2017年 03月 20日 ( 1 )

心置きなく呑めます

各々とは随分とおつきあいが長い。
みなさん穏やかで、包容力もあって価値観も近い。
個々に会う度に、この人とこの人、あの人とは気が合いそう。
そんなことをずっと思っていました。
やっと調節が付き、溜池うさぎ家で実行に移しました。

d0158582_14194302.jpg
個室です。

d0158582_14201669.jpg
まずはヒレ酒をいただき、そのあとはつぎ酒です。
ヒレの香ばしい香りがたまりません。

d0158582_14205163.jpg
前菜はそら豆、焼き穴子、八重山かまぼこ


d0158582_14225515.jpg
天然鮪、宮古地蛸、勘八、ボタン海老

d0158582_14233101.jpg
鰆の西京焼、鴨のスモーク
d0158582_14240785.jpg
飛魚の天ぷらとえびせん

d0158582_14243432.jpg
春のサラダ


d0158582_14245541.jpg
HPで見たら外装からして沖縄料理のように見えたのでドキドキ。
豚、山羊、ソーキ蕎麦、カラフルなお魚。

何しろ顔合わせをしなくちゃということで好き嫌いは言ってられない。

でも行ってみたら大違い。
地域が限られておらず美味しかったです。





ソーニャんちの卓袱台

郷土汁は

d0158582_16051713.jpg
きのこ汁(長野)
具:えのき、しめじ、なめこ、エリンギ、椎茸、豆腐、大根、人参
しいたけ出汁、信州味噌



d0158582_16085452.jpg
海老の団子汁(和歌山)
具:むきえび、玉ねぎ、
昆布だし

d0158582_16092461.jpg
こづゆ(福島)
具:干し貝柱、里芋、人参、蓮根、椎茸、木耳、白滝
d0158582_18092309.jpg
こづゆを作るのに貝柱を買いに行くと、最寄り駅近辺にはありません。
仕方なく銀座の松屋へ。
松屋でもなし。
銀座三越にありました。
いつもの量を掴むと300gで¥7100でした。
それは元に戻して、100gを取るとそれでも¥2700です。
店員さんに前で高い!と言ってました。
店員さんは「北海道で帆立が不漁な上、崩れているのにこのお値段なんです」

80年代から干し貝柱は香港のお土産の定番で、わんこが中国出張と
なると必ずリクエストしていました。なのでお値段を存じまへんでした。




[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-03-20 20:30 | Comments(13)