銀座でこの値段

こちらはあ寛銀座


d0158582_22511822.jpg
アスパラガス焼浸し


d0158582_22513521.jpg
春キャベツ、桜海老、釜揚げしらす


d0158582_22520740.jpg
縞鯵、いさき、鳥貝


d0158582_22523326.jpg
帆立の真丈


d0158582_22535518.jpg
筍土佐煮、蕗、そら豆


d0158582_22541257.jpg
エンドウ豆の土鍋ご飯


d0158582_22542633.jpg
友人の予算¥4500。
なので一休で¥4800で見つけました。
それもスパークリングワイン付き。
オーブンカウンターとソファが4つ?ゆったりとしていて居心地良し。

先付けは、あっこれ作れそうじゃんなんて思ったけど、
帆立の真丈の出汁はさすがプロと納得させられます。
アラカルト、アルールも充実して、大人な友だちとゆっくり語りながら
食事するのに適切なお店です。


この友人とは25年以来のおつきあい。
訳あって3年間音信不通にしていました。
一昨年春、義理父が亡くなって離婚を申し出、その秋に出会いがあって
この4月に再婚したそうです。

彼女んちは小学生の頃に父親を亡くし、5年ぐらい前に母親も、
そして2年前に兄上も亡くなりました。

未亡人だった兄嫁もなんと高校の同級生と再婚し子供達とも
上手く行っていると聞き安心しました。
彼女の母上から何度か電話で相談を受けていたし、お兄さん夫婦、
そして妹さんと面識があったので尚更です。



去年の春から武則天を見て、ほぼ引きこもりになりました。
史実に基づいた歴史ドラマだけど。

たまに見かけていた第●●巻●●号、全く気にせずにいましたが、
海苔巻きの簀巻きのようなモノをクルクルと巻きながら読んで
いる姿に思わず、これが巻なんだとひとり納得。

また畳は日本のオリジナルだと疑ったことがなかったけど、
随の時代に畳みがあるじゃないの。随は日本の飛鳥時代でしょ。
その頃の日本て板の間だったような?

車輪の発明ってスゴいって思うけど、誰が作ったのかも
知らないけど、どこの国なのかも知らない。
でも、中国の四大発明品は羅針盤、火薬、紙、印刷は
知ってるのよねー。唐の時代にはすでに花火が打ち上げ
られていたし、改めてスゴい国だったのね。

中国歴史ドラマの利点はなんと云っても登場人物が
多いからボケ封じにもってこいかも。





[PR]
by petapeta_adeliae | 2017-06-06 01:06 | Comments(10)
Commented by genova1991 at 2017-06-06 13:33
落ち着いてお話が出来て、美味しくて予算に合うお店が
すぐに見つかるソーニャさんは、すごいな~!と、感心しています。
お友達の悩みも解決して、久しぶりの会食でおしゃべりもはずんだことでしょうね。
人生色々苦あれば楽あり(水戸黄門)気の合う友人がいる幸せですね~(^^♪
Commented by Mchappykun2 at 2017-06-07 01:41
真丈をこのように滑らかに仕上げるのはプロの腕だと思います。
なかなか良いお店ですね。
ソーニャさんは歴史に詳しいんですね。中国史の読み物は名前が覚えづらいのが欠点です。それで、いつも漢字読みしてしまうのです。
お友達の半生、波乱万丈でしたね。でもハッピーエンドでよかったです。
Commented by tokunosuke23 at 2017-06-07 07:19
いろんな人のいろんな人生、僕が知らないだけなんですね。
Commented by タヌ子 at 2017-06-09 07:31 x
私も以前友人が一休で予約してくれた銀座(京橋)のお店に行ったことがあるけれど、探してみると5000円以内で食べられるお店も結構あるんですよね。
和食は出汁で決まりですよね。
以前近所に凄く出汁の美味しいお店があったのに、場所が悪すぎて閉店してしまったのが残念。
中国って靴を脱ぐ文化じゃないのに畳があったって不思議。
Commented by b_macd at 2017-06-10 23:08
身体に優しそうな和食、美味しそうです♪
疲れ気味で、お腹がすいてる今、目の毒ですわ。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-06-11 11:10
白玉団子さん
ここの常連さん、定年ぐらいの方々が多く、雰囲気を
大切にしていました。
彼女の結婚期間は11年、会う度に自分から嫁ぎ先の愚痴を
語り、その場で具合が悪くなり倒れるので困り果てました。
彼女の結婚期間は人生苦だけで好いことがなかったから
これからは平安な日々だと思います。
人の幸せは同じだと言いますものね。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-06-11 11:41
Mchappykunさん
暖簾わけを許されるほどの技量が備わっている、
板前、シェフが少ないと思います。
お出汁は基本の基本です。
家庭料理ならいいけど、これでお金とるの? と喉まで
出てきます。
土鍋で作っても程よい加減てありますよね。
エンドウ豆のご飯も熟れてて美味しかったです。
Commented by petapeta_adeliae at 2017-06-11 11:44
徳さん
徳さんは世間知らずのおぼっちゃまだものね ^^
苦労なんてできるだけしないにつきます。
ソーニャが求めるのは安定です。へへっ

Commented by petapeta_adeliae at 2017-06-11 12:23
タヌ子さん
名古屋のお店は3回転居してて、その度に通いづらく
なってるにも関わらず、お客さんが通ってくるそうです。
Yさんもだけど。
週一以上通ったお店のオーナーは当時で50〜90才だったので
そろそろ全滅になりそうです。

畳が出てくるのは後宮〜将軍クラスでした。
皇后、側室は外ではポックリ靴ですが、畳の部屋では
履いていません。たたきがあるのかしら?
これからの課題だわ。


Commented by petapeta_adeliae at 2017-06-11 12:35
あむさん
すでに真夜中なのに夕食はまだでしたか?
あむさんちは昼夜逆転に近いですよね。
でも身体も慣れてしまってるかな?

かしこまっていない和食は気持ちも緩んできます。
最近は缶サワー一本で酔っぱらえます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ラロシェルにホームステイ 出稼ぎ本番 >>