2017年 09月 07日 ( 1 )

心地よい美味しさにふたたび訪問

夏休みを終えて3日目に行ったお店です。
美味しかったということで2ヶ月後に再訪問となりました。
d0158582_23204431.jpg
枝豆のすり流し


d0158582_23205979.jpg
白イカ、いくら昆布


d0158582_23211473.jpg
縞鯵、大根の皮、九条ネギの白味噌和え


d0158582_23220634.jpg
伊佐木、鮪の刺身


d0158582_23222141.jpg
しゃもロール黄身酢和え


d0158582_23225662.jpg
鮑の醬油煮


d0158582_23233957.jpg
夏野菜


d0158582_23235789.jpg
いくらご飯

d0158582_23280898.jpg
無花果


どれも美味しかったのですが、縞鯵と大根の皮の酢みそ和えの大根の
コリコリ感がたまりません。
夏野菜はひとつずつそれぞれの長所を活かし、野菜の美味しさを
再認識させらけました。またも鮑が♡

こちらのお店はその日の仕入れで決めてるようです。
料理名がありましぇん。なので勝手に書いてます。

前回、ご主人がGWに家族でパリのアバートを一週間借りて
自炊した話をしてくれ、そのことでパリ滞在中に
どんな料理を作ったのか? と聞かれたので、
ご主人に問うとiPhoneの写真を見せながら説明してくれました。
鴨料理とインゲンのクタクタ煮やらとフランスの家庭料理でした。

d0158582_23285837.jpg
この本をご存知ですか?
7月なかばに初版、ひと月足らずで増刷り。
書店にも、出版社にも在庫なし状態。

中身はこんなん

 ――アデリーペンギンは、崖からなかまをつき落とす

 アデリーペンギンは、なかまを“いけにえ”にします
 かれらはむれで行動しますが、いっせいに海に飛びこむようなまねはしません。ペンギンたちはまず、おしくらまんじゅうをして、高さ2mの崖っぷちから1羽をつき落とします。すると、ほかのペンギンたちはいっせいに首を伸ばし、じーっと下の様子をうかがうのです。
 落ちた1羽が敵に襲われたりせず無事だったら、海の中は安全。残りのみんなは安心して海に飛びこめる、というわけです。

アデリーペンギンって、どんなペンギン?

 じつはちょっと腹黒いアデリーペンギンは、南極周辺の海辺に生息しています。極寒の南極大陸で子育てをする2種のペンギンのうちの1種です。


¥1080でほのぼのとした気持ちになれました。
ソーニャがウルトライジワルなのは生まれながらのモノだったのね。

[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-09-07 00:05 | Trackback | Comments(8)