新年会?お誕生日会?

いつもの呑み仲間二人のお誕生日が1/29と30日。
彼女がたいめいけんに行ったことがないということもあり、
いざたいめいけんへ。

先輩が予約していないので、大丈夫かなぁーと心配していたら
なんと、2Fでなく1Fだった。。。ガッカリ
その理由は、2Fはコースで、1Fは食堂なんです! 
ランチで何回も行ってるのに。
d0158582_1892615.jpg

ボルシチとコールスローサラダはずっ〜〜と¥50のまま。
ちょっと行かないあいだに値段そのままで量が減ってる。
前のコールスローのお皿は、このスープ皿の下の受けお皿に
こんもりと乗っていたワ。
そして、前のボルシチのお皿は普通のサイズのスープ皿でした。
日本酒の隣りはロックグラスではなく、ぐい呑みです。
味だけは昔のまんまでした(笑)

d0158582_18102749.jpg

凧(蛸)揚げ


d0158582_18112448.jpg

グリーンアスパラとポテトのガーリック炒め


d0158582_18132818.jpg

生ハムとモッツァレラチーズ
幼稚園並み食欲の先輩ときたら、↑これが〆なんて・・・ブツブツ


d0158582_1814914.jpg

メドックの赤

d0158582_18152412.jpg

ワタシのハンバーグステーキ

d0158582_1815380.jpg

優しい後輩はブログ用にと王道のオムライスを注文
なんて優しい後輩なんだろう。餌付けが功を成したのか??

今朝、この話を上司に話したところ、次回ご褒美にコースか小皿料理を
食べられそうです。ムフフ

☆☆☆☆ ここからはじぶん料理 ☆☆☆☆

d0158582_18253225.jpg

白菜の仏手煮
横着してレンジで下ごしらえしたところ、不味そうなので
餡がまだ半分あるので作り直ししました。
ー材料ー
白菜、豚挽肉、生姜、干し椎茸
ー作り方ー
1.白菜を茹でて、1/3の葉の部分は切り落とし、葉に包丁で切れ目を4本入れる。
2.豚挽肉に塩・胡椒、生姜と椎茸のみじん切りを入れて粘りが出るまで揉む。
3.適量の挽肉を切れ目を入れた白菜に包む。切れ目は手になるにうに
 ちょっと平になる様に抑えてる。
4.包んだ白菜を鍋に並べて、ガラスープ、塩・胡椒で調味して味が整ったら
 片栗粉でとろみを付ける。
 ★ガラスープでなくてもウエイパー、味王でもOK
d0158582_18254696.jpg

余った葉の活用
ー作り方ー
1.白菜は好きなサイズに切り、塩で揉む
2.フライパンにサラダ油を熱して、ちりめんじゃこをカリカリに炒める。
3.醤油ベースのドレッシングを作る(サラダオイル、醤油、酢、砂糖、塩)
4.よく絞った白菜にカリカリのじゃこを和えて、ドレッシングをかける。
[PR]
by petapeta_adeliae | 2011-02-03 19:06 | 馴染み | Trackback(1) | Comments(32)
トラックバックURL : http://ramundsen.exblog.jp/tb/12810272
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ポンポコ研究所 at 2011-02-07 23:10
タイトル : JAL機内食(たいめいけん キーマカレー)
昨日、petapeta_adeliaeのところで、以下のようなコメントがあったポン Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-06 22:07 tanukidapontaさん たいめいけんとのコラボ機内食見た〜いポン。 是非是非リクエストだポン! 毎日アップされてもしっかりコメントするから宜しくポ〜ン。 ということで、たいめいけんとJALのコラボ機内食を紹介するポン~ 2009年8月31日付けJALのおしらせは、こちらポン ...... more
Commented by ぐるま~ぐっさん at 2011-02-03 21:28 x
オイラもたいめいけん行ったコトないですがオムライス旨そう。。
”(*>ω<)o"クーーッ喰いたい!!
Commented by nokko2010 at 2011-02-03 22:34
アデリーさん、こんばんわ☆
私もまだたいめいけんさん、行ったことないです~。
ハンバーグ、目玉焼きがいいかんじで美味しそう^^
何気に、デミ玉ハンバーグが一番好きだったりして(笑)。
おつまみも美味しそうですね♪ 先輩確かに小食ですね^^

>そうそう!イチオシリンクの件、ありがとうございました。
修正しておきましたのでよかったら♪
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-03 22:56
ぐるま~ぐっさん
伊丹十三のたんぽぽオムライスが有名ですが、彼女は基本から
入ると言って一番シンプルなオムライスにしたのです。
オムライスだけで5種あります。ワタシが好きなのは
牛肉のオムライス-ガーリック風味です。日本酒で頂くワタシ。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-03 23:02
nokko2010さん
先輩ときたら、¥50のボルシチおかわりしてるんだもの。
大好きだったステーキ丼は2Fに行ってしまって1Fにないの。
メニューを引っ越しさせないで欲しいワ。
popooくんも絶対好きだろうし、1Fはお財布に優しいから
まずは1Fから攻めて下さい。
では見に行きますねぇ。
Commented by nobukoueda at 2011-02-03 23:50
本当にどれもおいしそうなものばかり・・・
白菜のお料理は私にもできそうでやってみようとおもいましたよ。
明日又、我が家で女子会なので作りたいけど、初めてではうまくいかないかもだから・・まずはうちごはんでやってみようかしら
Commented by miriyun at 2011-02-04 02:42
タコ揚げ、生ハムとモッツァレラチーズ、ハンバーグのソースもいい色をして、とてもおいしそうなことが伝わってきます。
 ここの所マンネリになってきているので、アデリーさんのところの画像はとておも刺激になります
Commented by jolipapa at 2011-02-04 13:45 x
オムライスを日本酒で、日本酒がお好きがわかります。
葉利用のお皿、葉を塩もみする、醤油ベースのドレッシングとともに参考になります。
Commented by fleur de sel at 2011-02-04 17:06 x
たいめいけんの記事有難う。ハンバークのソース 私の本に書いてあるのではなくドミグラソースですね。この色は懐かしい洋食屋の色と思います。蛸上げ。凧上げとは名前が洒落ている。フリッターかな。オムライスは娘達が一番にあげる子供時代の味未だに好き。
白菜の御料理のレシピ有難うございます。白菜の芯の部分は甘くて美味しいし白く仕上がり上品。とろみも。雑魚はないけれど応用して二品とも近いうちに作ります。
Commented by マーキー at 2011-02-04 17:45 x
理想形のハンバーグ、オムライスにうっとりです。中々、自分ではできそうでできないです。
赤ワイン、「ボケ防止に」と書いてある店があって、挑戦しようかと思うのですが、写真のはお味、初心者でもいけそうかしら?
Commented by ☆青☆ at 2011-02-04 18:51 x
私の友達も29日がお誕生日で、派手に宴会をしましたよ!
こんなおしゃれじゃなく、パーティーとも言えない、ただの宴会でしたが・・・。
ソーニャさんの周りには、意外と少食の方が多いのですね、酒のみだから!?
たいめいけん、いいですねぇ~、この頃、おいしいオムライスを食べてない…。

白菜料理が早速にアップされてますね!
仏手煮という言い方、初めて知りました。
ジャコのカリカリも簡単でいいですね。
Commented by 純米狂@takezo at 2011-02-04 20:04 x
「たいめいけん」さんって名前だけみると中華かな・・・?
と思いましたけど洋食屋さんなんですかね。
「ハンバーグ」の上に目玉焼き乗せたの かなり美味しそうです♪
そして日本酒はオッ!!広島「賀茂鶴」なんですね~♪
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 14:29
nobukouedaさん
白菜の仏手煮、本当は"蒸し"なんです。二十歳頃に覚えたものです。
シンプルな味付けなので、普段は牡蛎ソースにしています。
不思議なもので、昔は上手にできたのに、今は・・・なんてありまます。自転車のように一度乗れればは通用しないですね。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 14:40
miriyunさん
たいめいけんのHPに看板料理のレシピが写真付きであります。
ワタシにオムライスを作って欲しいという若者がいて、
出来上がって言った言葉が「これはオムライスではなく、
玉子シートかけご飯」ムッとし「あなたの言っているオムライス
ってどんななの?」答えはたんぽぽオムライスだったのです。
「ワタシの知っているデパ食堂、洋食屋のオムライスは玉子シート
かけご飯しかありませんでした」と答えました。
テレビの影響ってスゴイですよね。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 14:46
jolipapaさん
ビールはお手洗いが近くなるし、ワイン特に赤は頭痛がするしで
スパークリングワイン、白ワイン、そば焼酎はそこそこに
でも一番身体に合っているのが日本酒の様です。
友達から簡単な料理を教えてと言われるので、小出ししていく
予定です。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 14:53
fleur de selさん
今は3代目でお父上に似てサーファー?と思うほどのこんがり肌のご子息です。
凧博物館までしているほどの凧好きだから、蛸も凧にかけてあるんですね。

行く度にステーキ丼を注文するほどのファンだったので、2Fでないと
食べられなくなって足が遠ざかってしまっていました。
幼稚園児並みの食欲の先輩があと1年でリタイヤするので
今年は洋食屋さん巡りします。恵美さんのとって懐かしいお店が
出てくると思います。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 15:24
マーキーさん
たいめいけんのHPに写真付きレシビがあるので試してみて下さい。
バリエーションがあるし、男性は好きだからラクチンです。

ワインは赤でも白でもいいのかしら?
呑み易かったのは一時話題になったスパークリングり
ロジャーグラート カヴァ ロゼ・ブリュット
修了したスペイン料理の先生の単発に近々参加する予定なので、
聞いておきますね。
ここで出されたワインは美味しくて呑み易いものが多かったんです。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 15:36
☆青☆さん
少食なのはこの先輩だけです。ふと思ったんですげど、後輩って
書いておいて、何人いるんだ・・・っていうか殆どが
後輩だったことに気づきました。
呑みの後輩と後ろの席の後輩が主な登場人物です。へへっ

白菜はホントは白菜の仏手蒸しだったんですけど、
蒸すより煮た方が色艶がきれいなので煮る様になりました。
キムチレシビ書いてないし、手間がかかるからパスして
キムチを使う料理にします。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 15:43
純米狂@takezoさん
レーズンバターで有名な洋菓子店は小川軒だし、けん(軒)というと
中華ほイメージして素直だと思います。伊丹十三の映画で「たんぽぽ」
ありましたよね。たんぽぽオムライスはここのものなんですよ。
チキンライスの上にオムレツが乗っていて、そのオムレツを崩すと
とろとろの卵が流れて、その上にデミグラスソースがかかったもの
です。たいめいけんで2時間も居ると5つは横切って行きます。
注文しているのはほぽ男性です。takezoさんきっと好きですよ。
大切なこと、日本酒はあと冷酒トミオーと清酒しかないれどね。
Commented by タヌ子 at 2011-02-05 23:13 x
私もたいめいけん、行ったことないです。
サラダとスープ、量が減ったとしても50円って安すぎ。
生ハムまででお腹がいっぱいになっちゃう人って尊敬します(笑)
ハンバーグもオムライスもどちらも美味しそう。
日本の洋食ここにあり!って感じですね。
でも、どちらか選べって言われたらやっぱりオムライスかな。
白菜の仏手煮、さっぱりしてて美味しそう。
ちりめんじゃこは買ったのに、スーツケースがいっぱいで持ち帰れなかったのが心残り。
次回は絶対持って帰ります!
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-05 23:53
タヌ子さん
お帰りなさい。それとも旅行の途中かな?
タヌ子さんがたいめいけん未踏とは以外でした。
ソーニャのオススメは牛肉オムライスガーリック風味。
あと、2Fのメニューになってしまったけど、ステーキ丼!!
ちりめんじゃこ連れていけなかったのね。
玉葱のカリカリでも美味しいんじゃないかな?!←強引かな

Commented by tanukidaponta at 2011-02-06 09:15
仏手煮は、「ぶってね!」、じゃない、「ぶってに!!」と読むポン??
確かに見た感じ、仏手柑っぽいポン~~
             ↑そっちかい!

狸田も、たいめいけんには行ったことないポン

たいめいけんとのコラボで作られた機内食は、機内食らしく、とってもまずかったポン...
うぅぅ...

たいめいけんの2階のコース、おすすめでも5500円ポン?
飲み物入れると、軽く15000円に...
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-06 13:14
tanukidapontaさん
「ぶつしゅに」と読みます。コラボの機内食があったんですか?
所長んち読み尽くしたはずなのに・・・アップしてますか?
一度出来上がったものを温めなおすとやっぱり味が落ちるのは
しょうがないけど、不味いというのは・・・不味く作るのって
それはそれで難しいかも!?

9つの小皿とふかひれラーメンが付いていたので、食べたのは¥9500の
ようです。ワタシはお酒を呑むので小皿の肴が丁度いいのです。
お酒優先なら小皿料理、〆にステーキ丼いって下さい。
ステーキ丼1Fの時¥2400ぐらいだったのが2Fに行ったら¥3000に
なってることに今気づきました。
昭和の洋食が味わえますよ。おしかちゃんも連れてってあげてね。
Commented by nokko2010 at 2011-02-06 19:40
アデリーさん、こんばんわ☆
たいめいけん、いつか行ってみますね♪
洋食は2人ともだ~い好きですので^^

>そうなんですよね。恵方巻き、いつの間にか全国区!
最初は「なにソレ?」と思っていましたが、
美味しいので^^ 来年はもっとキレイにできるといいな♪
Commented by tanukidaponta at 2011-02-06 21:25
>「ぶつしゅに」と読みます。

仏手柑と同じポン~(笑)

>所長んち読み尽くしたはずなのに・・・アップしてますか?

してないポン~

アップしてないネタ、大量にあるポン...
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-06 22:01
nokko2010さん
中国人から遠足のお弁当にのり巻きをリクエストされたけど
作れないと言われて、ワタシが作ったことがあります。
その時に折角だから飾り巻き寿司を作ろうと本を買い
作ったけど、5回ぐらい試作しないと作れません。
作るのはいいけど、食べないといけないのが辛かったぁ。
nokkoちゃん食のブロガーとして巻物も制覇!!
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-06 22:07
tanukidapontaさん
たいめいけんとのコラボ機内食見た〜いポン。
是非是非リクエストだポン!
毎日アップされてもしっかりコメントするから宜しくポ〜ン。
Commented by tanukidaponta at 2011-02-07 23:11
ということで、早速アップしたポン
TBもさせてもらったポン~
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-08 00:07
tanukidapontaさん
わぁ〜い
今すぐに行きます。
Commented by 越後屋 at 2011-02-24 17:24 x
たいめいけん久しく行っていないな〜。洋食屋らしいハンバーグやっぱり王道ですね。
私はタンポポオムライスも好きですが、薄焼き卵で巻いた物の方が胃の調子に関わらず頂けるのでより好きかも。
たいめいけんのコラボ機内食、私はましな方かな〜と思っていたけれどやっぱり味覚があまあまなのですね(苦笑)
私が食べたときは想像していたよりずっとスパイシーでした。
まあモスクワ→成田行の食事がまずいJAL成田→モスクワ線で食べると美味しく感じるのかも。
それにしても先輩小食すぎ?〆早いですね(笑)
今回は我が家の食べたい物はほとんど食べられずやや消化不良。次回は少しでも食べたいもの食べて村へ戻りたいです。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-02-24 22:25
越後屋さん
越後屋さんの帰国の胃袋は洋食が多いですよね。
でも芸術家親子が一緒だとやっばり和食を食べさせて
揚げたいと思うと不完全燃焼でしょうね。

この先輩は冷やしトマトをよく注文するのです。
その度に「冷やしトマトなんて家で食べればいいじゃない
100円しないものを400円出すの勿体ない」と文句をいうソーニャです。
Commented by 越後屋 at 2011-03-04 00:59 x
帰国時は洋食と和食実は半半ぐらいですが、和食のお店であまり写真撮らないので洋食メインに写っているのかも。
いやー芸術家さんと一緒だったときはとにかくフォークやスプーンナイフが確実に用意出来るところで椅子席で、かつ彼らが食べる事が出来そうな物という前提で選ぶので我が家が食べたい物とはちょっとずれるのですよね。

あはは、冷やしトマト確かに値段を考えるとなんですが、きっと保険みたいな物かも。私は宴席で生野菜が近くに無いと不安です。
Commented by petapeta_adeliae at 2011-03-04 22:51
越後屋さん
気を使い過ぎてしまったのではないかな?
でも折角日本に来たのだから<
異文化を体験してもらうというのもありでは。
洋食でもお箸、和食でもフォーク、スプーンを用意してる
ところありますよ。
立食パーティーに行くと、これでもかってぐらいのごちそうが
でますが、なぜか野菜で下地を作ってからお肉、お魚に
ススムんですよね。だからその気持ち分かりますよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ちゃんと作ってますよ サロン・ジュ・ショコラ >>