2011年 12月 21日 ( 1 )

友だちの新居でクリスマス

お料理上手で、特にお菓子を作らせたらプロ顔負けのChicchiさんの
イルプル友だちのNちゃん。Nちゃんは春からユーラシア料理の仲間。
そのNちゃんちは築23年のお家をリフォーム。それも新築じゃないのって
ぐらいお見事、そのお家にお呼ばれでクリスマスパーチーをしてきました。
d0158582_2319563.jpg

d0158582_2321528.jpg

左側はアイランドで、コンセントの位置が・・聞くと下だとハンドミキサーを
コードが使いづらくなるから等々。
コンロはソーニャあこがれのピピットコンロ。

d0158582_23261054.jpg

奥には、作り付けの食器棚、彼女の芦屋の実家は、震災にあっていて
その時の経験を踏まえた作りになってました。
d0158582_23284512.jpg

彼女はお鍋マニアで、最後にたどり着いたお鍋でいろいろと手料理を
作ってくれ、ローストチキンもお鍋の底に野菜クズを敷き詰めてその上に
アミ?を乗せて作ってます。
d0158582_23324429.jpg

すでにテーブルセッティングはされてます。
このテーブルクロスは、母上のお下がりだそうです。彼女の父上は商社勤めで
子供の頃、アメリカ、インドネシア・・・当時としてはめずらしい帰国子女。
子供の頃は家にお客様を招いてのパーティーが頻繁で、お姉さんと着物を
着せられては接待のお手伝いをしていたそうです。
結婚後も6回の引っ越しをしていて、それがこのお宅のあちこちにアイディアと
して役立っているようです。
今はお嬢さんが使っている40年前のピアノもお部屋にあわせてリメイク、
食卓の椅子も皮を張り直しと
いいものを大切に使ってました。
そうそう、この日のレシビまで作ってくれていたんですよ。
なんて気の付く嫁なんじゃ。
d0158582_23404283.jpg

ソーニャのお土産は、一目惚れの
メルレ・ペルヴェー クレメント・ド・ボルドーロゼです。

企画の段階で、「日本酒持って行こうか?」
Nちゃん「日本酒ならお鍋にする?」
料理教室で和食の先生してるのに、お鍋だと損した気分と心の中でつぶやく。
Nちゃん「お鍋なら来ない?」
ソーニャ「そんなことないよー」
休み時間に銀座三越に行くと、お客さんまばらなのに誰も寄ってこない。
パッと見、これだぁと購入したんです。
Nちゃん美味しいって喜んでくれました。よかった♡

d0158582_2348724.jpg

お皿の上にグラスが伏せてありますが、中に煮豆の入った小皿があります。
d0158582_23531523.jpg

出来上がったローストチキンです。
d0158582_2353224.jpg

お赤飯
d0158582_23524631.jpg

変わりフライドポテト
餃子の皮の中にじゃがいもとホワイトポルチーニのペーストを入れて、
自慢のお鍋でちょっとの油で揚げてありました。
左側のピンク色のはじゃこ天の明太子バージョン。
手前は柿巻き?これがなかなか美味しかった。
d0158582_012046.jpg

チーズフォンジュ
d0158582_021912.jpg

Nちゃんの実家の母上が、ワタシたちの来ている時間に届く様お庭でできた
無農薬の金柑を送ってくれました。無農薬なのにキレイですよね。
d0158582_04890.jpg

Chicchiさんのお土産でアイスとシャーベットです。元住吉の線路沿いに
ある犬用のアイスもあるお店のものです。
d0158582_062321.jpg

Nちゃんちには農園別の紅茶がありました。そんなのが存在するなんて
知らなかったワ。

こちらのお宅は建築雑誌に出るそうです。
ソーニャがお嫁さん(また)に行くことがあったらNちゃんに相談に乗って
もおっと。その時は宜しくね。

Nちゃんステキなお家で美味しいお食事ごちそうさまぁー。
また呼んでね。ぺこり


クリスマス、、、ネタが来年に持ち越ししないように暫くは
ちょい早く更新する予定でつ。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-12-21 00:21 | 行 事 | Trackback(1) | Comments(38)