2017年 04月 06日 ( 1 )

お気に入りの懐石で

アメリカはサンディエゴ在住のやせっぽちソプラノのキッチン2
Mchappykunさんが7年振りの帰国ということでランチデートして参りました。


プログでの行き来は5年になります。
プログでは烏賊、海老、貝の大好きなソーニャの胃袋を鷲掴みされ、
Mchappykunさんの影響でフルーツ、チーズ、ナッツを使うようになり、
ソーニャんちに於いては大革命でした。



d0158582_22524433.jpg

[先 付] 5つもあったんですよ

d0158582_23301760.jpg
ホタルイカの酢みそ和え


d0158582_23303517.jpg
花山葵・山芋・あられ


d0158582_23295563.jpg
わらび・蕗の煮物、胡麻豆腐、筍の木の芽和え(筍、貝柱、生麩)

d0158582_23323983.jpg
[八寸}
鯛の子、海老、葉牛蒡、あまご、さざえ、蕗、独活、エンドウ豆

d0158582_23330326.jpg
[椀] 蛤のしんじょ


d0158582_23332624.jpg
[お造り] 桜鱒、平貝、赤貝

d0158582_23341208.jpg
[合 肴] 蛸、菜の花、独活の皮の和え物


d0158582_23344533.jpg
{焼 物} あいなめ


d0158582_23351304.jpg
[強 肴] 牛肉と牛蒡の玉子とじ


d0158582_23355531.jpg
[お食事] 右上の小鉢は牛肉の時雨煮と独活の和え物


d0158582_23372159.jpg
[主菓子] ぜんざい


※料理の説明があったり無かったりでした。
お話しているので気を使ってくれたのかも。
懐石料理なのですが、順番がちとちがうような?!
なので緩い説明でスミマセン。

どれもこれも良い塩梅の味付けで、完食できるかな? なんて頭を
よぎりましょうが、スルッと胃袋に気持ち良く納まります。
満腹になってもあとで胃の調子が。。。と
いうことは一度もありません。

Mchappykunさんは人生の半分以上をロンドン、
アメリカの東、西で過ごされ、声楽を教えているので
いろんな経験もあり話題が尽きません。
ソーニャがMchappykunさんにカミングアウトしたのは
40を過ぎてから苦手だった水泳を克服したこと、
音痴をどうにかしたいということ。
音痴でも自分が外れていることが分かるのなら治せ、
今までに5人を治したそうです。
でもね2年かかるということでした。

友だち、職場のママさんからPTAの愚痴を散々聞かされています。
一度は必ず任されるのだから1年生でやってしまうのがいいみたいと
アドバイスしていましたが、Mchappykunさんから親が自分から
やりたいと挙手すると聞きました。
幼稚園の給食?で先生の手が足りないときは、父親が仕事の合間に
来て、ホットドッグとかを作っていたそうです。
日本の父親らに聞かせたいでね。

食事時間3時間はグッドでした。
そのあと、AKOMEYAと岩手、富山のアンテナショップを覗き、
カフェで1時間ほど喉を潤し、おしゃべり。
楽しい一日でした。
d0158582_09164939.jpg

チーズ、ドライクランベリー、ブラッドオレンジオリーブオイル、
ナッツ、10種類のクラッカーを頂きました。

Mchappykunさんありがとぉーございます。 ぺこり



[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-04-06 01:14 | Comments(16)