GWに作ったモノ

先月の精進料理は
d0158582_0203597.jpg

              筍煮
ゴーヤーの味噌炒め       わらびと油揚煮
     コンニャクと実山椒のマリネ      
   菜飯      ジャガイモとインゲンの味噌汁

またまた汁モノをスッカリ忘れて、慌ててつくったお味噌汁。
精進料理を食べるとお腹の中が30分足らずでリセットされるのは
なんでだろう?

d0158582_229154.jpg

卯の花
この一週間前に母から卯の花が食べたいと云われ、
出したところ「違う」と思いっきり否定を
受けました。
「こんなに水分のあるのはないでしょ?」

ここで、ふと気がつきました。
きゃぁ〜
卯の花を食べたことがないワ。
ということで、再度作ってみた卯の花。

この器、昭和チックだと思いませんか?
フェィシャルに行ったら時間が30分もあり、初めて裏に行くと
和食器のお店がありました。そこで見つけて、お爺さんに交渉して
3割りまけてもらいました。



d0158582_2434085.jpg

鯛のトマトソースかけ
やせっぽちソプラノのキッチンのMchappykunさんの
カラマリ・ナポリタンスタイルトマトソースを多めに作って
ストックしていたトマトソースで、鯛のソテーにかけてみました。
もちろん美味しかった。

Mchappykunさんいつも美味しいレシピありがとうございます。ぺこり


d0158582_2435981.jpg

そら豆のスープ
本来は筍が入るのですが、買い忘れてて寂しいのでハムを入れました。
ベースは中華スープです。


d0158582_2444871.jpg

母からの注文です。
3足¥1000のソックスはどこにでもありますが、なんか安っぽ過ぎて、
可愛くないんですよね。母の踵はザラザラしているので薄いとすぐダメに
なるからできれば厚手がいいらしい。
今回はたい焼きと"頑張れ"と書かれた靴下です。
母の要望のモノは9月に入荷するとの情報がありました。^^



d0158582_24422100.jpg

中学生の頃に食べてたケーキ屋さんのサバラン。
今までの中で好みに合っています。
リキュールをケチってモノが何しろ多い中、優等生です。

ソーニャのお菓子担当のChicchiさんとさきほどお電話し、
 「パリブレストが食べたいと思って、考えたんだけど、パリブレストって
販売されているのを見た事がないんだけど」

彼女「そう云えば見たことないかも」

ということで、Chicchiさんに婉曲にリクエストしてみた。 デヘっ 


d0158582_363098.jpg

ADONTSのトラディショナルセット¥1150
赤ワインで煮た牛肉のラップサンドとホムス。
ドリンクがファミレスのドリンク飲み放題の機械でセブンアップ、ジンジャエール・・・と
あの手のモノはちょっと苦手でパス。

1月に眼科の帰りにお腹が空いたので、駅周辺を歩いててたまたま明治大学の
駿河台キャンパスの前に出来て1週間ぐらいのADONYSを発見。
その時はファラフェルセットを注文。
半年足らずでメニューが増えて、イブニングプレートも試してみたい気が
するけど、良いお値段ですよね。ホムスの量を減らしてもうちとちゃんと
した飲み物を提供してくれれば嬉しいんだけど。


d0158582_373510.jpg

交通会館地下のキッチン大正軒
新しいメニューで煮込みハンバーグとヒレカツで↑の
ADONYSと同じ金額って、引っかかるのはソーニャだけ?
[PR]
by petapeta_adeliae | 2016-05-15 04:18 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://ramundsen.exblog.jp/tb/23144798
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Mchappykun2 at 2016-05-15 07:50
またまたリンクをして下さって、ありがとうございます。
東京にも地中海料理のお店が増えているのですか?私は本当に浦島になってしまったようです。東京って今や何でもあるのでしょうね。
Commented by tanukidaponta at 2016-05-15 09:01
巻き巻きパンとフムスで1150円は、確かに高いと思うポン
狸田、最近は自分で作るようにしているポン
Commented by genova1991 at 2016-05-15 10:13
いつも美味しそうなものばかりで、目が「腹減った~~」と言っておりますw
ソーニャさんの卯の花はおからが控えめですね。
具沢山の豪華版!!(普通はケチケチ料理だから、おからがどっさりww)で、美味しそうです。
お母さまもお喜びになったことでしょう。
パリブレストはビアードパパで出しているようですが、
一人用だと小さいですね。ただのリングシューみたいです。
リングシューでよければ、アマンドので充分だもの。
やはりお手製のパリブレストに期待が高まりますね!!ワクワク
Commented by bossba at 2016-05-15 14:01
>昭和チックだと思いませんか?
お料理がよう映ると思うわぁ
Commented by tuguki1964 at 2016-05-16 13:30
見るたびに思う...。
その靴下、絶対うちの母も大喜びに違いない!
こそっと、どこで買ってるか教えて~~!
Commented by akdeniz_tk at 2016-05-17 12:24
フムス。意外とアンタルヤではみかけない(地域が違う)お料理で、
久しく口にしていないので、写真を見たら無性に食べたくなっちゃいました。
日本だと、結構良いお値段なのですね。。。
Commented by tokunosuke23 at 2016-05-17 17:43
最後の写真のヒレカツもおいしそうですが、個人的には、脂身たっぷりのロースかつが好きです。
Commented by fleur de sel at 2016-05-19 04:30 x
ホモスは安くできるしオリーブオイルも沢山入ることが多くおなかが膨れてしまうからあまり高価な値段では一寸ですよね。私も下のハンバークとひれかつのほうが良いです。
まだこんにゃくの素が残っているので明日にでも作りたいです。急に食べたくなりました。パリブレスト主人が食べたいと言い一回作ったのですがこれバタークリームが沢山入るので健康に良くないわよと思いながら失敗した経験があります。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 01:07
Mchappykunさん
ヨーロッパ、北欧なんて当たり前で、マグレブ3国、中近東、
アフリカ、ブータン、ネパールと無い国が無いのでは
ぐらいです。
そうそう20年前にハイチ料理にも行ってました。
ウィグル(中国)もあります。これは結構好みです。
でもフィリピンとモンゴルはパスです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 01:17
ポン太所長
お得感のあるランチプレートが無いのが不思議ポン。
商売っけがないというか??
一人分作るの・・・面倒ポン。
次回はM実ちゃんとディナープレート食べてくるポン!
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 02:56
白玉団子さん
あれやこれやと入れたらグが多くなってしまいました。

ビアートパパ見てきました。
一番近くて新橋の場外払戻所でした。
今はあるのかな? 赤ちゃんのドーナツ枕ぐらいの
サイズを想像していました。
彼女はフランス菓子を得意といるのに、以前ズコットを
注文し、当日にイタリアだと知りましたが、一発成功でした。
それも素晴らしい味でした。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 03:07
bossbaさん
同じ値段でもうひとつのと悩みました。
ビッグサイトの様な形で中ぐらいからねじれているモノでした。
ちと大き過ぎでしたが。
次回のエステの時に迷わず寄ってしまいそうです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 03:09
tuguしゃん
うちの近くでないので、今度行った時に靴下の製造先を
見てきますね。公式HPでお取り寄せできそう。
分かり次第お知らせしますね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 03:18
アクデニズ。さん
中近東料理のお店が多くなりましたが、ここはファーストフードの
割りには高いです。
トルコは中東、中近東にも含まれるけど、
食べ物は独立しているような感じです。
来月、友だちとディナープレートを食べてきますね。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 03:23
徳さん
ロースかつでもお店によっては脂身の多すぎのところも
あるので、無難にヒレカツ注文してしまいます。
ステーキもサーロインよりヒレが好きです。
老舗グリル梵の"へれかつ"っていう言い方がなんか好きです。
Commented by petapeta_adeliae at 2016-05-21 03:32
Emiさん
蒟蒻は蒟蒻をフライパンに油を敷いて、みりんと薄口醬油で
炒めて、バルサミコ酢・赤ワイン・薄口醬油・
オリーブオイルでマリネしています。

Chicchiさん2層のクリームって云ってましたが、
バタークリームだったのかしら?
彼女はフランス菓子で有名な弓田亨さんのところの生徒さんで
弓田さんが優秀な生徒だと云うぐらいの腕前です。
毎年バレンタインのチョコを作ってくれてます。
ズコットもとっても美味しかったので期待大です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< いただきお野菜で 云いたい放題の講演 >>