮豆の入った小皿があります。
d0158582_23531523.jpg

出来上がったローストチキンです。
d0158582_2353224.jpg

お赤飯
d0158582_23524631.jpg

変わりフライドポテト
餃子の皮の中にじゃがいもとホワイトポルチーニのペーストを入れて、
自慢のお鍋でちょっとの油で揚げてありました。
左側のピンク色のはじゃこ天の明太子バージョン。
手前は柿巻き?これがなかなか美味しかった。
d0158582_012046.jpg

チーズフォンジュ
d0158582_021912.jpg

Nちゃんの実家の母上が、ワタシたちの来ている時間に届く様お庭でできた
無農薬の金柑を送ってくれました。無農薬なのにキレイですよね。
d0158582_04890.jpg

Chicchiさんのお土産でアイスとシャーベットです。元住吉の線路沿いに
ある犬用のアイスもあるお店のものです。
d0158582_062321.jpg

Nちゃんちには農園別の紅茶がありました。そんなのが存在するなんて
知らなかったワ。

こちらのお宅は建築雑誌に出るそうです。
ソーニャがお嫁さん(また)に行くことがあったらNちゃんに相談に乗って
もおっと。その時は宜しくね。

Nちゃんステキなお家で美味しいお食事ごちそうさまぁー。
また呼んでね。ぺこり


クリスマス、、、ネタが来年に持ち越ししないように暫くは
ちょい早く更新する予定でつ。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-21 00:21 | 行 事 | Trackback(1) | Comments(38)

3年越しのお願いズコット

サロン友達のChicchiちゃんはパレンタインに素敵なチョコで母のハートを
わしづかみにした彼女。
彼女にズコットが食べたいと言い続け3年が経ちました。
この夏からChicchiちゃんと同じイルプルのお友達がお教室に入りにぎやか。
そのNちゃんの音頭でズコットとスペイン料理他の復習料理となったのです。
ソーニャが着くとすでにMちゃんも参戦していて、ソーニャはマントゥだけを
お手伝い。
Nちゃんは11時からお手伝いしてお嬢さんの個人面談で1時間でさよなら。。。

d0158582_22383176.jpg

小さなマントゥ
本来は大蒜入りヨーグルトでたべますが、ソーニャは肉団子のソースで
頂きました。


d0158582_22394039.jpg

タヌ子さんに頂いた赤泡
とっても呑み易くて美味しかったぁ〜。
Nちゃんがしきりと「ソーニャの食の拘り」を知ったと言うので
何だろうち思ったら、ソーニャがワインを持参してから冷やすより、
前日に良く冷やして呑みたいと、前日Chicchiさん宅最寄り駅でワ
インをパスしたことを言っていたのでした。
ソーニャは日本酒もキンキンに冷やしたのが好き、なので常温の赤は
あまり好きではないのです。


d0158582_2241752.jpg

マドリッド風肉団子&ライス


d0158582_22424852.jpg

アボガドのムース
プチトマトの中には大蒜、クミン、ワインビネガー


d0158582_22441742.jpg

サーモンと蟹のピンチョス
美味しくて4つも食べちゃいました。


d0158582_2245129.jpg

ヤリイカのグリーンサラダ


d0158582_22461537.jpg

Chicchiさんが前日に作っていた西瓜のゼリー


d0158582_22473097.jpg

一番の楽しみはすでに過ぎてしまったソーニャのお誕生日のズコット(坊さんの帽子)
アーモンド、ヘーゼルナッツ・・・クリームも生地にもリキュールたっぷりの
ソーニャ好みで初めておかわりしました。
Chicchiさんちはまだ2年の新しいおうち。コンロの回りには柵もないのに
壁がきれいなのが不思議で聞いてみるとキッチンは拭けばいいそうで、
お風呂場もシャワーで流すだけでいいということでした。
ソーニャんちは17年なのでキッチンもお風呂場もタイルでメジ掃除が
大変です。いいなぁ〜。

散々食べ終えてから気付いたのですが、ChicchiさんN ちゃんの通った
イルプルってフランス菓子とフランス料理を教えるところ、
ズコットイタリア菓子だったの。
ということはChicchiさんズコットの本を探し、ぶっつけ本番で作って
くれたんですって。。。すごっ(^_^;)


d0158582_23242523.jpg

ここんちの左がチッチで右がボンチどちらも女の子

目が治ったと23日ぶりの昨日コンタクトレンズ入れたらたまもや・・・
シニアの入ったコンタクトは受注生産iになるので¥10万します。
八重コンでも8万するし、眼鏡の度を強くするかコンタクトレンズを
作るか。。。悩む〜
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-07-15 00:02 | 行 事 | Trackback | Comments(24)

正月の過ごし方

あけましておめでとうございます

正月休みになるとお節料理を作りながら、日々の三食も作らなければ
ならないのが億劫です。まして母が食卓で待機しているのですから。
出来上がって並べている端から食べ始めています(笑)
なので大晦日の蛸めし、ローストビーフ、なます、・・・写真なし。
黒豆と栗きんとんは元旦前に母が完食。

昔からお節料理作っているのにも関わらず、デパートで料亭、
ホテルのお節を注文するのが恒例。美味しかったという感想を
聞いた試しがないのになんです。
喪中の去年は北海道の海の幸のお節料理で、今年からは二人だけだし、
沢山作って勿体ないと無理無理食べることになるので
経済的にも健康を考え、ベターホームの2人用を注文。
ベターホームは一汁三菜とパンを習いましたが、
お教室は札幌から福岡まであり、どこのひとが食べても丁度いい味付け
なのが不思議です。なのでハズレはないというのが決定した理由。
因にこれ1万円です。今までと比較すると、濃くなくやっぱり
万民の味付けになっています。5万円のお節料理より
よっぽど満足出来ます。
d0158582_1161283.jpg

d0158582_116021.jpg

d0158582_1154744.jpg

d0158582_1211648.jpg

恭子先生のところで習ったのっぺい汁の雑煮
d0158582_11837100.jpg

大好きな一の蔵のすず音、3年前のクリスマスで呑んでお気に入り、
恭子先生のお節料理の時に頂きした。


d0158582_1202817.jpg

蟹ちり
d0158582_1221663.jpg

富山から送られてきた満寿泉の限定、うさぎのデザイン見えますか?

この20数年、1/2は新宿伊勢丹のセールに行っています。
(夏のセールは半日休暇で参加)
セールに行くために旅行もパスにするぐらいの気合い入れようです。
いつものロングヘアーにスリムな日焼けした店員さんを見つけ、5分で決定。
余りの早さに、もっとゆっくりしていって下さいと言われしばし談笑。
d0158582_144357.jpg

d0158582_1441828.jpg

d0158582_144190.jpg

コートとカーディガンはグレーに見えますが黒です。
このコートは丈が膝下で、ワンピ、ジーンズにもOK。
仕事用とカジュアルと2着買わないとと思っていたのでお得な気分。
今年は¥41400の得でした。

PCに溜まった写真を整理しCDに、新しい服が増えると何かを捨てなくては
ならず、服の処分と年末にすべきことを三が日で対処するワタシです。

こんなワタシですが、今年もご贔屓にお願いします。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-01-03 02:15 | 行 事 | Trackback | Comments(24)