2017年 08月 03日 ( 1 )

またまた鮑と岩牡蠣に赤貝

鮑おどりステーキの翌日にお邪魔しました。
大昔にお料理教室マニアの奥様らに連れて行かれました。
今回、茨城から参加する友だちが
遠路はるばる来るのに普通に美味しいでは申し訳ないので
じっくりと考えてこちらに。

d0158582_21561006.jpg
d0158582_21563403.jpg
かすの鯛の梅肉和え


d0158582_21565249.jpg
鯵、白イカ、赤貝、鮪


d0158582_21572002.jpg
兵庫の岩牡蠣


d0158582_21575299.jpg
夏野菜のサラダ仕立て


d0158582_21595834.jpg

d0158582_21594254.jpg
 蟹真丈


d0158582_21581949.jpg
蝦夷鮑の黒にんにくの裏ごし


d0158582_21584847.jpg
鮑の肝リゾット


d0158582_22004940.jpg
マンゴーのクリーム白ワイン

苗字の違う時期にこちらのお店から徒歩7分ぐらのところに住んでいました。
こちらのお店ができたと同時に引っ越ししました。
この沿線は人気で出勤するだけで疲れてしまったからです。
当時からあったら引っ越さなかったかも。

カウンターに3人並んで、おしゃべりしながらご主人の技を拝見。
友だちは料理研究家ということもあり、ご主人にいろいろと質問。
ご主人もいつもとは違う質問に気になってくれたようです。
なんとご主人から私たちの会話に参入。
私の友だちはスットボケたことを云うので、ご主人から
お客さんにこんなこと云ってはいけないけどと
「ばかやろー」を連呼。(爆)
ソーニャなんて彼女に会うと「首締めていい?」を何回口にしてるか!

ばかやろーを云わせた友だちは毎年1ヶ月パリでアバートを借りています。
でも去年はイタリアでした。そんな話にご主人も参加し
GWに家族で一週間パリでアバートを借りて
マルシェで仕入れて、ご主人自ら家族の食事を作っていたそうです。
和服に夏用ボルサリーノ?を被ってパリを闊歩してる
写真を見せてくれました。
ご主人の拘りオリープオイルも教えていただき充実。
後日知ったのですが、私たちのお邪魔した日は定休日でした。
道理で貸し切りだったわけだ。





[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-08-03 00:47 | Trackback | Comments(8)